遠州鉄道について

遠州鉄道はJR東海浜松駅に隣接する新浜松(しんはままつ:静岡県浜松市中区)駅から、天竜浜名湖鉄道(旧・国鉄二俣線)との接続駅である西鹿島(にしかじま:静岡県浜松市天竜区)駅まで、18km弱の路線で全線単線電化の路線です。単線とは言うものの浜松市の中心部は高架線になっているし、運転間隔も日中は12分間隔です。江ノ島電鉄も同様でしたが、確か、単線運転での12分間隔運転は限界に近い数字だった筈です。いわゆる都市近郊の鉄道でして、純粋にローカル線的な装いを感じさせられるのは、終点に近い遠州芝本(えんしゅうしばもと)、遠州岩水寺(えんしゅうがんすいじ)から西鹿島にかけての区間のみで、下手な大手私鉄よりも沿線風景は都会的です。特筆すべきは、現有車輛は全て自社発注の新造車輛ばかりで揃えてあるという点でしょうか。現有の旅客用車輌は、全て日本車輌製です。

余りバリアフリーに対する積極的な熱意は感じられず、自動改札も原則として皆無?です。それと言うのも「ナイスパス」と言うIC乗車券を採用しており、JR東日本の「SUICA簡易改札」とようなものが各駅に設置してあるからです。無人駅もかなり多く、集札は車掌さんが行います。当然素早く集札が済まない乗客もいるわけで、それにも拘わらず全線単線で12分間隔で運転できるのですからかなり凄いです。CTC化も1960年代後半(昭和40年代前半)には完了していますから、そう言った安全管理にはかなり配慮が払われているようです。

運行系統は単純な往復のみで、西鹿島行きと新浜松行のみ、途中折り返しはありません。車庫は西鹿島に在るので西鹿島からの新浜松行の最終電車は23:00に発車するのに、新浜松からの西鹿島行き最終電車は23:40とかなり時間がずれています。同様に、始発電車に関しても西鹿島発の新浜松行が5:30なのに対し、新浜松発の西鹿島行き始発は6:08です。全線を走破すると32分掛かるので、西鹿島発の最終電車が新浜松で折り返して西鹿島行きの最終電車となり、同じく西鹿島発の始発電車が新浜松始発の西鹿島行き始発電車となるようにダイヤが組んであるようです。

以前は奥山線と言う762mm軌間のナローゲージの路線もあったのですが、現在では新浜松=西鹿島間の1067mmゲージの格好いい電車が走る路線のみで、この路線自体の名称は「二俣電車線」と言うようです。そうは言っても遠州鉄道が現在でも営業している路線はこれっきりしかないので「遠鉄(えんてつ)電車」と言えば、沿線だったら何処でも通じます。なお、「二俣電車線」の線路は、以前は静岡県浜松市外の浜北市などにも敷設されていたのですが、合併特例法に伴う市町村合併に伴い、今では全線が浜松市内に在ります。静岡市も同様ですが、最北端は長野県境までが浜松市域と言う、広大な街になりました。



QRコード