3.5mm scale/3.5mmスケール

Mar 1, 2016.

3.5mmスケールとは実物の1フィートを3.5mmに縮尺すると言うことです。

1フィート≒304.8mmですから、これを3.5mmとすれば「304.8mm÷3.5mm≒87.085714、、、」と計算できますから、端数を丸めれば87となります。要するに、実物の1フィートを1/87にすればほぼ3.5mmになる、と言うことでHOゲージのことです。

数値の近い処では、実物の1フィートを4mmに縮尺する「4mmスケール」が1/76の縮尺のOOゲージになります。1/80の縮尺を使っている日本型の16番ゲージのモノは、強いて言えば3.8mmスケール程度となります。

日本的には模型の縮尺を表現する際には分数を使って「1/87」とか「1/150」とすることが殆どで、「**mmスケール」「**インチスケール」と言う表示は余り用いられないのでなんとなくなじみにくいですが、アメリカなどでは寧ろこちらの表現の方が普通です。面倒ですが、こればかりは習慣の違いでしかないので覚えるしかありません。

覚えないとアメリカ辺りの雑誌や文献を読む際に苦労することになるので、諦めて覚えるしかありません。なんと言うか、英語しか理解のできないアメリカ人の女性を口説こうと思ったら英語で口説くしかないので、、、まぁ、そう言うモノだと割り切って、アメリカ型の鉄道模型を志すならば「**mmスケール」「**インチスケール」と言う表現の仕方は覚えるしかありません。