遠州鉄道ト401型

July 1, 2018.

遠州鉄道ト401型は1923年(大正12年)に改軌・電化した際に製造された2軸無蓋車で、製造元は日本車輛です。同時期に5輛製造され最末期には保線用などに使用されていたらしいのですが、お決まり?のホキ800の導入に伴い廃車されたものを、2000年(平成12年)になって加悦鉄道保存会さんが引き取って来た車輛です。従って京都府与謝郡に在る加悦SL広場に保存・展示されていますが、加悦鉄道自体とは無関係の車輛です。

今になって8年前に撮影した車輛の写真を引っ張り出して来たのは、、、これはもう、単純に撮影したことを失念していただけです。以前にコンテンツ化した?車輛は、複数コマ撮影しているのに使った写真は1枚だけで残りはそのままとか、、、。何も書かずに10年くらい経ってからこっそり写真を上梓しているコンテンツも他にはあるんですが、還暦を過ぎたので多聞に身辺整理を意識し始めている今日この頃です。



遠州鉄道ト404。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
上の写真の車輛は遠州鉄道ト404。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。



遠州鉄道ト404。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
上の写真の車輛は遠州鉄道ト404。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。奥の方に緑色の物体が見えますが、これ、所謂「カトー君」です。



遠州鉄道ト404の製造銘板。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
上は遠州鉄道ト404の製造銘板。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。



遠州鉄道ト404の案内看板。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
上は遠州鉄道ト404の案内看板。この看板に拠れば「ト400」型となっていますが、鉄道ピクトリアル誌の「私鉄車輛めぐり」に拠れば「ト401」型と言う事になっています。微妙な相違ですが、RP誌の遠州鉄道の記事の内容は信用できそうなので、取り敢えずRP誌に従います。余計な話ですが、最近のRP誌の記述は信頼感が極めて高いですが、初期の私鉄車輛めぐりの記述は噴飯モノ連発だったので無批判に信用するわけには行きません。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。



QRコード