「ゲージ」と言う概念について

あらかじめお断りしておきますが、いわゆる「ゲージ論」的な内容は書いてありません。議論してゲージやスケールの優劣が何らかの方法によって客観的に決まったとしても、そのことは自分自身の趣味生活には大した影響をもたらさないからです。したがって、私はゲージ論的な議論にも全く興味がありません。唯一興味があるとすれば「自分のやっているゲージは儲かるか否か」と言うことだけです。私自身は鉄道模型を商売にするつもりはありませんが、少なくともそのゲージの模型を作ったり売っている模型屋さんが、然るべく儲けてくれないと自分の道楽に明るい展望が無くなってしまうからです。冒頭からとんでもない暴言を吐いていることは認めます。認めるくらいだったら書かなければいいのにね。



実物のゲージ

Jan 17, 2004.

「ゲージ(Gauge)」とはレール同士の頭部の内側の間隔のことで「軌間(きかん)」と和訳されます。 「軌間」とは「軌道間隔」を省略した言葉だと思います。当サイトはアメリカ型志向なのでアメリカの実情を基準に記述しますが、アメリカの実物の鉄道で最も普及しているのは「標準軌間」と呼ばれる1435mm(4フィートと8-1/2インチ)ゲージです。日本でもJR各社の新幹線、京浜急行に乗り入れしている各社、関西系の私鉄などはこのゲージです。

次に普及しているのは「ナローゲージ」の範疇に入る914mm(3フィート)ゲージで、ロッキー山地を中心にかなりの勢力を有します。日本の場合は914mmゲージは実例が少なく、岡山県の西大寺鉄道(=現・両備バス)や、戦前に廃業した九州の朝倉軌道などを始めとする鉄道が中心で、西大寺鉄道以外は九州に集中しています。

3番目はこれまた「ナローゲージ」の範疇に入る610mm(2フィート)ゲージで、メイン州などのニューイングランド地方で見受けられます。日本の場合は極めて例が少なく、岐阜県内で営業していた神岡鉄道くらいなものでしょうか。これよりゲージの狭い鉄道は鉱山で使用されるトロッコなどの特殊な鉄道が中心となります。

日本で数多く見受ける1067mmゲージ(=3フィート6インチゲージ)はどうかと言うと、アメリカの場合は少数派です。北米大陸の場合は、旧宗主国との関係もあってかイギリス連邦に属するカナダ国内の方が普及しているようです。



ゲージはどうやって決まるか

Mar 1, 2016.

ゲージは人為的に決まります。適当にレールを放り投げたら偶然に1067mm幅ぴったりになった、、、などと言う理由で決まるわけでは無いことは明らかです。

日本や南アフリカ、ニュージーランドなどの鉄道は1067mm(3フィート6インチ)ゲージの区間が多いですが、これは建設する際に技術指導を仰いだ旧宗主国(≒イギリス)が1067mmゲージを斡旋したことに起因するものです。このゲージはイギリスが植民地に多く採用したようで、受け入れ側には確たる技術的な裏付けも無い時点での話なので取り敢えず受け入れた、と言う程度でしか無いようです。要するに、日本の鉄道も「イギリスから1067mmゲージを"押し付けられた"」ことになっていますが、実態は適当なモノを見繕って宛がわれただけ、日本側としても「まぁ、良いんじゃないの」と言う程度です。

これ以降、日本国内には1067mmゲージの鉄道が続々と誕生します。同じゲージで線路が繋がっていれば、鉄道院、鉄道省、国鉄、JRから車輛を直通させて全国展開?させることができますから便利です。余り厳密に考えなくとも、近くに国家が建設した鉄道があるのだから、何も考えずに右え習えして同じゲージに揃えてしまうと言うのも、消極的ではあっても悪い発想ではありません。

その一方でもっと生臭い、人間臭い理由で軌間が決まる場合もあります。例えば地方の資金力の弱い鉄道が新規に開業する場合、ブローカー的な人物から「掘り出し物の特価品機関車、どうですか?」と言われて買った車輛が762mmゲージであれば、この鉄道はそれ以後、762mmゲージの鉄道としてやって行くことが運命?として決まります。その後に輸送量が激増したため、鉄道省の路線に貨車を乗り入れさせるために1067mmゲージに改軌せざるを得なくなって二重投資になるかどうかは、別の話です。

端緒な例は「東京ゲージ」とも呼ばれる1372mmゲージの例です。このゲージを採用することの直接の利点は、率直に言えば東京市電・東京都電と乗り入れできると言うことで、以前の京浜急行電鉄、京成電鉄などが1372mmであったのはこのような理由によるものです。現在の京王電鉄(京王線)や東急世田谷線などが1372mmゲージであるのも同様な理由です。極端な例では玉電(≒東急世田谷線)の車輛が玉電→京王電軌→東京市電→京浜→横浜市交と自力回送していったなんて話があるくらいです。

それにも拘らず、直接東京市電・東京都電と直接線路が接していない路線でも各地にポツポツと散見されるのは、程度の良い中古車が東京市電出身だった、短時間にまとまった輛数を揃えられるのが東京市電の中古車だった、地震、風水害、火災などで急に纏まった輛数を揃える必要に迫られた際になんとかなりそうなのは東京市電の中古車だった、、、と言うような理由があるからのようです。函館市電が1372mmゲージなのは、このような理由に拠るものです。



