TT gauge/TTゲージ

「TT」とは「Table Top(卓上)」と言う意味です。1/120の縮尺で12mmゲージとなる鉄道模型で戦後生まれの鉄道模型です。始めて商品化されたTTゲージ製品は1946年(昭和21年)にインディアナ州のH.P.Productsが発売した品物ではないかと思いますが、実際に雑誌等に記事が頻繁に出始めるのは1953年(昭和28年)以降の話です。1960年代に旧東ドイツのロカール(Rokal)などのメーカーの手によって若干の隆盛を見せましたが、Nゲージの出現と共に急速に衰退して行きました。

もっとも捨てる神あればなんとかで、最近になってオーストリアのROCOがTTゲージの新製品を出したり、ドイツのティリヒが線路を販売したりしていますので、多少は明るい兆しも見えてきたようです。なお、このゲージの発音は「ティーティー」で、「ダブルティー」ではありません。