Saddle tank/サドルタンク

May 13, 2017.

蒸気機関車の水タンクが、乗馬用の鞍(=サドル)のように、ボイラーを逆U字型に跨ぐようになっている構造を指す言葉です。基本的には小型の蒸気機関車に使用されます。この構造にしてしまうとそれなりに重量が嵩むので重心が高くなりがちなのと、大型の機関車であればテンダーに水を搭載すれば済むので、機関車をサドルタンク構造にするまでもないからです。

有名な処では、B&O鉄道のドックサイドや、流山鉄道(現・流鉄・流山電気鉄道:千葉県)のボールドウィン製サドルタンク機、上野鉄道(現・上信電気鉄道:群馬県)のポーター製サドルタンク機などが挙げられます。ウェイトを多く積んで牽引力を高めることも容易であり、小振りの機関車でも比較的大型のモーターを使用しやすいので、模型的には好都合です。

同様の外観のモノでパニアタンク(Pannier tank)と呼ばれるものがあります。「パニア」とは砂漠の隊商がラクダに載せる振り分け荷物の意味です。サドルタンクはボイラー全体に覆いかぶさるような形状になりますが、パニアタンクの方はボイラー左右に張り出すような形状になります。要するに、サドルタンクは左右が一体化していますが、パニアタンクは左右別体です。また、サドルタンクの一番下の部分はランボードに届いていますが、パニアタンクの場合はタンク下面とランボードの間に隙間があります。



LGB製サドルタンク機関車(Gゲージ)。G gauge saddle tank locomotive, manufactured by LGB.
LGB製サドルタンク機関車(Gゲージ)。
G gauge saddle tank locomotive, manufactured by LGB.



バックマン製サドルタンク機関車(Gゲージ)。G gauge saddle tank locomotive, manufactured by Bachmann Industries.
バックマン製サドルタンク機関車(Gゲージ)。
G gauge saddle tank locomotive, manufactured by Bachmann.