小湊鉄道について

Apr 1, 2016.

小湊鉄道は東京湾沿いの、国鉄房総西線の五井(ごい)駅から千葉県市原郡・夷隅郡を縦断し、養老渓谷を経て太平洋岸の安房郡小湊町を結ぶ計画で着工された鉄道です。実際には出資者の大部分が養老川流域の住人(=地主層など)であることや、現在の終点である上総中野以遠を建設するとなると安房山地を越えて行かなければならない=自分たちと生活と無関係の場所の工事に膨大な費用が掛かるために莫大な建設費が必要とされることから、現在の終点(=上総中野)までたどりついた時点で建設は終わります。

計画の段階では市原郡=夷隅郡=安房郡に線路を敷設して房総半島を縦断する構想だったものの、実際にこの構想をぶち上げた人々は市原郡の人ばかり、結果的には市原郡内の鉄道に終始します。経済圏が違うと言いますか、五井=養老渓谷間は全区間が養老川流域で千葉県市原郡内ですが、養老渓谷駅を出てちょっと越えた辺りから終点の上総中野までの間のみが千葉県夷隅(いすみ)郡に入ります。市原郡以外の場所と言えばこの区間のみで、終点の上総中野では国鉄木原線(≒いすみ鉄道)に接続します。

地縁血縁の希薄な安房郡小湊町までの路線敷設を考えたのは、良くありがちな壮大な構想と、観光名所?とも言うべき小湊誕生寺への参拝客輸送を考えていたのでしょう。誕生寺と言うのは日蓮上人の生誕地であり、一旦は出資を引き受けたようです。但し、後に出資は断っているようです。鉄道省の線路(=房総東線)が開通してしまえば自前のローカル鉄道に拘わる必要性は無くなってしまいますから、、、。

房総西線が五井を経て姉ヶ崎まで開通したのが1912年(明治45年)、小湊鉄道が五井=小湊間の免許出願をしたのが1913年(大正2年)、同じく小湊鉄道が上総中野まで開通したのが1928年(昭和3年)、房総東線が安房小湊を経由して安房鴨川まで開通したのが1929年(昭和4年)、木原線が上総中野まで開通したのが1934年(昭和9年)です。上総中野と大原での乗り換えを許せば、免許出願から約20年後、最初の営業区間である五井=里見間が開通してから約10年後には鉄道利用で五井から安房小湊までたどり着くことが出来ます。こうなってしまうと無理して頑張って線路を敷設する意味はなくなってしまう訳で、1936年(昭和11年)には上総中野=安房小湊間の路線免許は失効して現在に至ります。

結局の処、金沢と名古屋の間に線路を敷設する構想をぶち上げ乍ら石川県内の路線に終始した金名(きんめい)鉄道や、山陰地方縦断をぶち上げた大社宮島鉄道(→出雲鉄道→一畑電鉄立久恵線)のような結果となるのですが、決定的な違いは東京都心に近い場所に路線を持っているかどうかと言う点でしょうか。



小湊鉄道の路線図です。2006年(平成18年)2月作成。
因みに、小湊鉄道の各駅の中で、最も乗降客が多いのはJRとの接続駅である五井ではなくて、中間地点の上総牛久(かずさうしく)だそうです。五井発着の列車の内のかなりの部分が牛久折り返しになることも併せて、結局はこの区間に沿線の人口が集中していると言うことが判ります。

もう一つには、五井からJRに乗った処で延々と東京湾沿いを迂回して千葉なり、東京駅なりに行くしか無いのに対して、上総牛久に出てくれば東京湾アクアライン経由の高速バスに乗り換えることが出来、JR利用よりも早く、安く、快適な高速バスに乗り換えることが出来て、東京駅以外にも羽田空港へでも乗り換え無しで往来することが可能ですから、乗客が集まることは当然とも言えます。五井からもアクアライン経由で東京やら羽田やらに行くバスは運転されていたように思いますが、上総鶴舞駅近くに圏央道のインターチェンジが出来た今となってはちょっと、ねぇ。

