流鉄・流山電気鉄道について

総武流山電鉄・流鉄流山線は、JR常磐線の馬橋(まばし)駅から流山市の中心部に在る流山(ながれやま)駅まで、6km弱のローカル私鉄です。以前は流山軽便鉄道、流山電気鉄道、総武流山電鉄などと名乗っていましたが、2008年(平成20年)8月に社名を流鉄(りゅうてつ)株式会社、路線名を流山線と変更しました。細かいことを言えば1913年(大正2年)に流山軽便鉄道として旗揚げして以来5回目の社名変更ですから、比較的頻繁な方ではあります。流鉄と言う呼び名自体も細々と使われておりそれ程突拍子もない訳ではありませんが、新松戸駅前の幸谷(こうや)駅の駅ビルである流鉄カーサなどに使われている程度じゃないかと思いますが、果たして地元では一般的に呼び習わされている愛称なんでしょうか?。

流山駅。1983年(昭和58年)4月撮影。

元々流山市は葛飾県の県庁所在地が在り、醸造業の盛んであった場所ですが、松戸や野田と言った近隣の大規模な都邑まで出掛けるにも相当な距離があるために、1913年(大正2年)に非電化・762mmゲージの軽便鉄道として設立されたものです。開業後数年で省線との貨車の直通を目指して1067mmに改軌します。有名な1B1軸配置のサドルタンク機関車を走らせていたのもこの時期の話です。ピッツバーグ製のCタンク機(1255型)がいたり、アメリカ型的満足度?の高い鉄道です。

その後、終戦直後の石炭価格の高騰に堪えきれず電化しますが、この時には流山電鉄?は路線が短いことを逆手にとってウルトラC的な電化経費削減策を図ります。なんと変電所は作らずに国鉄から電気を買って賄ってしまいます。勿論、現在では自前の変電所は建設済みではあるようですが、非常用なのか馬橋駅構内にはき電線を残したままにしてあるようです。概ね1960年代頃までは、日中は国鉄から払い下げを受けた南武鉄道出身の払い下げ電車(14m級のモハ100型)が単行で走り、たまに貨物があると電車が貨車も牽引して走ると言う混合列車が運行されるような長閑な鉄道でした。私が初めて乗った時も、南武鉄道出身の電車が単行でした。

やがて都市化が進むと朝夕ラッシュ時には4連編成と言う長大な電車が走るようになります。恐らくは、4連が流山電鉄では最長の営業列車だった筈で、この辺りまでがこの鉄道の順調だった時代でして、この後は状況が変わってきます。先ず、国鉄武蔵野線が開通すると幸谷(こうや)駅の直ぐ横に新松戸駅が開設されます。従来ならば流山電鉄の乗客は幸谷駅では降車せずにそのまま馬橋まで乗り通してから常磐線に乗り換えていたわけですが、新松戸から常磐線・武蔵野線に乗り換えてしまうようになるので乗車距離が短くなる(=運賃収入が減少する)と言う新しい流れが出てきます。更に、つくばエクスプレス(いわゆる常磐新線)が開通し、鰭ヶ崎(ひれがさき)駅附近のJR南流山駅につくばエクスプレスも乗り入れるようになり、苦しい展開が続いているようです。

流山線は地形的に江戸川、総武鉄道(=現・東武野田線)、省線常磐線に囲まれた三角州の中に路線があるために当初から余り大きな商圏に恵まれておりません。一時は総武鉄道と路線免許の申請で争ったり、野田、関宿(せきやど)経由で栃木県小山市内まで免許を取得したような経緯もあるようですが、結局は実現せずに現在に至ります。また、今となっては路線バスの兼業をしようにも、東武系、京成系のバス会社が網の目のように路線を張り巡らせてしまっているので、ちょっとやそっとで新規参入することも容易ではないようです。



各駅めぐり

流山:ながれやま

Apr 11, 2009.

流鉄流山(ながれやま)駅。2009年(平成21年)4月撮影。
1面2線のホームを持つ駅で、流鉄の中枢と言える駅です。車庫が在る他に、本社社屋も隣接しています。駅舎に向かって左側に事務所的な建物が在りますので、これが本社なんだと思います。



平和台:へいわだい

Apr 4, 2009.

流鉄平和台(へいわだい)駅。2009年(平成21年)3月撮影。
1面1線の小さな駅で、流山駅から僅か1分の場所に在ります。平和不動産?とか言う会社がこの一帯の宅地開発をしたために、このような駅名になっているようです。もっとも、この辺りの町名自体も平和台*丁目となっています。この駅、以前は「赤城」と名乗っていました。



鰭ヶ崎:ひれがさき

Apr 11, 2009.

住宅地の中の小さな駅なんですが、JR武蔵野線・つくばエクスプレスの南流山から徒歩圏内と言うこともあって、比較的乗降客が多いです。この駅も1面1線です。



小金城趾:こがねじょうし

Apr 4, 2009.

流鉄小金城趾(こがねじょうし)駅。2009年(平成21年)3月撮影。
流鉄線唯一の交換駅で1面2線の島式ホームです。その割には乗降客が少なくて、確か当社内では最下位じゃなかったかと思います。小金城趾駅周辺は川沿いに立地していて撮影には好都合だと言えますが、架線柱が詰まっていて少々邪魔です。



幸谷:こうや

Apr 11, 2009.

流鉄幸谷(こうや)駅。2009年(平成21年)4月撮影。
JR武蔵野線・常磐緩行線の新松戸駅の真横に在ります。恐らくは、一番乗降客が多いのではないかと思います。駅自体は流鉄カーサとか言う自社物件(賃貸マンション?)の1階に在ります。此処から終点の馬橋駅までは、常磐緩行線と全くの併行になります。この駅も1面1線です。



馬橋:まばし

Apr 11, 2009.

流鉄馬橋(まばし)駅。2009年(平成21年)4月撮影。
JR常磐線(緩行線)との接続駅です。随分と構内が広々していますが、写真の手前側は常磐線(快速線)が在るからで、流鉄自体としては1面2線の島式ホームがあるだけです。これ以外には若干の側線のようなものも在るには在ります。電化後も暫くの間は国鉄から買電していて自前の変電所を持っていなかった関係上、き電線はJRの線路と繋がっているようです。現在では自前の変電所は流石に在るのですが、それでも非常用に残してあるみたいです。