日本における実物の鉄道のゲージ(軌間)の例

610mm
(2ft)
神岡鉄道(岐阜県)。
762mm
(2ft6in)
仙北鉄道、四日市あすなろう鉄道、三岐鉄道北勢線、静岡鉄道駿遠線、頸城鉄道。
914mm
(3ft)
西大寺鉄道(岡山県)、朝倉軌道(福岡県)、大川軌道(福岡県)。
1067mm
(3ft6in)
JRの在来線各線、関東の各私鉄、名古屋鉄道、南海電鉄、島原鉄道、鹿児島交通。
1372mm
(4ft6in)
都電荒川線・都営地下鉄新宿線、京王電鉄京王線・相模原線、函館市電。
1435mm
(4ft8-1/2in)
JRの新幹線、京浜急行、京成電鉄(改軌後)、都営地下鉄浅草線、関西の各私鉄、西鉄。


模型のゲージ

Jan 17, 2004.

模型の場合も「ゲージ」の考え方は実物と同様で、レール頭部の内側の間隔で測ります。但し、1920年代より以前のごく初期の鉄道模型の世界では「ゲージ」を測る際にレール中心部同士の間隔を測定していた経緯も有るようですから、歴史的な文献を読む際には注意が必要です。

模型の場合は縮尺が異なればゲージも異なります。実物の「標準軌間」は1435mm以外にはありませんが、1番ゲージであれば模型化すると45mmゲージ、Oゲージであれば32mmゲージ、HOゲージの場合は16.5mmとなります。しかし、いずれの場合も模型化する元になった実物のゲージは1435mmです。

鉄道模型にはざっと百年以上の歴史があるわけですが、少しづつですが小さくなる方向に向かっています。かつては1番や0番が主流であったのが、現在ではHOやNが中心になりつつあります。人口の一極集中、それに伴い家屋の面積が狭くなる、技術の進歩で以前には考えられなかったような小型高性能なモーターが開発されてNゲージでも充分実用になる、、、と言った事情があるでしょう。

その一方でライブスチームのような屋外志向の鉄道模型が盛んになり、127mmゲージ(いわゆる5インチゲージ)などの製品も出回るようになってきています。以前は有産階級に限られた趣味であった鉄道模型の底辺が拡大し男の子なら誰でも鉄道模型を欲しがった、と言うのは1960年代頃のことだと思いますが、その当時に鉄道模型が大好きだった少年達は充分な可処分所得を有する年代になったので大きな(≒高額な)模型にも手を出せるようになったけれども、それに反比例して視力も減退して行くので、やはり大きな模型でなければ手に負えない、、、と言った事情もあると思われます。



ナローゲージとブロードゲージ

Jan 17, 2004.

「実物のゲージ」の項目に記述したように、標準軌間(1435mmゲージ)に比べて狭いゲージがあり、これはナローゲージと呼ばれます。例えば、1067mm(3フィート6インチ)、914mm(3フィート)、762mm(2フィート6インチ)等が代表的なナローゲージの軌間です。乗る人間が同じなのに線路幅だけが違う為に車体は頭でっかちなユーモラスな形状の車輛であることが多く、その様なアンバランスな点もナロー魅力の一つです。

多くの場合、ナローゲージは建設資金が苦しい場合や、輸送需要が余り多く期待できない場合に採用されます。1列車辺りの輸送需要が少ないと予想されるならば、現在であれば鉄道を新規に建設せずにバス路線を考えるのでしょうが、19世紀末から20世紀初頭に掛けての鉄道の黎明期には「輸送規模が小さければ、鉄道の規模も小さくしよう=ナローゲージで行こう」と言う考え方が世界的に見て一般的だったようです。

これに対して1435mmゲージより線路幅の広いブロードゲージと言うのは、そんなに単純な理由ではないようです。一般には国防上の理由から、国境を接する隣国から軍用列車が直接乗り入れてくることを恐れて線路幅を変えてあるのだと言われていますが、必ずしもそうばかりではないようです。有名な処ではフィンランド、、、ロシアが侵略してくることを想定しているようです。



軽便鉄道とナローゲージ

Mar 16, 2007.

それでは「“ナローゲージ”とは、いわゆる“軽便鉄道”とは違うのか」と言うと、概念としてはナローゲージ≒軽便鉄道と考えても間違いではありません。但し、厳密に言えば「ナローゲージ」と「軽便鉄道」とは同じものではありません。実は、標準軌間の軽便鉄道も日本国内では「法的には」存在し得たからです。

この「法的には」と言う辺りが重要で、「軽便鉄道」なる日本語は1910年(明治43年)に施行された「軽便鉄道法」「軽便鉄道法施行規則」などに準拠した鉄道であると言う「法的な」意味しかないからです。明治時代末期に大規模な鉄道国有化が行われ、この時に目ぼしい大規模な鉄道は軒並み国有化されたわけですが、国有化されなかった目ぼしくない?鉄道は経営基盤は弱い、路線は短い、需要は少ない、、、つまり、補助金を交付しなければ線路は敷けない、車輛は買えない、会社は維持できない、と言うことになります。これらの鉄道を保護・育成するための足掛かりとなる法律が軽便鉄道法だったわけです。

処がこの軽便鉄道法なる法律、名前が「軽便」鉄道法で補助する対象が「軽便」鉄道であったばかりでなく、内容も全部で8条しかない軽便な法律で、率直に言ってしまえば不備であったわけです。要は、申請して正規の法的な手続きを踏んで軽便鉄道になってしまえば補助の対象になったのだそうで、それならば何処の鉄道会社だって貰える補助金ならば貰いたいのは当然で、あらゆる鉄道会社が軽便鉄道になってしまうことは当然です。これは噂話みたいなものですが、その結果として日本には軽便鉄道以外の鉄道は存在しなかった時期があるそうですが、果たして真相は?。



ナローゲージの鉄道模型の実例

Dec 15, 2007.