京成電鉄が小湊鉄道の発行済み株式の約20%を取得していることもあって、気動車の塗装色は昔の京成色?になっています。一応は京成グループの一翼を担っていると言うことではあるらしいのですが、実際には相互に株式を持ち合っている九十九里(くじゅうくり)鉄道との結びつきの方が強く、バスの塗装色は共通になっています。小湊・九十九里グループと言った処でしょうか。



上総鶴舞(かずさつるまい:千葉県市原市)駅に進入する養老渓谷(ようろうけいこく)駅発五井(ごい:千葉県市原市)行きのキハ200型単行列車。2004年(平成16年)8月撮影。
小湊鉄道上総鶴舞(かずさつるまい:千葉県市原市)駅に進入する養老渓谷発五井行きのキハ200型単行列車。2004年(平成16年)8月撮影。



同様の経緯で元来は夷隅(いすみ)軌道として建設されていた国鉄木原線(木更津=大原の意)も夷隅郡内の地域交通の域を脱せずに大原=上総中野間の路線に終始し、現在ではいすみ鉄道と名乗る第3セクターとして営業していることは上述の通りです。

つまり、小湊鉄道も木原線も当初から、それぞれが養老川流域の地域交通機関、ないしは夷隅郡内の地域交通機関であったわけで、小湊鉄道の小湊延長計画も、木原線の木更津延長計画もどちらかと言えば掛け声程度に過ぎなかったのではないかと思うわけです。形の上では途中の上総中野駅で挫折したもの同士が顔を合わせているわけですが、実は大して悲壮でも無いし、残念至極な話でも無いのでは?と想像しています。

小湊鉄道の路線は、定石通りに省線に接続する五井方から、五井=里見(さとみ)間が1925年(大正14年)3月、里見=月崎間が1926年(大正15年)9月、月崎=上総中野間が1928年(昭和3年)5月を開業させています。第1期の開業区間の終点である里見とは、有名な曲亭馬琴(瀧澤興邦のペンネーム)の「南総里見八犬伝」の里見、だと思います。

但し、物語の上での舞台は安房国である筈で、実際には小湊鉄道の里見駅の在る場所は上総国ではないか?と思うわけです。私は千葉県とは殆んど縁も所縁も無く過ごしてきましたので、この辺の事情の真偽の程には大した確証があるわけではありませんので、単に書き散らかしておくのみとしますが、現実に小湊鉄道には「上総**」と名乗る駅は在っても「安房**」と名乗る駅は無いですから、大外れと言うことも無さそうです。

小湊鉄道自体は京成電鉄の系列会社であるようですが、経営状態が悪化した際に京成が株式の放出をやったために、現時点では影響は限定的で、少なくとも京成電鉄の連結決算子会社にはなっていないです。営業地盤の近い九十九里鉄道も同様の状況にあり、現在では小湊鉄道との株式の持ち合いをしているそうです。要するに、小湊鉄道と九十九里鉄道とで「小湊グループ」とも言うべき企業集団を形成しているようです。そのせいもあってか、小湊鉄道も九十九里鉄道も、路線バスの色は共通になっておりカナック色(=いわゆる京成色)ではありません。

その反面で、小湊鉄道の営業用の気動車であるキハ200型は塗装色が京成電鉄の旧塗装色と共通で、正面の意匠は京成電鉄の3200型と類似性が高いです。キハ200の方が外観や塗装を大幅に変えたりしていないからですが、京成電鉄と小湊鉄道の結び付きがもっと強かった時代の名残とも言えます。もっとも下半分赤系統色・上半分肌色系統と言う塗り分けは国鉄の気動車が先鞭を付けて以来全国的に流行しましたから、京成電鉄との資本的な結びつきに拘わらず、この配色になっていたのかも知れないです。



上総鶴舞駅のこと

Aug 28, 2004.

