埼玉高速鉄道

Nov 1, 2019.

埼玉高速鉄道は赤羽岩淵(あかばねいわぶち:東京都北区)から浦和美園(うらわみその:埼玉県さいたま市緑区)間に路線を有する第3セクターの鉄道です。筆頭株主は発行済み株式の内の49.30%を有する埼玉県、第2位が20.28%を有する埼玉県川口市、第3位が15.60%を有する東京メトロ、第4位が7.00%を有する埼玉県さいたま市、第5位が0.99%を有する埼玉りそな銀行です。3自治体だけで2/3を軽く凌駕しますから、実態としては県営鉄道のような存在です。

大雑把に路線は国道122号線(北本通・岩槻街道)に並行しています。終点の浦和美園駅は他路線との接続が無いので盲腸線状態ですが、将来的には嘗ての武州鉄道の路線をなぞるような岩槻、蓮田への路線延長計画もあるようです。

相変わらずの蛇足ですが、上述の「北本通」は「きた・ほんどおり」と読み、「きたもと・どおり」ではありません。序でに書くと、結構近い場所までは接近するのですが、埼玉県北本市内には北本通は通っていません。岩槻(いわつき:埼玉県さいたま市岩槻区)は東武野田線との接続駅、蓮田(はすだ:埼玉県蓮田市)はJR東北本線・宇都宮線との接続駅になる模様です。



埼玉高速鉄道2000系

Nov 1, 2019.

埼玉高速鉄道2000系は2000年(平成12年)と2001年(平成13年)に6輛編成10本が製造された通勤用20m級4扉の電車です。2000系と言う名前は西暦2000年に竣工したからのようでありがちですが、最近の電車には珍しく電動車は全て1M方式で、所謂ユニット方式にはなっておらず、隣り合う付随車(クハ・サハ)とユニットを組むように設計されています。

使用されている区間は埼玉高速鉄道=東京メトロ南北線=東急目黒線で、線路は繋がっていても都営地下鉄見た線には乗り入れないようです。10編成しかないために検査などで車輛が不足する場合は東急か東京都交か、どちらか余裕がある方から代車を借用する決まりになっているらしいのです。検査を東京メトロに依頼している関係もあってか、車輛の基本的な構造は東京メトロ9000系と同様です。

編成の組み方は下記のようになります。

←浦和美園・岩槻・蓮田日吉・西谷・海老名→
CT1M1-1TC2M1-3M1-4CT2
(クハ)2100(モハ)2200(サハ)2500(モハ)2600(モハ)2700(クハ)2800

(クハ)・(モハ)・(サハ)などの記号は、便宜的に私が付与しただけなので悪しからず。8連化の際には2200と2500の間に2300(M1-2)と2400(TC1)を連結するようです。要するに、クハ+モハ+モハ+サハ+サハ+モハ+モハ+クハの8連が完成形となるようです。但し、8連化は相鉄新横浜線と東急新横浜線が直通運転を開始して目黒線とも直通運転が開催されてからと言う事なんでしょうが、既に20年も経っている2000系と全く同じ系列の車輛を今から新造するのかどうか、少々疑問が残ります。



2100・2800

Nov 1, 2019.

埼玉高速鉄道2100型は浦和美園・岩槻・蓮田向きのクハでコンプレッサと蓄電池を有します。反対側に連結される2800型とは異なり蓄電池を積んでいるため、同じクハでありながら2100型の方が少々重いです。埼玉高速鉄道2000系の中で、付随車はサハ相当の2500型のみ、蓄電池を積んでいる車輛は2100型以外では中間電動車の2700型のみです。2800型は日吉・西谷・海老名向きのクハで、コンプレッサは搭載していますが蓄電池はありません。埼玉高速鉄道2000系の中でコンプレッサを持っているのは編成両端のクハのみです。

埼玉高速鉄道2102。2014年(平成26年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅=多摩川(たまがわ:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は埼玉高速鉄道2102。2014年(平成26年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅=多摩川(たまがわ:東京都大田区)駅間にて撮影。



埼玉高速鉄道2103他6連。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅=武蔵小杉(むさしこすぎ:神奈川県川崎市中原区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は埼玉高速鉄道2103他6連。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅=武蔵小杉(むさしこすぎ:神奈川県川崎市中原区)駅間にて撮影。



埼玉高速鉄道2109他6連。2021年(令和3年)4月、東急目黒線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は埼玉高速鉄道2109他6連。2021年(令和3年)4月、東急目黒線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



埼玉高速鉄道2804。2008年(平成20年)3月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は埼玉高速鉄道2804。2008年(平成20年)3月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



埼玉高速鉄道2806他6連。2014年(平成26年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅=多摩川(たまがわ:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は埼玉高速鉄道2806他6連。2014年(平成26年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅=多摩川(たまがわ:東京都大田区)駅間にて撮影。



2200・2600・2700

Nov 1, 2019.

埼玉高速鉄道2000系には、現在では中間電動車が3輛連結されています。機能は微妙に異なっており、2200型はパンタグラフ1基、2600型はパンタグラフ2基装備、2700型は隣接する2600型から給電を受けるためパンタグラフがありません。

2200型と2600型にはVVVF制御器と静止インバータを搭載されています。2700型にはVVVF制御器と蓄電池が搭載されています。

埼玉高速鉄道2202。2014年(平成26年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅=多摩川(たまがわ:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は埼玉高速鉄道2202。2014年(平成26年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅=多摩川(たまがわ:東京都大田区)駅間にて撮影。



2500

Nov 1, 2019.

埼玉高速鉄道2000系には、現在では中間付随車は2500型が1車輛連結されているのみです。これ以外の付随車は両端の先頭車の2100型と2800型のみで、今後8連化される際に2400型が増備される可能性があると言う程度です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