クモハ351型とサハ1311型

June 17, 2004.

西武鉄道クモハ351型は1954年(昭和29年)より所沢工場で製造された車輛で、17m級車体の電動車です。当初はモハ501を名乗っていましたが、後に新型車に追われてモハ501→クモハ411→クモハ351と名前を変えて行きます。

当初は2輛のクモハの中間に20m車のサハ1501を2輛挟んだ4輛編成でしたが、最終的には多摩湖線で中間に17m車のサハ1311を1輛挟んだ2M1Tの編成で使用されていました。多摩湖線の国分寺駅は17m車3連までしか入線できなかったために、最末期までクモハ351のような中型車に活躍の余地があったとも言えます。廃車後は一部の車輛が上毛電気鉄道に譲渡されてデハ230型・クハ30型として使用されました。



西武鉄道クモハ351型。1988年(昭和63年)5月、西武鉄道多摩湖線萩山(はぎやま:東京都東村山市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クモハ351型。1988年(昭和63年)5月、西武鉄道多摩湖線萩山(はぎやま:東京都東村山市)駅付近にて撮影。



西武鉄道サハ1311型。1988年(昭和63年)5月、西武鉄道多摩湖線萩山(はぎやま:東京都東村山市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道サハ1311型。1988年(昭和63年)5月、西武鉄道多摩湖線萩山(はぎやま:東京都東村山市)駅付近にて撮影。

こちらは中間車のサハ1311型です。全体としてはシル・ヘッダー付きですが、左端の乗降用扉から妻面までの間のみノーシル・ノーヘッダーです。明らかに乗務員室周辺を改造して中間車化したことがわかります。

このサハ1311型は戦災復旧車のモハ30、モハ31、モハ50、クハ65辺りを改装した311系をサハ化した車輛です。上述の通り、多摩湖線の国分寺駅には17m車3連までしか入線できなかったために、クモハ351の中間に連結するために改造された車輛です。車体そのものはクモハの方が新し目ですが、乗降用扉はサハの方が新し目です。



西武鉄道モハ505。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて、許可を得て撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ505。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて、許可を得て撮影。登場時のモハ501型に復元・保存されている車輛です。



西武鉄道モハ505。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて、許可を得て撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ505。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて、許可を得て撮影。登場時のモハ501型に復元・保存されている車輛です。



3号機関車

Sept 22, 2007.

西武鉄道3号機は振り出しまで遡ると、湊町(JR難波)=奈良間、大阪=天王寺間などに路線を有していた初代・大阪鉄道がダブスから2輛購入した蒸気機関車で車軸配置はコロンビア(2-4-2/1B1)で、製造は1891年(明治24年)です。この初代・大阪鉄道は二代目の大阪鉄道とは全くの別会社で、二代目の方は現在の近鉄南大阪線などの前身となった会社です。この機関車を購入した初代・大阪鉄道は1900年(明治33年)に関西鉄道に買収され、さらに関西鉄道自体も1907年(明治40年)に国有化されるので、この機関車も国有化され220型と言う形式番号を付与されます。

この機関車は鉄道作業局の形式でA8と呼ばれる機関車の範疇に入り掛かっている?ような車輛なので、500型(ダブス製)、600型(ナスミス・ウィルソン製)、700型(ヴァルカン・ファンドリー製)などの同族となりますが、この種の機関車の中では全ての点で最も小型です。例えば、500型が全長9558mm、最大動輪軸重が13.2tであるのに対して、この車輛は全長8433mm、最大動輪軸重が9.1tとなっています。イギリス製の機関車としては、と言うか、この種の小型機関車としては珍しくもワルシャート式のバルブギヤを使っている点が最大の特徴でしょうか。

2輛の内、西武鉄道の3号機となった車輛は220型220号で、1917年(大正6年)に多摩川線の前身である多摩鉄道に払い下げられ、後に多摩鉄道は西武鉄道に買収されたために、この機関車は西武鉄道の二代目3号機となります。更に、1956年(昭和31年)には日本ニッケル上武鉄道に譲渡され8号機となりますが、1965(昭和40年)に廃車された後に西武鉄道に戻されて、現在では東京都豊島区に在る豊昭学園昭和鉄道高校に静態保存されています。220型221号になった車輛は、小野田鉄道に払い下げられた後に車体の軽さを生かしてなんと762mmゲージに改軌され、中国に送られその後の消息は不明のようです。



西武鉄道3号機。2007年(平成19年)9月、豊昭学園昭和鉄道高校(ほうしょうがくえん・しょうわてつどうこうこう:東京都豊島区)にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道3号機。2007年(平成19年)9月、豊昭学園昭和鉄道高校(ほうしょうがくえん・しょうわてつどうこうこう:東京都豊島区)にて撮影。この車輛の写真は文化祭の際に愚息が撮影してきてくれたものです。うっかりしていて広角レンズを渡し忘れていたために、撮影にはかなり苦労させてしまったようです。



西武鉄道3号機。2007年(平成19年)9月、豊昭学園昭和鉄道高校(ほうしょうがくえん・しょうわてつどうこうこう:東京都豊島区)にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道3号機。2007年(平成19年)9月、豊昭学園昭和鉄道高校(ほうしょうがくえん・しょうわてつどうこうこう:東京都豊島区)にて撮影。この写真も上の写真同様、愚息の手になるものです。



西武鉄道E31型

Feb 14, 2009.