上総鶴舞(かずさつるまい:千葉県市原市)は旧遠江浜松藩から転封されてきた井上正直率いる鶴舞藩20000石の城下町です。この辺りは徳川幕府の時代には譜代小藩の集中している場所で、周辺には久留里藩30000石、大多喜藩20000石、一宮藩13000石などが散在します。



上総鶴舞駅の駅名標です。2004年(平成16年)8月撮影。
上述の第1期の開通区間である五井=里見間に含まれ、あと数駅で当初の終点である里見駅に辿り着くと言う場所です。五井=上総中野間が全通している現在では運賃上?丁度中間の場所でして、上総鶴舞駅から乗車すると、五井まで乗っても¥770、上総中野まで乗っても¥770です。

反面、小湊鉄道の運行上の中間点はこの上総鶴舞駅ではなくて、2駅ほど五井寄りの上総牛久駅となります。以前は、と言っても40年程前までは大部分の列車が五井=上総中野間の直通運転でした。途中折り返しと言えば月崎、上総鶴舞、馬立、上総山田などで折り返す列車がパラパラとあった程度ですが、現在では全線を走り通す列車は1日に5本程度でしかありません。

非常に大雑把ですが五井を出る列車が5本あったとして、その内の3本が上総牛久折り返し、1本が養老渓谷折り返し、残りの1本だけが上総中野までの直通列車、と言う程度の比率ですから、全体の2割程度でしかありません。

同様に、上総鶴舞駅には1日に数本しか路線バスがやって来ません。上総牛久駅には普通の路線バスのほかにも、東京湾アクアライン経由で羽田空港・横浜駅へ行くバスもやって来ます。規模が小さいとは言え駅前の街道筋に商店街やちょっとした郊外型スーパーマーケットが在る上総牛久駅と、そもそも商店らしきものすらない上総鶴舞駅とでは、今となっては比較にならないようです。



上総鶴舞駅の線路配置図です。内容は2004年(平成16年)8月現在。
駅の規模としては交換列車の間に折り返し列車が入ってきても捌ききれる程度のものだったようですが、現状では使用されている線路は駅舎寄りの1本のみで、それ以外の線路には最近は列車が入った形跡が全くありません。

黒い実線は現在使用されている本線です。赤い実線は現存するけれども使われていない側線です。本屋の隣の五井寄りの倉庫に入る側線が、本線から微妙に離してありますが、この部分は本当にこのようになっています。どうやら、比較的近年になってポイントを撤去したようです。

青い点線は、これは私の全くの想像の産物なのですが、五井方からやって来て駅前広場を横切り左側に在る(在った)農協の倉庫の横まで入ってくる側線で、本屋の右隣の倉庫の更に右側の敷地の形状や勾配から判断すると、多分このような貨物側線が存在したのではないかと思われます。或いは、これは全くの夢物語かもしれません。

上下線のホームの位置が微妙にずれている点が、この線路配置図だけをみると少々不可解ですが、駅舎に直結しているホームの改札口の辺りに線路に降りる階段が在って、更に踏み切りを渡れば向かい側のホームの一番上総中野寄りに位置すると言う、それなりに巧く工夫された配置になっているからです。

この「線路に降りる階段」は単線区間で良く見掛ける、普段は鉄板で覆ってあって、必要に応じて蓋を取り外すような使い方をしていたのではないかと思われます。ま、この辺りは私の想像ですから、蓋の材質は木だったかもしれません。セメントを詰めて階段を閉鎖した後が現在でも明確に残っています。



上総鶴舞駅。2004年(平成16年)8月撮影。
こんなわけで、現在の上総鶴舞駅は相当に寂れた駅です。処が何が幸いするか判らないもので、開業以来建て替えをしていないであろう駅舎と、需要が少ない(列車が来ないと人通りが殆ど無い)点が好感されてか、テレビドラマの撮影にしばしば使われるようです。

近い処ではフジテレビで放送された菊池寛原作の「真珠夫人」と言うドラマの中で、東修善寺駅と言う設定で撮影に使用されています。現在の上総鶴舞駅の駅名看板は木製の比較的小型のものなので、それの上に覆い被さるようなモノを作って撮影に使ったようです。駅の周囲には桜の木が多数植えられていますが、これは「関東の駅100選」に選定された際に植樹されたもののようです。



小湊鉄道キハ200

Nov 10, 2007.

