HO gauge/HOゲージ

Sept 1, 2015.

世界的に見て、一番普及していると思われる鉄道模型の種類です。線路幅は16.5mmで、縮尺は1/87となる3.5mmスケールです。16.5mmゲージの線路を走る模型には、HOゲージ以外にもOOゲージ(ダブルオウ・ゲージ)や、16番ゲージなどがありますので、16.5mmゲージの線路を走る鉄道模型が全てHOゲージであるという事ではありません。特に、日本型の鉄道模型で16.5mmゲージの線路を走る模型はほぼ全てが1/80の縮尺で作られていると言っても過言ではありません。従って、これらは厳密には「HOゲージ」ではありません。

上述の通り基本的にHOゲージは16.5mmゲージですが、3フィートナローであるHOn3は10.5mmゲージで、これは日本国内でも以前から篠原模型店製の線路類が販売されています。762mmゲージのナローであるHOn30・HOn2-1/2・HOeなどはNゲージと同様の9mmゲージ、メーターゲージのナローや1067mmのナローだとTTゲージと同様の12mmゲージとなります。これらの模型は16.5mmゲージの線路を走らなくても3.5mmスケールですから、HOゲージの仲間であると言えます。

逆にOゲージの縮尺で16.5mmゲージの線路を走るナローゲージの鉄道模型を作るとOn30と言うような模型に仕立てることが出来ます。こちらはHOゲージと同じ16.5mmゲージの線路を走る模型ではあってもHOゲージの範疇に入る模型ではありません。あくまでも「丁度良い寸法の既製品を流用する」と言う発想で考えられたモノです。

HOの語源は「Half of O(ハーフ・オヴ・オウ)」と言う意味で、「Oゲージの半分」と言う事です。これは、HOゲージが成立した当時に最も普及していた鉄道模型であるOゲージとの対比で大きさを表現したものです。但し、比較の対象となるOゲージとは、イギリスなどで普及していた1/43.5の縮尺の模型の方です。アメリカ式Oゲージ並の1/48の縮尺の方を半分にしたからと言って「1/96にしかならないじゃないか?」とかって計算したのでは、計算する土台が間違っていますので念のため。1/87であれば3.5mmスケールで、1/43.5であれば7mmスケール、1/48であれば1/4インチスケールです。



ご参考:16番ゲージとは?


ご参考:鉄道模型のゲージとスケール



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