相模鉄道について

相模鉄道と言うのは本来は茅ヶ崎(ちがさき)=厚木(あつぎ)=海老名(えびな)=橋本(はしもと)間を結んでいた鉄道の名前で、現在盛業中の「相模鉄道」とは同一企業体ですが、全く別の路線です。現在の横浜(よこはま)=二俣川(ふたまたがわ)=海老名(えびな)間の路線を開通させた神中(じんちゅう)鉄道は開業後も業績が芳しくなく、結局は相模鉄道に買収されます。処がこの暫く後に、茅ヶ崎=橋本間の相模鉄道本体が鉄道省に戦時買収されてしまい、従来の神中鉄道であった路線がそのまま相模鉄道を名乗り続けることになり、更には東京急行の傘下に入り終戦を迎えます。

東京急行は乗っ取り・買収の得意な方が経営者だったこともあって余り評判の宜しい会社ではなかったようですが、実際には経営状態の厳しかった相模鉄道の路線の整備に尽力するなど、大きな功績があります。例えば東横線の復旧のために用意されていた資材を融通し、相模鉄道線の復興整備を行います。本来ならば虎の子の東横線の整備を優先したい筈だとは思うのですが、それが許されないほど相模鉄道線の状況が逼迫していたと言うことなのでしょう。

同時に63型は割り当てを受けても本来の東急線では使いたくても入線できないので、止む無く厚木線(=相鉄線)と小田原線(=小田急線)に配属せざるを得なかったと言う事情もあるようです。当然乍ら、そのままではとてもではないけれど入線できない巨大電車なので、かなりの手間と費用を掛けて20m級電車が入線できるようにしたことが、現状の相模鉄道の運転規模?に繋がっているとも言えます。

現在の相模鉄道は上述の横浜=海老名間を結ぶ本線の他に、途中駅の二俣川(ふたまたがわ)から分岐して湘南台へ向かういずみ野線をも有する大手私鉄です。この他に、本来の用途はJR相模線との間で貨車のやり取りをするための短絡線?であった厚木線と言う短い路線も在るのですが、これは厚木駅の貨物ヤードをそのまま電留線に転用して車庫代わりに使われています。

現在では電車は全てアルミ車体・ステンレス車体の20m車で8連、ないし10連で頻繁に運転されています。以前はセメント輸送や米軍厚木基地の燃料輸送などの貨物輸送も盛んだったのですが、現在では純然たる旅客営業のみの鉄道会社です。但し、燃料輸送関連の線路は今でも雑草に埋没してはあっても全て残っているように見えます。



神中鉄道3号機関車

Nov 26, 2005.

No,3 steam locomotive of Sagami Tetsudo Railway were manufactured by KISHA-SEIZO at 1926. She has 2-6-2 wheel arrangement.

神中(じんちゅう)鉄道3号機は1926年(大正15年)汽車会社(大阪)製の蒸気機関車で、神中鉄道開業時に製造された機関車、プレーリー(2-6-2)車軸配置です。同じくプレーリーの三岐鉄道の102号機だったかと同様に、機芸出版社から出版されている「蒸気機関車スタイルブック」に収録されていることもあって、全国的な知名度があります。因みに同じくスタイルブックに掲載されている南薩鉄道(≒鹿児島交通)の5号機関車も、車体形状や車体寸法は、この神中鉄道の3号機関車と非常に良く似ています。但し、こちらは車軸配置が0-6-0でプレーリーではありません。

相模鉄道になってからは7号機を名乗ります。相模鉄道が戦時買収された際には国鉄籍に入らなかったようで、ブローカー?である鉄道車輛工業に売却され、後に江名鉄道に転売されます。江名鉄道と言うのは小名浜臨港鉄道(=現・福島臨海鉄道)の小名浜よりも先の区間の、江名漁港から小名浜経由で常磐線の泉駅までの海産物輸送を目論みとした会社で、実態は同一路線のような運行が行われていました。この車輛も小名浜臨海鉄道に移籍しC358を名乗るようになります。その後、昭和40年代になって廃車になり、相模鉄道に引き取られて再度神奈川県内に戻って来たと言うことのようです。