Oゲージの、スタンダードゲージ(左)とナローゲージ(右)の車輛。

アトラス製Oゲージボックスカー(左)と、バックマン(Bachmann)製On30ゲージのストックカー(右)
左のボックスカーはアトラス製のOゲージの貨車で、縮尺は1/48、32mmゲージの線路を走る模型です。右側のストックカーはバックマン製のOn30(Oゲージのナロー)の貨車で、縮尺は1/48、16.5mmゲージの線路を走る模型です。す。どちらもOゲージなので1/48で同じ縮尺ですが、走る線路の幅が違っています。



16.5mmゲージの線路を走るナローゲージ(左)とスタンダードゲージ(右)の車輛。

バックマン(Bachmann)製On30ゲージのストックカー(左)とアキュレイル製HOゲージのボックスカー(右)
左がバックマン(Bachmann)製のナローゲージ(On30)のストックカーで1/48・16.5mmゲージ、右がアキュレイル製のスタンダード・ゲージ(HOゲージ)のボックスカーで1/87・16.5mmゲージです。16.5mmゲージの線路の上を走ると言う点では共通ですが、縮尺が異なります。縮尺が異なっても「スタンダードゲージとナローゲージ」と言うように、実物のゲージが異なっていれば一段階大きい/一段階小さいスケールの模型と同じゲージ(レール同士の内側の幅)になってしまう可能性は充分にあります。



2番ナロー(Gゲージ・左)とOn30(Oナロー・右)の車輛。

バックマン(Bachmann)製Gゲージのボックスカー(左)と、バックマン(Bachmann)製On30ゲージのストックカー(右)
同じバックマン(Bachmann)製品同士の比較で、左がGゲージのボックスカーで縮尺は1/20.3、右がOn30ゲージのストックカーで縮尺は1/48です。この両者は縮尺が約2.36倍違いますので、体積は約13倍違うことになります。余り解像度が大きくない写真なので少々判りにくいかもしれないですが、2輛の連結している隙間に入り込んでいる黒い物体はGゲージの車輛の方の連結器です。



ナローゲージの標記の仕方

Jan 17, 2004

ナローゲージの標記の仕方には色々あります。アメリカで一般的なのは模型のスケール表示に続けてナローを意味する小文字のnを書き、それに続けて実物のゲージをインチ、またはフィートで表示すると言う手法です。

例えばコロラド山中にあって膨大な路線網を有していたD&RGW(デンバー&リオ・グランデ・ウェスタン)と言う鉄道があり、この鉄道のナローゲージの路線は914mm(≒3フィート)ゲージです。この鉄道の車輛をHOで模型化したものは「HOn3」と表示されます。HOゲージですから1/87の縮尺で作り、3フィートのナローゲージであると言う意味です。同様に762mm(2-1/2フィート=2フィート6インチ)ゲージの線路を走るナローゲージの車輛をHOで模型化するとHOn2-1/2と表示されます。最近ではインチ表示のみにして「HOn30」とする場合もあるようです(762mm≒30インチです)。

上述のHOn3は914mmゲージ、HOn30の場合は762mmゲージであると書きましたが、これ、実は少々問題のある標記の仕方です。それと言うのも、HOn3は3フィート(≒914mm)ゲージであると言うことですが、この標記を見ただけでは「絶対に3インチ(≒75mm)ゲージの実物を模型化したものではない」と言うことが証明できません。同様にHOn30は30インチ(≒762mm)ゲージであると言うことですが、「絶対に30フィート(≒9144mm)ゲージの実物を模型化したものではない」と言うことが何処にも説明されていません。

現実問題として75mmゲージではまともに乗客を運ぶ鉄道にはなり得ませんし、移動式クレーンの線路でもない限りは9144mmゲージなどならないことは判りきっていますが、この表示を見ただけでは断言できません。結局はこのような標記の仕方で正しく理解できるかどうかは、標記の読み手の読解能力とも関連する問題です。

処で、これらの標記を見ただけでは実物の車輛が走る線路が何mmゲージなのかと言うことは判っても、模型の車輛が走る線路が具体的に何mmゲージなのかは判然としませんが、「HOn3の模型は10.5mmゲージの線路を走る」と言うことを我々は知識として知っていますのでこれで充分、と言うことです。ちなみに、HOn2-1/2であれば9mmゲージの線路を走ります。



色々なスケール1:標準軌間系

2番ゲージ:64mm

Mar 16, 2007.

