西武鉄道20000系について

Apr 1, 2015.

西武鉄道20000系は1999年(平成11年)から2005年(平成17年)にかけて製造された、アルミ車体の車輛です。10連貫通固定編成と8連貫通固定編成がありますが、MT比はどちらも1:1になります。型式は編成位置によって同じ車種でも異なりますが、西武新宿・飯能方がクハ20100で、20200、20300、と続き、本川越・拝島・池袋・西武秩父方がクハ20000で、この辺りは10連も8連も共通です。10連編成は途中欠番はありませんが、8連編成はモハ20500とサハ20600に相当する車輛が欠番になっています。増結用の2連貫通固定編成や、4連貫通固定編成などはありません。

6000系などとは異なり地下鉄乗り入れを意識していない自社線内線用の車輛なので、正面は非貫通となっています。この辺りは後継の30000系と相通ずる処です。側面の形状を勘案すると、実態としては6000系の非貫通仕様と考えて宜しいでしょう。地下鉄乗り入れ用の6000系を造り終えたので、引き続き地上線専用の20000系の製造に移ったと言う事なのかも?。



クハ20000型・クハ21000型

July 1, 2019.

西武鉄道クハ20000型は本川越・池袋・拝島向きのクハ、クハ20100型は飯能・西武新宿向きのクハです。20000系の運転台付き車輛はこの2型式のみで、クモハの設定はありません。10連編成用の車輛は0番代で、8連編成用の車輛は50番代となります。

西武鉄道クハ20001。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20001。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。この車輛は10連編成用のクハですが、偶然にも撮影できたトップナンバー車です。これで2019年(令和元年)のツキは使い果たしました。



西武鉄道クハ20007。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20007。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。この車輛は10連編成用のクハです。



西武鉄道クハ20051。2020年(令和2年)3月、西武鉄道池袋線清瀬(きよせ:東京都清瀬市)駅=秋津(あきつ:東京都武蔵村山市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20051。2020年(令和2年)3月、西武鉄道池袋線清瀬(きよせ:東京都清瀬市)駅=秋津(あきつ:東京都武蔵村山市)駅間にて撮影。この車輛は8連編成用のクハなので50番代となっています。



西武鉄道クハ20052他。2007年(平成19年)10月、西武鉄道新宿線小平(こだいら:東京都小平市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20052他。2007年(平成19年)10月、西武鉄道新宿線小平(こだいら:東京都小平市)駅付近にて撮影。



西武鉄道クハ20101。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20101。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。クハ20001の写真のキャプションに「偶然にも撮影できたトップナンバー車で2019年(令和元年)のツキは使い果たた」と言うような事を書きましたが、、、ツキ云々以前に"風邪をひく"と言うお釣が来てしまいました。流石に真冬に1時間以上屋外で立ちっ放しで撮影するのが辛いお年頃になりました。



西武鉄道クハ20102。2016年(平成28年)1月、西武鉄道新宿線東村山(ひがしむらやま:東京都東村山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20102。2016年(平成28年)1月、西武鉄道新宿線東村山(ひがしむらやま:東京都東村山市)駅にて撮影。



西武鉄道クハ20104他10連。2007年(平成19年)10月、西武鉄道新宿線小平(こだいら:東京都小平市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20104他10連。2007年(平成19年)10月、西武鉄道新宿線小平(こだいら:東京都小平市)駅付近にて撮影。



西武鉄道クハ20107。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20107。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道クハ20151他8連。2009年(平成21年)2月、西武鉄道小手指(こてさし:埼玉県所沢市)検車区構内にて許可を得て撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20151他8連。2009年(平成21年)2月、西武鉄道小手指(こてさし:埼玉県所沢市)検車区構内にて許可を得て撮影。この写真は愚息が撮影してきてくれました。この車輛も西武新宿向き(上り向き)のクハ20100型ですが、8連用のクハなので50番代となっています。クハに限らず、8連編成に組み込まれる車輛は全て50番代車です。



西武鉄道クハ20153。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20153。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅にて撮影。



西武鉄道クハ20156他8連。2007年(平成19年)10月、西武鉄道拝島線萩山(はぎやま:東京都東村山市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道クハ20156他8連。2007年(平成19年)10月、西武鉄道拝島線萩山(はぎやま:東京都東村山市)駅付近にて撮影。「拝島線」と言うのは、以前の「上水線」をJRとの接続駅である拝島(はいじま)まで延長した路線で、新宿線の小平(こだいら)から分岐する路線です。



モハ20200型・モハ20800型

June 1, 2017.