西武鉄道E31型は1986年(昭和61年)から1987年(昭和62年)に掛けて全部で4輛が製造された電気機関車です。台車は国鉄80系電車(いわゆる湘南電車)からの廃車発生品であるDT20Aに砂箱を取り付けて使用し、主電動機はクモハ351型の廃車発生品を使用しています。全長11m、車体重量40t程の可愛い機関車です。



西武鉄道E31。2012年(平成24年)4月、西武鉄道秩父線横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて許可を得て撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E31。2012年(平成24年)4月、西武鉄道秩父線横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて許可を得て撮影。



西武鉄道E32他。2009年(平成21年)2月、西武鉄道池袋線小手指(こてさし:埼玉県所沢市)検車区にて許可を得て撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E32他。2009年(平成21年)2月、西武鉄道池袋線小手指(こてさし:埼玉県所沢市)検車区にて許可を得て撮影。この写真は愚息が撮影してきてくれました。



西武鉄道E34他。2009年(平成21年)2月、西武鉄道池袋線小手指(こてさし:埼玉県所沢市)検車区にて許可を得て撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E34他。2009年(平成21年)2月、西武鉄道池袋線小手指(こてさし:埼玉県所沢市)検車区にて許可を得て撮影。この写真は愚息が撮影してきてくれました。



DT20A台車。2009年(平成21年)2月、西武鉄道池袋線小手指(こてさし:埼玉県所沢市)検車区にて許可を得て撮影。
上の写真はE31型が履いているDT20A台車です。2009年(平成21年)2月、西武鉄道池袋線小手指(こてさし:埼玉県所沢市)検車区にて許可を得て撮影。この写真は愚息が撮影してきてくれました。



西武鉄道E41型

July 1, 2006.

西武鉄道E41型は浅野資本の鉄道会社である青梅電鉄がEE(イングリッシュ・エレクトリック)から購入した1010型機関車が出自となる形式です。合計4輛あり、最終的には全車輛を西武鉄道が引き取るのですが、現在では1輛のみJRに出戻って、新鶴見機関区にて保存しているようです。

青梅電鉄1010型の内の番号の若い2輛(1011と1012)は1952年の大改番を待たずに西武鉄道に払い下げられますので国鉄制式機としての番号?を持ちません(国鉄時代も1011と1012を名乗っています)。



西武鉄道E42。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E42(青梅電鉄1012)。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ)駅付近にて撮影。



西武鉄道E43。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて、許可を得て撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E43(青梅電鉄1013→国鉄ED361)。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて、許可を得て撮影。

こちらも青梅電鉄の1010型ですが、1013と1014は1952年の大改番後も国鉄に残留していたために、ED36と言う制式機としての番号?を持っています。上の写真のE43は国鉄時代はED361だった車輛で、遡ると青梅電鉄1013となります。



西武鉄道E43。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて、許可を得て撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E43(青梅電鉄1013→国鉄ED361)。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて、許可を得て撮影。



西武鉄道E44。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E44(青梅電鉄1014→国鉄ED362)。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。

こちらも青梅電鉄の1010型ですが、上のE43と同じく国鉄機としての制式形式番号を持った車輛です。



西武鉄道E61型

July 1, 2006.

西武鉄道E61型は鉄道省が電化初期にサンプル的にGE(ジェネラル・エレクトリック)から6輛輸入したうちの1輛です。6輛の内訳は1010型(ED11)が2輛、1060型(ED14)が4輛です。上の写真のE61はED111だった車輛で、ED112だった車輛はそのまま国鉄に残留して浜松工場の入換車となり、後にJR東海が運営する佐久間レールパークに保存された後にリニア鉄道館に移設され、現在に至ります。



西武鉄道E61。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E61(鉄道省1010→国鉄ED11)。1983年(昭和58年)4月、所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



西武鉄道E61。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて許可を得て撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E61(鉄道省1010→国鉄ED11)。2011年(平成23年)11月、西武鉄道横瀬車輛基地(よこぜしゃりょうきち:埼玉県秩父郡横瀬町)にて許可を得て撮影。



西武鉄道E851型

July 1, 2006.

西武鉄道E851型は、いわゆる民鉄の機関車としては最大、最強の機関車で、1969年(昭和44年)の三菱製です。台車や制御機器などは、国鉄のEF81と同じものが使用されています。但し、「最大最強」とは言っても、さすがに普通の電鉄会社が使う車両なので、軸重まで最大と言うわけではありません。



西武鉄道E851型。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道E851型。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



西武鉄道ワフ1型

July 1, 2006.

西武鉄道ワフ1型はワフとは言うものの、果たして貨物室を本来の用途に使っていたかどうかは定かではありません。単に車掌車としてのみ使っていたんじゃないかと思います。軒並み凸型車掌車ばかりの東武鉄道や、ヲキフばかりが目立つ秩父鉄道などと好対照です。



西武鉄道ワフ3とワフ6。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛はワフ3とワフ6。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



西武鉄道ワフ9、ワフ4、ワフ7。1983年(昭和58年)4月、西武鉄道所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛はワフ9、ワフ4、ワフ7。1983年(昭和58年)4月、所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



パスネットの印字一覧表

路線名駅名読み方乗車時降車時調査日
新宿線高田馬場たかだのばば
SB場2007.10.27.
新宿線・拝島線小平こだいら小平
2007.10.27.
拝島線・多摩湖線萩山はぎやま萩山萩山2007.10.27.
拝島線・国分寺線小川おがわ小川小川2007.10.27.
拝島線拝島はいじま西武拝島拝島2007.10.27.