英語標記にする場合は「II gauge」と言うように、ローマ数字の「2」を使う方が良いのかもしれませんが、ローマ数字は機種依存文字じゃないかと言う気がしますので、アラビア数字で通すことにします。1435mmの標準軌間の模型を1/22.5の縮尺にして64mmゲージの線路を走らせる模型です。1891年(明治24年)にライプツィヒで開催された玩具見本市に際し、1番ゲージから5番ゲージまでの規格をメルクリンが発表したものの一つです。

但し、メルクリンが発表した際の数字は、2番ゲージは軌間54mm、64mmゲージに近いものは3番ゲージの軌間67mmです。1番ゲージも一説によると45mmの他に48mmとする場合もあったなど不明確です。また、縮尺の点では2番ゲージは1/22.5、1/27、1/28と幅があり、同様に3番ゲージの縮尺も1/16、1/22、1/23と幅があります。メーカーによっては軌間をレール頭部で測定するメーカーがある反面、レール中心部で測定するメーカーもあったりと、かなり曖昧模糊としていることは否めません。

現在では標準軌間の2番ゲージの模型は、ほぼ一般には製造・販売されていないと思われます。普通に見受けることのできる2番ゲージ関連製品は2番ゲージのメーターゲージナロー、要するにGゲージです。これは、2番ゲージの車輛を1番ゲージで使用されている45mmゲージの線路に走らせようというものです。



スタンダードゲージ:54mm

Apr 15, 2006.

随分と大胆不敵な名前ですが、概ね1900年(明治33年)頃から1930年頃(昭和5年)頃に掛けて、アメリカ国内で販売されていたものです。縮尺は1/26.6で54mmゲージとなります。実はこの大きさの模型は今でもかなり売られていて、もしかしたら流通量はSゲージ以上ではないかと思います。古き良き時代の偉大な祖国アメリカ!への郷愁に根ざしているとも言えますので、鉄道模型とは言っても玩具以上に玩具的です。

ライオネル(Lionel)、マルクス、アイヴズなどがスタンダードゲージ製品のメーカーとしては有名でしたが、現状ではMTH製品が最も著名ではないかと思われます。



1番ゲージ:45mm

Sept 29, 2002.

実物の車輛を1/32程度に縮尺し、45mmゲージの線路を走らせる模型です。これも2番ゲージと同様に、メルクリンが1891年(明治24年)にライプツィヒで開催された玩具見本市に際し出品し、公表した規格の一つです。1/32と言うのは縮尺の数字が半端に思えますが、1フィート(≒304.8mm)を3/8インチ(≒9.53mm)に縮尺する3/8インチスケールを採用しているからです。従って厳密には1/32(304.8÷9.53≒32)の縮尺となる3/8インチスケールのものだけが1番ゲージですが、実際には1/29(=10.5mmスケール)の縮尺の模型も含みます。

実際の製品ではアリスト・クラフトやUSAトレインズが1/29で10.5mmスケール、メルクリンとMTHが1/32で3/8インチ・スケールです。日本のメーカーの製品ではアスターホビー製の日本型ライブスチームが1/30、和田ワークスのアメリカ型の車輛が1/32の縮尺を採用しています。



オウゲージとオウスケール:32mm

Oct 14, 2000.

慣用的にアメリカの鉄道模型の世界ではティンプレートのモノは「Oゲージ(オウゲージ)」、スケールのモノは「Oスケール(オウスケール)」と呼ばれるようです。日本では明確に区別しませんが、アメリカとは違って日本には明確なティンプレートの概念が無くて、線路はティンプレート並なのに車体や車輪はスケールという独特な構成の車輛が主流を占めていたという特殊な事情によるものでしょう。

Oゲージ/Oスケールの縮尺は国や地域によって若干異なり、アメリカ型やヨーロッパ型の場合は縮尺は1/48、日本は1/45、イギリスは1/43.5で、いずれも線路幅は32ミリです。これらの縮尺の寸法が寸法が少々半端になるのは「1/48とは1フィートを1/4インチに縮尺した結果(=1/4インチスケール)」「1/43.5とは1フィートを7ミリに縮尺した結果(=7ミリスケール)」だからです。発音は「オウゲージ」「オウスケール」で、日本では「零番(れいばん)」「0番(れいばん)」と標記します。「ゼロ番」「ゼロゲージ」「オウ番」とは呼びません。



エスゲージ:22.5mm

June 20, 2000.

1938年(昭和13年)に開発?された物ですが、基本的には戦後育ちの1/64の縮尺で作られる鉄道模型でアメリカン・フライヤー製品がもっとも著名なブランドです。ゲージが7/8インチ、スケールが3/16インチ、縮尺が1/64となり、「7(=Seven)」「16(=Sixteen)」「64(=Sixty four)」とSの付く単語が並ぶのでSゲージと言う名前が付けられました。

日本型は1/60から1/55程度の縮尺で作りますが、Oゲージが1/48ですから縮尺差が大差無く中途半端であるのと、終戦直後の普及期に関西と関東で縮尺が違うなどの混乱した事情もあって、大きな盛り上がりを見せる前に自然消滅してしまったと言うのが現実です。この辺の事情はアメリカでも同様で、普及しているとは言えません。



HOとOOと16番:16.5mm

Sept 29, 2002.

16.5mmゲージの線路を走る鉄道模型は現時点では世界的に最も普及していると思われます。代表格は縮尺1/87の「HO」で、「エイチオウ」と発音します。アメリカに限らずヨーロッパ半島などの車輛が対象となります。縮尺の数字は少々半端ですが、実物の1フィート(≒304.8mm)を3.5ミリに縮尺する所謂3.5mmスケールを採用しています。元来の意味はHOゲージの誕生当時に世界的な主流であったOゲージのほぼ半分の大きさであった(Harf ofO gauge)=「Oゲージの半分」と言うことです。

イギリスの場合は線路幅は(=ゲージ)1435mmが普通でアメリカやヨーロッパ半島と共通なのですが、車体が少々小振りなので1/76の職尺の「OO」となり、「ダブルオウ」と発音します。この辺りは有名な「007(ダブルオウセヴン)」と同じ発音の仕方だと言うことです。こちらも縮尺の数字が少々半端ですが、実物の1フィートを4mmに縮尺する4mmスケールを採用しているからです。

