Weight/ウェイト

「重り」「錘」と言う意味です。動力車(=機関車など)の牽引力を向上させるために鉛や亜鉛ダイキャストなどで作られたオモリを載せたりします。これらが「ウェイト」です。一般にウェイトがたっぷり載っていて、ズッシリと重い機関車は牽引力が強く多数の車輛を牽引して走ることが出来ます。HOゲージだと、アメリカ型の大型機関車で1kgを超える車輛も珍しくは無いようです。

一般にウェイトを追加するのは牽引力増強が目的なので動力車輪に荷重が掛かるようにしますが、貨車や客車などの場合には脱線防止や走行安定性の向上を目的として(多少は牽引力が犠牲になるのは我慢して)、動力車でもなんでもないのにウェイトを載せることもあります。