静岡鉄道について

Nov 1, 2016.

静岡鉄道はかつては、膨大な路線網を静岡県内に持っていました。例えば、御前崎経由で袋井=藤枝間を結ぶ駿遠線(すんえん)線がかつての筆頭格と言っても良いと思いますが、非電化762mmゲージの路線は駿遠線のみです。大体、この辺りの鉄道はどう言う理由なのか非電化のナローゲージの路線を軒並み有しています。大井川鐡道は井川線、遠州鉄道は奥山線とか、、、。

これ以外の静岡鉄道の路線は全て1067mmゲージの電化路線ばかりです。静岡市内線と清水市内線は市電的と言うか路面電車です。袋井から「森の石松」で有名な遠州森町までを結ぶ秋葉線も車輛は路面電車的で静岡市内線・清水市内線と同程度の車輛ですが、線路自体は郊外電車的で、かつての名古屋市電の一色線とか、王子電気軌道的と言うか、そのような路線です。

ごく一般的な、本格的な郊外電車が走るのは現存する静岡清水線のみで、これも1067mmゲージの電化路線です。それなりの輸送規模があったから営業を継続出来ていると言う事でしょうが、全線複線・日中6分間隔ですから、チャチな大手私鉄如きで歯が立つような相手ではありません。かつては清水市と静岡市の中心同士を結ぶ鉄道でしたが、清水市が静岡市に吸収合併された今となっては、全路線が静岡市内を走ることとなりました。

戦前から東急グループに入っており、現在でも東急の株式保有比率は高いです。現在使用されている1000系電車自体も東急車輛製のステンレスカーですし、設計自体も東急の7200系を非貫通化したような外観に、同じく東急の8000系を18m車化したような内装の組み合わせです。これ以外にも、保線用の軌道モーターカーも東急出身の車輛ですし、終戦直後の混乱期に救世主的な役割を果たしたのも東急池上線出身の3扉の大型電車です。

もっとも、池上電鉄出身のこの車輛は、他の東急の車輛とは制御機器が異なっており持て余していた車輛で、体裁の良い厄介払いの相手先が静岡鉄道だったようです。譲渡時期を考えれと信じられないくらいに綺麗に整備して引き渡しているし、嫌みに感じさせずに厄介払いをしてしまう辺りは東急の要領の良い処でしょうか。

静岡清水線は全区間でJR東海道本線と並行していますが、いわゆる「乗換駅」は在りません。一番駅同士が接近するのは草薙(くさなぎ)駅ですが、それでも100m程度は離れています。線路自体は狐ヶ崎駅附近が一番接近していて、JR東海道本線と静鉄とで全くの複々線状態になりますが、この区間にはJR側には駅が在りません。列車の本数の多さと駅数の多さでは、争うまでも無く静岡鉄道の方が圧倒的に有利な立場にあります。なんと言っても静岡県庁、静岡市役所、静岡市清水区役所(旧・清水市役所)などには、静岡鉄道を利用した方が圧倒的に便利です。

傍系会社によるバス路線を持っているのもこの鉄道の強みであり、JR静岡駅発着の大部分のバスは静鉄の新静岡駅始発となります。JR静岡駅発着のバスで新静岡に来ないのは、東口発着の登呂遺跡方面に向かうバスと、西口発着で東名高速道路を通って新宿・東京方面へ向かう高速路線バスのみではなかったかと思いますが、これであっているかな?。登呂遺跡方面へ向かうバスは行き先との位置関係から、西口方に在る新静岡駅には寄越さないだけだと思います。同様に、JR清水駅に発着するバスは、軒並み静岡鉄道の新清水駅に立ち寄るようになっています。