日本の場合は少々事情が特殊で、アメリカ、イギリス、ヨーロッパなどとは異なり新幹線や京浜急行、近鉄などの私鉄各社を除けば1067mmゲージのナローゲージの車輛が主流です。これらの車輛を模型化してHOゲージなどと同様に16.5mmゲージの線路を走らせる際に違和感の無い縮尺として1/80が選ばれています。

上述のように16.5mmゲージの線路を走る鉄道模型には、アメリカやヨーロッパ半島などのような1/87の縮尺のもの(HO)や、イギリスの1/76の模型(OO)の他に、日本型の1/80の模型も存在しますので、これらの3者を含めた総合的な呼称が「16番」です。

1/80の模型だけを16番と呼称する訳ではありません。



ご参考:16番とは?



ティーティーゲージ:12mm

June 20, 2000.

1/120の縮尺で12mmゲージとなる鉄道模型で戦後生まれの鉄道模型です。始めて商品化されたTTゲージ製品は1946年(昭和21年)にインディアナ州のH.P.Productsが発売した品物ではないかと思いますが、実際に雑誌等に記事が頻繁に出始めるのは1953年(昭和28年)以降の話です。TTと言うのは「Table Top(卓上)」と言う意味です。

1960年代に旧東ドイツのロカール(Rokal)などのメーカーの手によって若干の隆盛を見せましたが、Nゲージの出現と共に急速に衰退して行きました。もっとも捨てる神あればなんとかで、最近になってオーストリアのROCOがTTゲージの新製品を出したりしていますので、多少は明るい兆しも見えてきたようです。日本型の場合は1/110で作られたようです。なお、このゲージの発音は「ティーティー」で、「ダブルティー」とは発音しないようです。



エヌゲージ:9mm

Oct 18, 1999.

9ミリゲージとも呼ばれますが「9」を表す単語が「Nine(ナイン:英語)」、「Neuf(ヌフ:仏語)」、「Neun(ノイン:独語)」などNで始まるのでこの名前が付きました。欧米では1/160、日本型は1/150、イギリス型は1/148で作ります。もっともこれは建て前上の話であって、実際には小さくて実用になる模型用のモーターが入手できなかった、などの理由で初期のNゲージのモーター付き車輛は大抵1/140位で作らざるを得なかったことは結構有名な話です。現在のNゲージは相当に正確な縮尺で作られているんだと思います。Zゲージ出現以前には、量産市販されている鉄道模型としては世界最小だった筈です。



Zゲージ:6.5mm

Dec 8, 2007.

メルクリンが開発した鉄道模型で、これ以上小さい鉄道模型は存在しないだろうと言う意味でアルファベットの最後の文字である「Z」を使っています。実際、ある程度以上流通量のある商業的な製品としてはZゲージよりも小さい模型と言うのは存在しないようです。ゲージは6.5ミリで、縮尺は日本型も含め1/220です。

アメリカ型はマイクロ・トレインズなどから販売されています。さすがにZゲージの日本型と言うのはメルクリン以外のメーカーの製品を含め、製品化されていなかったのですが、最近になって天賞堂や東京マルイなどから次々と新製品が発売されています。余談ですが、天賞堂と言う企業はZゲージに限らず、新種のゲージを早い時期に発売することを好む傾向があるようです。



もっと大きな模型は、、、

2番、1番、0番、とあるのだから、逆に3番、4番、5番、があるのかと言うと、、、あります。元々このように名称が定められたのは、私が研究した範囲では1891年(明治24年)に開催されたライプツィヒの玩具見本市に際して様々な大きさの鉄道模型に対して小さい方から1番、2番、3番、と命名したことに由来するようです。一説によると20世紀初頭にヘンリー・グリーンリーと言う人物によって制定された、とも言われています。いずれにせよ、現在のゲージとスケールの体系が纏められたのは1900年前後と考えて良さそうです。20世紀に入って1番ゲージよりも更に小さい模型が現れたのでこれを「0番」とし、その半分の大きさの模型に対して「HO」と命名し云々、と言うことは既述の通りです。



色々なスケール2:ナローゲージ系

16mmスケールとSM-32

July 10, 2004.

Gゲージの一種です。SM-32は16mmスケールですから縮尺は約1/19.05となります。32mmゲージの線路を走らせますから、実質的にはGゲージの車輛がOゲージの線路を走るものと考えれば宜しいでしょう。普通のGゲージが「メーターゲージのナロー」であるのに対し、SM-32は610mm(2フィート)ゲージの実物をプロトタイプとして選んでいることになります。

SM-32の製品としてはPECO製のレール関連製品が発売されています。イギリスやオーストラリアでは比較的普及しているようですが、日本国内ではこれ以外には余り知られていないようです。



G/IIm:45mm

Feb 9, 2003.

