上毛電気鉄道について

Dec 1, 2015.

上毛電気鉄道は関東平野の中央の北端辺り、赤城山麓の麓を走るローカル私鉄です。以前は東武鉄道の浅草から直通してくる列車もあったようですが、現在は線内往復の普通列車のみの運転です。国鉄・JRとは直接線路が繋がっておらず、他鉄道との接続は途中駅の赤城駅で東武鉄道桐生線と連絡するのみです。

この点は以前からずっと変わっておらず、貨物営業をやっていた時代も含めて国鉄線(JR線)との連絡は赤城(あかぎ:群馬県みどり市)駅から東武線に入り、相老(あいおい)駅で国鉄足尾線(=現・わたらせ渓谷鉄道)に接続すると言う手間を掛けなければなりません。もっとも、徒歩連絡を許せば、わたらせ渓谷鉄道の大間々(おおまま:群馬県みどり市)駅と赤城駅は精々10分程度の距離ですし、赤城(あかぎ:群馬県みどり市)=天王宿(てんのうじゅく:群馬県桐生市)間ではJR両毛線と立体交差になったり、200mほどの間隔で併走しているような箇所もあります。



上毛電気鉄道の路線図です。2006年4月作成。
上毛電気鉄道の路線図。2006年4月作成。



上毛電気鉄道の路線は中央前橋(ちゅうおうまえばし:群馬県前橋市)から西桐生(にしきりゅう:群馬県桐生市)までで、どちらの駅もJR両毛線の前橋駅や桐生駅からは徒歩5分から10分程度離れています。両毛線が伊勢崎へ大きく迂回しているのに対して、上毛電気鉄道は大胡(おおご:群馬県前橋市)経由でほぼ直線で走っています。前橋=桐生間(両毛線)と中央前橋=西桐生間(上毛電気鉄道)の距離・所要時間を比較すると、両毛線が29kmを約30分で走るのに対して、上毛電気鉄道は25.4kmを約50分で走ります。

線形としては上毛電気鉄道の方が宜しいのですが短距離の割に時間が掛かるのは、線路状態が両毛線に対して多少見劣りするのと、駅間距離が詰まっている(=駅数が多い)からのようです。実際に乗ってみるとそれ程ノロノロしていると言う印象はなく、どちらかと言えばビュンビュン走っていると言う印象があります。線路状態も両毛線と比較すれば間違いなく格下であることは否めませんが、ローカル私鉄としてはかなり丁寧な保守が行われています。

車庫は中央前橋から8km程の場所にある大胡駅に在り、ここが運行上の拠点となります。入出庫のために大胡始発・終着となる一部の電車を除いて、原則として中央前橋=西桐生間を直通運転し、大胡以外で折り返しとなる電車はありません。大胡と言う場所は陰流(かげりゅう)の剣術の創始者として知られる上泉伊勢守信綱(かみいずみ・いせのかみ・のぶつな)の居城である大胡城の在った場所で、城跡が大胡駅から北へ800m程の場所に今でも残っています。上泉伊勢守の弟子が、自分の苗字を追加して発表した改良型?が柳生新陰流(しんかげりゅう)です。

それは兎も角、全路線が群馬県内に終始すると言う点ではお隣の上信電気鉄道と同様です。上信電気鉄道の想定した営業範囲?はその名の通り上野国と信濃国ですが、上毛電鉄の方は徹底して中央志向?で、大胡から分岐して伊勢崎を経由し高崎線の本庄まで延伸する計画もあり、既に埼玉県境の利根川に架かる坂東大橋は1931年(昭和6年)には埼玉県・群馬県との共同出資で竣工していたのですが、結局は両社共に、路線は群馬県内に留まっています。



中央前橋駅

Sept 1, 2016.

中央前橋駅は、上毛電鉄の西の起点となる駅です。3編成が同時発着可能ですから、路線の規模に比較するとかなり大規模な駅です。その名の通り、前橋市役所や群馬県庁に行くには、気休め程度にはJRの前橋駅よりも近いことは近いです。JR前橋駅との間にシャトルバスが運行されていますが、歩いてもやっと10分掛かるかどうかと言う程度の距離です。

上毛電気鉄道中央前橋(ちゅうおうまえばし:群馬県前橋市)駅、2006年(平成18年)4月撮影。
上毛電気鉄道中央前橋(ちゅうおうまえばし:群馬県前橋市)駅、2006年(平成18年)4月撮影。



上毛電気鉄道中央前橋(ちゅうおうまえばし:群馬県前橋市)駅、2006年(平成18年)4月撮影。
上毛電気鉄道中央前橋(ちゅうおうまえばし:群馬県前橋市)駅、2006年(平成18年)4月撮影。



赤城

Sept 1, 2016.

赤城駅は、上毛電鉄と東武鉄道との乗り換え駅です。他線との接続はこの駅のみで、東武鉄道桐生線の方は特急列車(=りょうもう)の始発駅でもあります。大部分の列車は、赤城駅で列車交換します。線路は繋がっていますが、日常的な東武鉄道との乗り入れはありません。わたらせ渓谷鉄道(=旧・国鉄足尾線)の大間々駅とは徒歩10分程度の距離です。

上毛電気鉄道赤城(あかぎ:群馬県みどり市)駅、2006年(平成18年)4月撮影。
上毛電気鉄道赤城(あかぎ:群馬県みどり市)駅、2006年(平成18年)4月撮影。