近江鉄道について

May 10, 2008.

近江鉄道は琵琶湖湖東の平野部有数の都邑である八日市(ようかいち)から、彦根(ひこね)、米原(まいばら)、近江八幡(おうみはちまん)、貴生川(きぶかわ)を結ぶ、全長60km程の鉄道会社で、西武鉄道系資本の会社です。実際に、路線バスやモハ220はライオンズカラーに塗られているし、電車の主力である800系は西武鉄道と同様の黄色塗りになっています。

路線は米原(まいばら)=彦根(ひこね)=高宮(たかみや)=八日市(ようかいち)=日野(ひの)=貴生川(きぶかわ)間を結ぶ本線と、高宮=多賀大社(たがたいしゃ)間を結ぶ多賀線、八日市=近江八幡(おうみはちまん)間を結ぶ八日市線からなります。但し、実際の運行面は米原=八日市=近江八幡系統が主力です。多賀線は兎も角も、本線の八日市=貴生川間は支線的な存在です。

路線は全て、滋賀県内に敷設されています。米原、彦根はJR東海道本線の同名駅と同じ場所、ないしはほぼ同じ場所に在り、貴生川はJR草津線・信楽高原鉄道の同名駅と同じ場所に在ります。当社線内での最大のターミナル駅である八日市では、他社線との接続はありません。

この内の八日市線は元来は独立した別個の鉄道会社だったのですが、戦時統合を経て近江鉄道に加わります。然しながら皮肉なもので、現時点では八日市線の区間が最も乗客が多く、運転頻度も高いです。極めて大雑把ですが、平日の日中は本線は1時間に1本程度、多賀線は1時間に2本程度、八日市線の運転頻度は1時間に3本程度となります。

但し、この八日市線は不思議なダイヤ編成で等間隔でなく、10分後に発車する列車もあれば、次の列車まで30分も間が開く、と言うようなダイヤを日中に数時間繰り返します。何らかの理由があってのことだとは思いますが、なんとも不思議なダイヤです。



近江鉄道路線概念図。2006年(平成18年)6月作成。
使用される車輛は片運転台20m車2連と、両運転台16m車単行のいずれかです。以前は本線の八日市=貴生川間にレールバスが運転されていたのですが、現在では全て電車だけで運転されています。16m両運転台車は元来はレールバスの置き換え用として製造されたようですが、昼間閑散時にはそれ以外の区間も走ります。反面、20m車2連が閑散区間に運転されることもあり、運用は必ずしも一定の法則性があると言うことでも無いようです。車輛は全て自社の彦根工場で製造されたか、改造したものです。この工場の技量は高く、かつての静岡鉄道の長沼工場に匹敵するものと考えて良いでしょう。

現在では旅客営業のみで貨物営業は行われていません。その割には物持ちが宜しいのか、古い車輛も大事にする気風が強いのか、彦根(ひこね)駅にざっと電気機関車が10輛、廃車後も保存されています。イベント用や本線用であるようです。貨車は彦根(ひこね)駅と高宮(たかみや)駅に分散保管されていて、合計すれば20輛は越えるようです。なんと、その貨車の中には松葉スポーク車輪を履いた車輛まで居るのですから少々びっくりです。

こんなことを書いてしまうと鉄道会社には失礼かもしれないですが、これらの廃車を見るためだけでも、近江鉄道には乗りに行く価値があります。願わくばどうか、これらの廃車群が末永く安泰で居ますように。



QRコード