これは端的に言えば2番ナローでして、2番ゲージの車輛が1番の線路を走れるようにしてあると言うことです。従って縮尺は1/22.5が本当ですが、実際にはこれ以外に1/24や1/20.3の製品も販売されています。「2番“ナロー”」と言うからには「2番“スタンダード”」は理論上は存在しますが、量産市販製品としては標準軌間の2番はほぼ皆無でしょう。元々は1960年代末期にドイツのエルンスト・パウル・レーマン社(=LGB製品の発売元)が発表した鉄道模型で、恐らくはヨーロッパに多く見られる1mゲージの所謂メーターゲージナローを念頭において製品化したものだと思われます。

そうは言っても「ナローゲージ」の概念は間口がかなり広いので、大雑把に610mmゲージから1067mmゲージまでの実物を模型化したものが大体どれでも問題無く一緒に走らせることが可能で、いずれも45mmゲージの線路を走れるように大雑把な規格の中に収められています。

例えば、バックマン(Bachmann)製品の縮尺は1/20.3ですが、これはアメリカに多く見ることの出来る3フィートナロー(≒914mmゲージ)の実物を45mmゲージの線路用に模型化した結果算出された縮尺です。同様に1/24と言うのはアリスト・クラフト(Aristo Craft)に吸収された旧デルトン(Delton)製品などが中心ですが、3フィート6インチナロー(=1067mmゲージ)の実物を45mmゲージの線路用に模型化した結果算出された縮尺です。



Gn15:16.5mm

Oct 17, 2009.

「Gn15はGゲージのナローです」と説明したら、これは明らかに間違いではあります。理由は簡単で、Gゲージ自体が2番ゲージのナローと言う意味を内包するのですから、そのまた更にナローと言うことは表記方法として矛盾が生じるからです。実はこれ、2番ゲージナローであるGゲージの内の15インチゲージのナローモデルのことです。2番ナローですから縮尺は1/22.5程度、ゲージはなんと16.5mmですので、普通の16番なりHOゲージなりの線路の上を2番ゲージの車輛が走ることになります。

15インチゲージ(=381mmゲージ)とは一般の実用に供する鉄道としては最小の鉄道になります。それと同時に、現状ではアマチュアが取り扱いうる最大限度の鉄道模型とも言えます。鉱山の坑道内部を走る列車とかがこのゲージを使っているようですが、イギリスではこのゲージで普通に旅客輸送をやっている鉄道もあるようです。



OJとOm:24mmないし22mm

Sept 29, 2002

メーターゲージ、ないしそれに近いゲージ(=1067mmゲージ)のナローゲージの鉄道模型と言う点ではOJもOmも同じです。OJとは24mmゲージの日本独特のナローゲージで、3フィート6インチナロー(=1067mmゲージ)の実物を1/45で模型化した際に32mmゲージの線路を走らせたのでは足元が幅広過ぎて格好が悪いので、出来るだけバランス感覚を実物に近づけようとしたものです。

Omの方はヨーロッパ半島に多く見られる1000mmゲージのナローですから、正確に計算すると縮尺は1/48で20.8mmゲージとなりますが、実際には22mmゲージを使用していいるようです。恐らくはSゲージのパーツの流用を念頭に置いてのことでしょう。

OJの概念が公表された時点では、日本国内にはOmの概念はなかったように記憶していますので24mmになりましたが、あと30年位出現が遅れていればOmにならって22mmゲージになっていたように思います。



On3(19mm)とHOn3(10.5mm)

Dec 8, 2007

On3はOスケールの3フィートナローの意味です。縮尺は1/48、914mmゲージですから19mmゲージとなります。HOn3はHOスケールの3フィートナローの意味です。縮尺は1/87、ゲージは同じく3フィート(≒約914mm)で、1/87にすると10.5mmゲージとなります。アメリカのナローゲージの実物としてはこの3フィートゲージが最も多いことは既述の通りです。そのためもあって製品需要が見込めるからなのか、どちらも既存の他ゲージの線路を流用せずに自前のものが用意されています。

上述の通り、既存の他ゲージの線路を流用していないので、19mmゲージと言うものは0n3以外にはありません。同様に、10.5mmゲージと言うものはHOn3以外にはありません。単純に数字の近似性だけを考えると19mmゲージはEMゲージ(1/76で18mmゲージ)に近いと言えなくもないですが、成り立ちが全く違っています。見た目が似ているからと言うだけでは柿も、石榴(ざくろ)も、苺も、赤い実がなるのだから同じ種類の木である!!と断言してしまうようなものです。

On3もHOn3も、日本国内でも対米輸出の関係からか比較的見掛ける機会が多いです。特にHOn3の方は、かつてJR大塚駅の近くにあった「つぼみ堂」が同じ車種を16.5mmゲージと10.5mmゲージの両方で販売していたり、現在でもシノハラ製の10.5mmゲージの線路類が出回っているので、他ゲージの線路が流用できない独自仕様の割には日本国内でも普及している方だと思われます。これに比べるとOn3の方は滅多に線路類は見掛けることはありません。やはり、On3の車輛を買い求められた方は走らせずに飾っておくだけか、自前で全部手打ちスパイクで線路を作るか、どちらかなのでしょう。



On2-1/2とOn30とOeとOHO:16.5mm

Jan 14, 2004.

