西武鉄道001系

Feb 1, 2020.

西武鉄道001系は2019年(平成31年)3月から使用されて特急用車輛です。外観は運転台周辺の意匠は少々奇抜ですが、車輛自体はそれほどおかしなことはやっていません、、、まぁ、看板列車で余り奇妙なことをする会社もないでしょうな。最終的に8連が7編成=56輛製造される予定らしいです。「ラビュー(Laview)」と言う愛称を有します。

10000系(NRA)の後継車輛として製造されていますが、10000系が7輛編成であったのに対し、001系の方は8輛編成で正面に非常口を有します。一説に拠ると地下鉄乗り入れを想定しているらしいのですが、、、多分その通りなんでしょう。想定される乗り入れ先は東京メトロ有楽町線と副都心線で、どちらにも既に、40000系を使用した「Sトレイン」が運転されている(運転された)実績があり、指定席券売機も設置されているので、後は001系を乗り入れさえすれば済む話なので、実現可能性はかなり高いように思います。

そのせいもあってか、乗降用扉が全て車端部には無くてやや車体内側に入った箇所に在ります。ホームドアが設置されている駅に停車する際に、既存の4扉通勤車が使っているホームドアが「残り3扉を閉鎖する」と言う使い方をすればそのまま使えるようにしてあるかららしいですが、これは都市伝説だったとしてもかなり確度の高い都市伝説じゃないかと思います。

10000系は7輛編成が12本製造されていますから単純に全数を001系で置き換えるには車輛が足りませんが、置き換え対象となっているのは池袋線で使用されている車輛のみなので、当面は新宿線の特急「小江戸」は10000系のままで運転されるようです。この文章を書いている時点では既に5編成が就業している筈ですから、現在の池袋線では概ね3本に2本が001系での運行です。

車番の振り方は飯能・西武球場方から001-A1、001-A2,001-A3となり、池袋・西武秩父方が001-A8となります。「A」の部分が編成番号に相当するモノで、「A」が第1編成、「B」が第2編成となり、8編成製造する予定なので、最終編成が001-H1、001-H2、、、となる筈です。飯能・西武球場方の先頭車は「クハ001-1型」、池袋・西武秩父方の先頭車は「クハ001-8型」と言う事なんでしょうか?。よく見れば「系列+編成番号+車番」と言う並び方なので、物凄く奇抜な番号の付け方でもないですけど。編成は前後対象で、クハ+モハ+モハ+サハ+サハ+モハ+モハ+クハの8連で、モハは全て中間電動車で170kWのモーターを4基有します。



001-1型

Feb 1, 2020.

西武鉄道001-1型は飯能・西武球場方に連結されるクハです。車椅子対応トイレや洗面所などのアメニティー関連施設、更に車いす用座席などを有しているために乗車定員はかなり少なくて26名です。同じクハであっても、反対側に連結される001-8型は乗車定員が48名となっています。001系の中で、この車輛のみは乗客用扉が池袋・西武秩父方に設置されています。10000系(NRA)はこの位置に連結される車輛(クハ10100)は前後2扉にしてありましたが、車内装備を考えると001-1型は座席が少なくなり過ぎるので2扉化することは無理のようです。

西武鉄道001-A1。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-A1。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。この車輛は第1編成なので「A」と言う編成記号を使っており、フルネーム?が「001-A1」となっています。



西武鉄道001-C1。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-C1。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。



001-2型

Feb 1, 2020.

西武鉄道001-2型は飯能・西武球場方から2輛目に連結されるモハで、乗車定員は60名です。この車輛以降、001系の中間車は例外的な車輛を除けば乗車定員はいずれも60名です。パンタグラフはシングルアームのモノを1基、飯能・西武球場方に装備しています。001系の中で、この車輛以降の001-8型に至るまで乗客用扉は飯能・西武球場方に設置されています(001-1型のみ乗客用扉は池袋・西武秩父方に設置されています)。

西武鉄道001-C2。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-C2。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。



西武鉄道001-D2。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-D2。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



001-3型

Feb 1, 2020.

西武鉄道001-3型は飯能・西武球場方から3輛目に連結されるモハで、乗車定員は60名です。パンタグラフはありません。

西武鉄道001-C3。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-C3。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。



西武鉄道001-D3。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-D3。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



001-4型

Feb 1, 2020.

西武鉄道001-4型は飯能・西武球場方から4輛目に連結されるサハで、乗車定員は60名です。サハ乍らパンタグラフを持っており、シングルアームのモノを飯能・西武球場方に1基装備しています。

西武鉄道001-C4。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-C4。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。



西武鉄道001-D4。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-D4。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



001-5型

Feb 1, 2020.

西武鉄道001-5型は池袋・西武秩父方から4輛目に連結されるサハで、乗車定員は48名です。洗面所やらなにやら、アメニティ関連の装備を持たせているので、他の中間車よりも乗車定員は12名分少ないです。但し、この車輛のトイレは001-1型(飯能・西武球場方に連結されるクハ)とは異なり車椅子対応ではありません。

西武鉄道001-A5。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-A5。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。この写真の左端の窓のない部分がアメニティ関連施設を集中させている場所で、001系ではこの車輛以外にも飯能・西武球場方に連結されるクハ001-1型に同様の設備を持たせてあります。



西武鉄道001-C5。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-C5。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅付近にて撮影。



西武鉄道001-D5。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-D5。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



001-6型

Feb 1, 2020.

西武鉄道001-6型は池袋・西武秩父方から3輛目に連結されるモハで、シングルアームパンタを1基装備しており、設置場所は飯能・西武球場方です。乗車定員は60名です。

西武鉄道001-C6。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-C6。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。



西武鉄道001-D6。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-D6。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



001-7型

Feb 1, 2020.

西武鉄道001-7型は池袋・西武秩父方から2輛目に連結されるモハで、パンタグラフはありません。定員は60名です。

西武鉄道001-C7。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-C7。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。



西武鉄道001-D7。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-D7。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



001-8型

Feb 1, 2020.

西武鉄道001-8型は池袋・西武秩父向きのクハで、定員は48名です。同じクハであっても、車内装備の関係で001-1型ほどには定員は少なくありません。

西武鉄道001-A8。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-A8。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



西武鉄道001-C8。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-C8。2020年(令和2年)2月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。



西武鉄道001-C8。2020年(令和2年)3月、西武鉄道池袋線清瀬(きよせ:東京都清瀬市)駅=秋津(あきつ:東京都武蔵村山市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-C8。2020年(令和2年)3月、西武鉄道池袋線清瀬(きよせ:東京都清瀬市)駅=秋津(あきつ:東京都武蔵村山市)駅間にて撮影。



西武鉄道001-D8。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道001-D8。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



西武鉄道001系が履くKW217台車。2020年(令和2年)2月、クハ001-C1が履いているモノを2020年(令和2年)2月に池袋線飯能駅で撮影。
西武鉄道001系が履くKW217型台車。電動車用はKW217M、付随車用はKW217Tとなります。外観は、、、相違点はあるのでしょうが、私が見た限りでは判りませんでした。上の写真の台車はクハ001-1が履いているKW217T台車です。明るくはっきり写るように、、、と思って小細工したら露出オーバーでさっぱりはっきりしない写真になってしまいました。なんだかなぁ。2020年(令和2年)2月に、クハ001-C1が履いているモノを池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅で撮影しています。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