西武鉄道モハ20200型・モハ20800型はVVVF制御器を有する中間電動車です。10連編成にも、8連編成にも、どちらにも連結されます。後述のモハ20300型・モハ20900型とユニットを組みます。シングルアームパンタグラフを1基有し、パンタグラフの取り付け位置はユニットの外側です。

西武鉄道モハ20201。2017年(平成29年)5月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20201。2017年(平成29年)5月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。



西武鉄道モハ20207。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20207。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道モハ20801。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20801。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道モハ20807。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20807。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道モハ20851。2020年(令和2年)3月、西武鉄道池袋線清瀬(きよせ:東京都清瀬市)駅=秋津(あきつ:東京都武蔵村山市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20851。2020年(令和2年)3月、西武鉄道池袋線清瀬(きよせ:東京都清瀬市)駅=秋津(あきつ:東京都武蔵村山市)駅間にて撮影。この車輛は8連編成用なので50番代となっています。



モハ20300型・モハ20900型

May 1, 2018.

西武鉄道モハ20300型・モハ20900型は静止インバータやコンプレッサと言った補機類を有する中間電動車です。10連編成にも、8連編成にも、どちらにも連結されます。前述のモハ20200型・モハ20800型とユニットを組み、パンタグラフは有しません。

西武鉄道モハ20301。2018年(平成30年)4月、西武鉄道池袋線入間市(いるまし:埼玉県入間市)駅=仏子(ぶし:埼玉県入間市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20301。2018年(平成30年)4月、西武鉄道池袋線入間市(いるまし:埼玉県入間市)駅=仏子(ぶし:埼玉県入間市)駅間にて撮影。



西武鉄道モハ20307。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20307。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道モハ20901。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20901。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道モハ20907。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20907。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道モハ20951。2020年(令和2年)3月、西武鉄道池袋線清瀬(きよせ:東京都清瀬市)駅=秋津(あきつ:東京都武蔵村山市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20951。2020年(令和2年)3月、西武鉄道池袋線清瀬(きよせ:東京都清瀬市)駅=秋津(あきつ:東京都武蔵村山市)駅間にて撮影。この車輛は8連編成用なので50番代となっています。



モハ20500型

June 1, 2017.

西武鉄道モハ20500型は10連編成にのみ連結される中間電動車です。機器構成からするとM単車のようで、8連編成では欠車です。パンタグラフはシングルアームのモノを1基有し、取り付け位置は飯能・西武新宿方です。

西武鉄道モハ20501。2017年(平成29年)5月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20501。2017年(平成29年)5月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。



西武鉄道モハ20507。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道モハ20507。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



サハ20400型・サハ20600型・サハ20700型

June 1, 2017.

西武鉄道20000系にはサハが3車種あり、10連では3輛とも連結されます。8連ではサハ20600型が欠車となります。10連で使用されるサハ20600型のみコンプレッサを有します。10連にも8連にも使用されるサハ20400とサハ20700にはコンプレッサはありません。

西武鉄道サハ20401。2017年(平成29年)5月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道サハ20401。2017年(平成29年)5月、西武鉄道池袋線飯能(はんのう:埼玉県飯能市)駅にて撮影。



西武鉄道サハ20407。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道サハ20407。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道サハ20601。2018年(平成30年)4月、西武鉄道池袋線入間市(いるまし:埼玉県入間市)駅=仏子(ぶし:埼玉県入間市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道サハ20601。2018年(平成30年)4月、西武鉄道池袋線入間市(いるまし:埼玉県入間市)駅=仏子(ぶし:埼玉県入間市)駅間にて撮影。



西武鉄道サハ20607。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道サハ20607。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道サハ20701。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道サハ20701。2019年(令和元年)12月、西武鉄道池袋線所沢(ところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



西武鉄道サハ20707。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は西武鉄道サハ20707。2019年(令和元年)5月、西武鉄道新宿線新所沢(しんところざわ:埼玉県所沢市)駅付近にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