これらの模型は表示方法は違うもののOゲージのナローで、実物の762mmゲージ、ないし750mmゲージの車輛を想定したものです。1000mmゲージと1067mmゲージも線路幅の相違は僅か67mmとささやか?なものですが、それ以上に762mmゲージと750mmゲージでは線路幅の相違は12mmしかありません。車輪1枚当たりで割り算すれば6mmにしか過ぎないので、酷い場合は762nmmゲージの車輛を750mmゲージ化する際に監督官庁への届け出だけで、実際には車輛に対しては何ら改造・改装はしない、なんて言う例もあるようです。

どちらにしても762mmでも750mmでもその差は無いも同然ですし、1/48にすると16mm前後の数字となりますので現実には16.5mmゲージとしてあり、HOゲージの部品を流用することが多いです。要するに表示方法は異なるものの、実質は同じものと考えて宜しいでしょう。

通常はNMRA方式?の呼称であるOn2-1/2の表示が用いられますが、バックマン製品はOn30と呼称します。30インチゲージの模型と言うことですから、2-1/2フィートとは表示の仕方が違うだけで実質は同じで、縮尺は1/48のようです。フライシュマン製品はOeと呼称しゲージを特定することはしていません。ヨーロッパ型の製品ですから750mmゲージ近辺を想定しているようですが、縮尺は恐らくは1/43を想定しているのだと思います。メルクリン製品はOHOと呼称します。これは縮尺もスケールもへったくれもないと言うか、余りにもいい加減な命名方法ですが、秀逸な呼称であることには違いはありません。

メルクリンのOHOはほんの一時的に販売して撤退してしまったようですが、バックマン(Bachmann)製品もフライシュマン製品も既存のHOの線路をそのまま使用できますから、今後の普及の可能性は一番高いように思われます。そのせいか、どちらもOナローの線路は新規に発売することはせずに、カタログ写真などもHO用の線路にOナローの車輛を載せて撮影しています。日本国内ではPECO製のOナロー用線路の入手が比較的容易ですから、車輛メーカーが自前で用意しなくても支障は無いと言えます。



Sn3-1/2:16.5mm

Aug 2, 2008

16.5mmの線路を走る1067mmゲージの実物を模型化したSゲージナローの模型です。縮尺は1/64です。今の段階では天賞堂製のC62と、アダチ製作所製の大井川鐵道井川線の車輛だけしか製品は発売されていないようなので、将来性は未知数です。ニュージーランドではこれが主流だと言う話を聞いたことがありますが、真偽の程は不明です。16.6mmを64倍すれば1056mmとなりますから、1067mmゲージの車輛を模型化する際の数字の整合性と言う点では非常に合理的です。

一説によると、天賞堂製のC62は1/80のままの大きさではデティール加工に限界があるし、1/80で16.5mmゲージのままでは、「車体の縮尺」と「ゲージの縮尺」の不整合を未来永劫引きずって行かなければならないので、試験的に製造した車輛のようです。



HOmまたはHOn3-1/2:12mm

Dec 8, 2007

「HOm」と言う表示の模型が有ったとします。これはHOスケールのナローの意味ですから縮尺は1/87です。ゲージは1mの所謂メーターゲージナロー(HOm)ないしは3-1/2フィートですから約1067mmで、1mゲージを1/87に縮尺すると約11.5mm(≒1000÷87)となり、1067mmゲージを1/87に縮尺すると約12.3mm(≒1067÷87)になりますので現実には12mmゲージとしてあります。恐らくはTTゲージの部品の流用を考えてのことでしょう。



HOn2-1/2とHOeとOO9:9mm

Sept 29, 2002

「HOn2-1/2」とは、HOスケールのナローの意味ですから縮尺は1/87、ゲージは2-1/2フィート=2.5フィートですから約762mmで、1/87にすると8.76mmになりますので現実には9mmゲージとしてあり、Nゲージの部品を流用することが多いです。即ち、HOのナローゲージの鉄道模型を線路幅9mmの線路を走らせると言うことです。日本の実物のナローゲージではこのゲージが多いです。

HOeの「e」とは「狭くする」と言う意味のドイツ語の単語「enge」の頭文字で、ナローゲージのことを意味します。実物の750mmゲージ、762mmゲージなどが該当し、これを1/87にすると9mmをちょっと切る程度ですから、これまた9mmゲージとしてNゲージう品を流用するようにしてあります。日本ではフランスのドゥコービルが750mmゲージの機関車のメーカーとして有名ですが、このゲージのメーカーはドゥコービル以外にも無数に有ります。

最後のOO9は有名なOO7(ダブルオウセヴン)のもじりです。イギリス起源のナローゲージで、OOゲージに併せて縮尺が1/76で線路幅を9mmに併せたナローです。但し、762÷76と言う計算をすれば答えの数字は10.03と言う半端な数字になりますから、計算上の数値よりは狭くなることを承知の上で9mmゲージの線路で走るようにしたと言うことなんだと思います。



HOn2とHOf:6.5mm

June 1, 2017.

「HOn2」と言う表示の模型は、HOスケールのナローゲージの鉄道模型で実物の線路幅が2フィート(約610mm)ですから、1/87に縮尺すると7.01mmになります。現実的には6.5mmゲージとして、Zゲージの部品を流用することが多いです。メイン州など東海岸に良く見られるナローゲージです。商業的な製品の流通しているナローゲージとしてはこのHOn2とNmゲージが恐らくは最小でしょう。「HOf」の「f」は「Feldbahn」の意味で、ドイツ語で軽便鉄道を意味する単語だそうです。習慣として、6.5mmゲージを走るHOのナローを表示する際に使われる言葉です。



TT9:9mm

Sept 29, 2002

1067mmゲージの日本型車輛を、Nゲージと同じ9mmゲージの線路で運転しようと言うゲージでTTゲージのナローです。TTゲージの日本型は1/110の縮尺ですから、1067mm÷110=9.7mmですから、ほぼ計算どうりの数値となります。実際に最近のNゲージ製品はデティールも豊かで品種も多いですし、足回りのオーバースケールもTTゲージのナローと考えれば気にならなくなります。中々巧い数字を思い付いたものです。TT9は現状では1社のみしか扱っていませんので、Sn3-1/2以上に今後の可能性は未知数です。



