1800系

July 3, 2004.

運輸省割り当てのロクサン型を車体更新した車輛で、デハ1800型とクハ1850型からなります。但し、割り当てを受けたロクサン型の内で、相模鉄道に移籍して行って3000系となった車輛もありますから、全部の車輛が1800系になったと言うことでは無いようです。いずれにしても小田急としては初の20m4扉車であり、輸送力増強、施設の体質改善に大きく寄与したと言う実績はみるべきものがあります。

1800系にはこの他に鉄道省のモハ60などを車体更新したデハ1820型・クハ1870型がありましたが、、これらは形式が変更されてそれぞれデハ1800・クハ1850に編入されます。一般に1800系はロクサン型の更新車、と言われますが、この考え方はある意味では正解ですが、ある意味では説明不十分、と言うことになりますね。下の写真の車輛は秩父鉄道に譲渡後のデハ809です。小田急時代の社番はデハ1809です。秩父鉄道での編成順序は三峰口寄りがデハ、羽生寄りがクハとなります。

旧・小田急電鉄1800系。1983年(昭和58年)2月、秩父鉄道熊谷(くまがや:埼玉県熊谷市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小田急電鉄1800系(秩父鉄道800系)。1983年(昭和58年)2月、秩父鉄道熊谷(くまがや:埼玉県熊谷市)駅にて撮影。



2400系HE車

July 3, 2004.

1959年(昭和34年)から量産された車輛で、2輛のデハ2400型の両端にクハ2450型が付く2M2Tの4輛編成です。「デハの粘着重量を稼ぎクハを徹底して軽量化」するために相当に思い切った工夫がしてありまして、デハは3扉19m車、クハは3扉16m車です。個々に見ると「妙に長いデハ」と「妙に短いクハ」の組み合わせですが編成全体として見れば普通の中型車4連となる点がこの系列の真骨頂です。

更に、編成に組んだ際に扉の間隔がほぼ一様になるような窓配置にしたために、デハの連結面寄りは随分と座席が長いのに対し、クハの方は乗降用扉が妻板ギリギリ目一杯の場所に設置されています。



小田急電鉄2400系。1986年(昭和61年)8月、小田急電鉄多摩線栗平(くりひら:神奈川県川崎市麻生区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小田急電鉄2400系。1986年(昭和61年)8月、小田急電鉄多摩線栗平(くりひら:神奈川県川崎市麻生区)駅にて撮影。未だ栗平駅のホームの屋根が短かった頃の撮影です。北口側から、黒川駅方を向いて撮影しています。



7000系

July 3, 2004.

小田急電鉄7000系。2001年(平成13年)9月、小田急電鉄小田原線相模大野(さがみおおの:神奈川県相模原市南区)駅にて撮影。



特急用の連接車で、1980年(昭和55年)から1983年(昭和58年)に掛けて4編成44輛が製造されたものです。当初は3000系以来の灰色地に白とオレンジの塗装でしたが、更新に際し後継の10000系に類似した塗装色に変更されています。

小田急の特急ロマスカーで連接車はこの次の10000系までとなります。それ以降は御殿場線乗り入れ用の20000系や、30000系と言った、普通の2軸ボギー車ばかりが新造されています。



EB1050

July 3, 2004.

小田急電鉄EB1051。2001年(平成13年)9月、小田急電鉄相模大野(さがみおおの)工場にて撮影。



足柄駅から分岐していた日本専売公社(=現在のJT)の専用線で使用されていた機関車で、元の所有者は専売公社自体です。後に小田急が引き取り専用線で使用されていたのですが、後に相武台工場や相模大野工場の入換用に使用されていたものです。この車輛自体は日立製で、1950年(昭和25年)製です。

右の写真は如何にも相模大野工場の敷地内に立ち入って撮影したように見えますが、撮影に使用したデジカメ(=ディマージュ7)の鏡筒が細いことを利用して、金網の隙間からレンズのみを突っ込んで撮影したものです。見栄を張ってやたらにデカいカメラなんか振り回していると、こう言う状況では損してしまいますな。



デト1

July 3, 2004.

小田急電鉄デト1。2001年(平成13年)9月、小田急電鉄相模大野工場にて撮影。
申し訳ありません、デト1はこんな写真しか撮影できなかったものでして、、、。オレンジ色の物体がデト1で、運転台の辺りです。有名な無蓋の電動貨車です。デニ、デユニなどと同じグループの事業用電車ですが、最末期は入換用として相模大野工場で使用されていたようです。