相模鉄道(神中鉄道)3号機関車。2005年(平成17年)11月、相鉄かしわ台工機所にて、相模鉄道殿のご好意により許可を得て撮影。
上の写真は親子見学会の際に撮影したものですが、雨模様の天気でシャッター速度が稼げないために止む無くISO感度を上げて撮影しています。画面がザラついた感じなのはそのためです。この見学会に備えてSMCペンタックスDA12~24mm(と言う名前の広角ズームレンズ)を初めて実戦使用した、記念すべき日。



相模鉄道(神中鉄道)3号機関車の銘板。2005年(平成17年)11月、相鉄かしわ台工機所にて、相模鉄道殿のご好意により許可を得て撮影。
この3号機関車の製造銘板。製造番号は884番となっています。この製造銘板は運転台の窓下に取り付けられています。



相模鉄道(神中鉄道)3号機関車。2005年(平成17年)11月、相鉄かしわ台工機所にて、相模鉄道殿のご好意により許可を得て撮影。
後ろから見るとこんな格好をしています。運転台側面の窓の上部は緩い円弧を描いていて、なんとも穏やかな表情です。先ほど引き合いに出した南薩鉄道の機関車も同様の意匠です。それに対して運転台後ろ側妻板の窓は、ほぼ正方形の小窓4個がヤブニラミ状に中央寄りに集中していて、ちょっと険しい顔付きです。



ED10型

March 13, 2004.

Class ED10 electric locomotives were manufactured TOYO DENKI. Total 4 of them were manufactured between 1952 and 1965. They have B-B wheel arrangement.

相模鉄道ED10型は東洋電機製の45t箱型の電気機関車です。車体形状は独特の丸みを帯びたもので、同じメーカーの製造した東武鉄道のED611(後の栗原電鉄ED351)や三岐鉄道のED45型の一部とよく似ています。デッキ付の車体で、台車は電車用のDT13を使用している点が傑作です。

固定編成ではない筈ですが、ED11+ED12、ED13+ED14の2輛づつが常時重連で使用されていたようです。後述の通り製造時期はバラバラですので、2輛組を2組使っての運用となったのは、最終増備のED14が入線した以後のことのようです。



相模鉄道ED11。1986年(昭和61年)7月、相模鉄道厚木線相模大塚(さがみおおつか:神奈川県大和市)駅にて撮影。
相模鉄道ED11は貨物列車に使用されていた蒸気機関車を置き換えるために1952年(昭和27年)5月に製造された車輛です。台車はDT13、主電動機は128kWのMT30が4基ですが、これは3000系電車(=ロクサン型)の電装品を流用した結果のようです。因みに、上述の東武鉄道のED611は電車用の部品と言うか、電気式気動車のものの流用だそうです。キハニ36450などでしょうか?



相模鉄道ED11の台車。2005年(平成17年)11月、相鉄かしわ台工機所にて、相模鉄道殿のご好意により許可を得て撮影。
ED11の台車。間違い無くDT13です。



相模鉄道ED12。1986年(昭和61年)7月、相模鉄道厚木線相模大塚(さがみおおつか:神奈川県大和市)駅にて撮影。
相模鉄道ED12は1953年(昭和28年)に増備された車輛です。ED11は側窓が金属サッシであるのにたいして、Hゴム支持となった点が最大の相違点でしょうか。製造年はED11の1年後ですが、ED11が1952年5月製であるのに対して、こちらは1953年2月製ですので、会計年度としては同い年の生まれです。



相模鉄道ED13。1986年(昭和61年)7月、相模鉄道厚木線相模大塚(さがみおおつか:神奈川県大和市)駅にて撮影。
相模鉄道ED13は1954年(昭和29年)6月製の車輛で、厚木基地の燃料輸送用側線が電化された際に増日された車輛です。ED11やED12と比べると製造時期も似通っており、車体側面のベンチレータの目が細かくなったとか、その程度の相違しかありません。



相模鉄道ED14。1986年(昭和61年)7月、相鉄かしわ台(かしわだい)駅付近にて撮影。
相模鉄道ED14のみはかなり製造時期が離れていて、1965年(昭和40年)製4月です。小野田セメントのセメント列車を厚木=西横浜間に運行するにあたって増備された車輛です。

従来の車輛とは10年以上年齢差がありますので、外観は細かく見るとかなり違います。運転台窓は引き戸になっており、貫通扉の窓はアルミサッシ化されています。車体側面のベンチレータは従来の車輛が大きなもの2枚が1組になって左右に配置されていたものが、縦長の細いものが4枚1組になって左右に配置されています。また、ナンバープレートの位置も他の車輛と比べるとやや低くなっています。

車体裾の切り上げる部分の高さも高いので、結果的に車体断面が小さく、そのせいで他の車輛よりも少々細面でスマートに見えます。得してますな。



トム260型

March 13, 2004.