NmとNn3:6.5mm

Jan 17, 2004

NmはNゲージのメーターゲージナローです。同様にNn3はNゲージの3フィートゲージのナローです。大きさのせいもあって、NのナローはこのNmとNn3程度しか商業的な製品は存在ないようです。HOn2とともにZゲージの部品を流用することを意識してこの線路幅に決まったのでしょう。Nn30とかNn2とまでなるとZゲージの部品の流用と言うわけには行かなくなりますから、商業的には相当に厳しい現状だと思います。



一般的に市販されているナローゲージ製品の一覧表(実物のゲージから見たもの):実物の線路幅が広い順

実物の軌間 模型の縮尺 模型化した軌間 名称 備考
1067mm 1/87 12mm HOn3-1/2
1000mm 1/22.5 45mm IIm 所謂Gゲージ、LGBなど
1000mm 1/48 22mm Om ヨーロッパ半島の実物が大部分
1000mm 1/87 12mm HOm ヨーロッパ半島の実物が大部分
914mm 1/20.3 45mm
所謂Gゲージ、バックマンなど
914mm 1/24 45mm
所謂Gゲージ、デルトン、ハートランドなど
914mm 1/48 19mm On3
914mm 1/87 10.5mm HOn3
762mm 1/48~1/43.5 16.5mm On2-1/2、On30、OHO バックマン、フライシュマンなど
762mm 1/87 9mm HOn2-1/2
762mm 1/76 9mm OO9 イギリスのみ?
750mm 1/22.5 45mm IIm 所謂Gゲージ、LGBなど
610mm 1/87 6.5mm HOn2
610mm 1/19 32mm SM-32 イギリスのみ?


一般的に市販されているナローゲージ製品の一覧表(模型のゲージから見たもの):模型の線路幅が広い順

実物の軌間 模型の縮尺 模型化した軌間 名称 備考
1000mm 1/22.5 45mm IIm 所謂Gゲージ、LGBなど
914mm 1/24 45mm
所謂Gゲージ、デルトン、ハートランドなど
914mm 1/20.3 45mm
所謂Gゲージ、バックマンなど
610mm 1/19 32mm SM-32 イギリスのみ?
1000mm 1/48 22mm Om ヨーロッパ半島の実物が大部分
914mm 1/48 19mm On3
762mm 1/48 16.5mm On2-1/2、On30、OHO バックマンなど
1067mm 1/87 12mm HOn3-1/2
1000mm 1/87 12mm HOm ヨーロッパ半島の実物が大部分
914mm 1/87 10.5mm HOn3
762mm 1/87 9mm HOn2-1/2
762mm 1/76 9mm OO9 イギリスのみ?
610mm 1/87 6.5mm HOn2


13mmとEMと1/30・35mmゲージ

Nov 1, 2016.

この3者、全く独立した経緯で成立したものですが、その根底にある思想的?な部分は良く似ています。

日本の1067mmゲージの鉄道車輛は、車体幅に比べるとレール幅(=ゲージ)がやや狭い目です。従ってこれを16.5mmゲージの線路で走らせると少々アンバランスになります。従って車体は普通の模型と同じママでレール幅だけ狭くしたものが13mmゲージです。

一方、イギリスの1435mmゲージの鉄道車輛は、車体幅に比べるとレール幅(=ゲージ)がやや広い目です。従ってこれを16.5mmゲージの線路で走らせると少々アンバランスになります。従って車体は普通の模型と同じママでレール幅だけ広くしたものがEMゲージで、具体的には18mmゲージです。

つまり、日本の鉄道車輛は諸外国の1435mm軌間を走る車輛と大差無い程度の車体幅を持ちながら線路幅だけは相当狭いと言う独自の体型の美しさがあり、イギリスの鉄道車輛は諸外国と同じ1435mm軌間を走るものの車体が小振りであると言う独自の体型の美しさがあるからです。

このように不自然さを回避するために何等かの寸法操作をするにしても、できるだけ既存の枠組みを活用して行こうと言う前提で成立した、日本的な美意識に根差したものが13mmゲージであり、イギリス的な美意識に根差したものがEMゲージであるということになります。

それでは1/30・35mmゲージとは何かと言うと、これは戦前に普及していた日本独自の模型の規格なのですが、縮尺や線路幅を見れば明らかに1番ゲージのナローであることが判ります。実際に32mmゲージの線路でも35mmゲージの線路でも両方走れます、と言う車輪を作っていたメーカーもあるくらいですし、今から1番ゲージのナローの車輛を作るとすれば、当然乍らOゲージと同じ線路幅の32mmゲージにしようと考えるのはごく普通の発想でしょう。

今となっては1/30・35mmゲージを考案された方が「ナローゲージ」と言うことを意識されての事なのかは知る由もありませんが、日本型に特有な1/80・13mmゲージを遥かに遡る時期に思い付いたと言うことは、天才的なひらめきの一つだと思います。但し、残念なことに軍国主義体制が首を持ち上げていた時期に隆盛を極めていたゲージであるだけに、1/30・35mmゲージを好む人の中には「1/30・35mmゲージ以外の模型作る奴は非国民」って言い出して、この時点で終わっちゃってます。この辺りの事情は私がその時代に生きていて自分で体験した記憶ではないので、これ以上は書かないことにします。