相模鉄道トム289。1986年(昭和61年)7月、相模鉄道厚木線相模大塚(さがみおおつか:神奈川県大和市)駅にて撮影。
相模鉄道トム260型はちょっとびっくり、ラッセル車です。相模鉄道の路線は全線神奈川県内で、神奈川県内には箱根などの例外を除けば冬に頻繁に積雪のある場所はない筈です。しかもこの写真、7月に撮ったものですからラッセル車の出場準備、、、と言う可能性はない筈です。早めにラッセル車の試験をしていたのかもしれません。

この写真の車輛はトム289で、写真には写っていませんが左隣に同型の無蓋のラッセル車のトム290がおり、雪掻き羽を向かい合わせた状態で止めてありました。

この雪掻き羽、可動式か脱着式のようです。妻板上部の鳥居のような物体がそのための仕掛けらしく、前後に同じ物体が取り付けてあります。この写真では少々判然としませんが、雪掻き羽を除けるとちゃんと自動連結器が用意されています。但し、雪掻き羽を跳ね上げた処で、フラットカーを介在させない限りは他の車輛とまともに連結させるわけには行きません。

或いは、相手の車輛の妻板よりも雪掻き羽を高く上げてしまえば連結する分には支障が無いので単に持ち上げるだけなのかもしれません。生憎ながら、この車輛が本来の用途に使用されている光景を目撃した経験はありませんので、この辺りはあくまでも私の勝手な想像です。元来は国鉄トム5000型と同意匠の車輛で、側板の観音開きの扉が印象的です。



トフ400型

Nov 29, 2005.

TOFU-400 of Sagami Tetsudo Railway, 4 wheel gondola car with breakman's cabin.

相模鉄道トフ400。1986年(昭和61年)7月、相模鉄道厚木線相模大塚(さがみおおつか:神奈川県大和市)駅にて撮影。
相模鉄道トフ400型は可愛らしい、如何にも私鉄的なトフです。標識灯の高さが左右で違っているのがお愛敬です。小田急電鉄にも似たような形状のトフがいましたから、それと何等かの関連があるのかもしれません。余り居住性の良さそうな車輛ではありませんが、走行距離を考えればこの程度で充分と割り切ったのでしょうか。

本来の用途は砂利輸送の列車の最後尾に連結することだと思うのですが、厚木基地への燃料輸送用の列車にもトフ400が使用されていました。最終的には純粋な車掌車として使われることが多かったようです。



相模鉄道トフ400の軸受け。2005年(平成17年)11月、相鉄かしわ台工機所にて、相模鉄道殿のご好意により許可を得て撮影。
トフ400の軸受け。国鉄線に乗り入れる必要の無い車輛なので、当然ながら?2段リンクではありません。軸箱の直上に書かれている漢数字の「七」の意味が判然としませんが、この車輛の自重のことかもしれません。細かく言えば換算7、正確に言えば自重は7.45tです。トフとは言っても、かなり重たいんですね。



ホキ800型

March 13, 2004.

相模鉄道ホキ801+ホキ802。右が801、左が802。1986年(昭和61年)7月、相模鉄道厚木線相模大塚(さがみおおつか:神奈川県大和市)駅にて撮影。
相模鉄道ホキ800型は恐らくはJRのホキ800型と同型の車輛で、主な用途は保線用のバラスト散布用だと思います。



パスネットの印字一覧表

駅名読み方乗車時降車時調査日
横浜よこはま相鉄横浜ST横2005.11.6.
二俣川ふたまたがわ二俣川二俣2007.11.24.
三ツ境みつきょう三ツ境三境2007.11.24.
かしわ台かしわ台かしわ台かし2005.11.6.