キハ203キハ204キハ206キハ207キハ212キハ213



小湊鉄道キハ200型は1961年(昭和36年)以降製造されている車輛で、休車中のキハ5800を除けば、小湊鉄道の旅客車輛はこのキハ200型のみです。何の変哲も無い国鉄キハ20のコピー車、、、だった筈なんですが、本家のキハ20が居なくなってしまったので、何時の間にか珍しくなってしまいました。当初は五井から房総西線(=現・内房線)の列車に併結・乗り入れしてて千葉まで直通運転するために国鉄車輛と共通設計の気動車にしたらしく、実際に鉄道ピクトリアル誌に房総西線のキハ17と一緒に連結されて国鉄千葉駅に停車しているキハ200の写真が掲載されたこともあります。単純に国鉄の設計を流用しただけではないようです。

キハ20系の払い下げ車やキハ20系パクリ車を所有する鉄道はその名もキハ20型と言う車輛を有する茨城交通・ひたちなか海浜鉄道などを筆頭にかなりありましたが、その中でも全部の車輛を自社発注の新造車で揃えている小湊鉄道のような例は稀有な存在です。車内は本家国鉄のキハ20とは異なりロングシートになっています。20m車体で2扉と言うと身延線のクハ47の超ロングシートが有名ですが、こちらは車体中央付近の排気管で仕切られていますし乗客用扉がやや車体内側に寄っているので、それ程長い感じはありません。五井で内房線の快速のE217系から何も考えずに乗り換えるとちょっとびっくりする事は間違いないですが、、、。

車体構造は基本的に全部の車輛が共通です。決定的な外観上の相違はドアがプレスドアであるか否か、窓がユニットサッシであるか否か、この2点です。但し、プレスドアとして製造された初期の車輛も、最近ではプレスドアではないものに交換されているようで、少しづつではありますが仕様変更が進んでいます。1961年(昭和36年)から1964年(昭和39年)に掛けて6輛、1970年(昭和45年)から1977年(昭和52年)に掛けて8輛、合計で14輛が製造されます。確か、1輛か2輛は休車になっていたはずですから、10輛ちょっとが全勢力です。いずれにしてもこの扉配置ではワンマン化には不都合であるし、初期の車輛は製造後40年以上経過していますので、今後は予断を許さないと言えます。



キハ203

Apr 1, 2016.

小湊鉄道キハ203。2012年(平成24年)5月、小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道キハ203。2012年(平成28年)5月、小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。後述のキハ204と同様に、1963年(昭和38年)製の車輛です。この写真のキハ207は、いわゆる海側を上総中野方より撮影しています。



キハ204

小湊鉄道キハ204他。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道キハ204他。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。1963年(昭和38年)製の車輛です。小湊鉄道の車輛は全車が五井方に幌を取り付けてあるようです。単行主体、と言うか、総括制御できない後述のキハ5800は話が別ですが、、、。この写真のキハ204はいわゆる山側を、五井方より撮影しています。



キハ206

小湊鉄道キハ206。2007年(平成19年)11月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道キハ206。2007年(平成19年)11月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。1964年(昭和39年)製の車輛です。この年にはキハ207と併せて、合計2輛製造されています。この写真のキハ206は、いわゆる海側を上総中野方より撮影しています。



キハ207

小湊鉄道キハ207。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道キハ207。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。この車輛もキハ206と同様に、1964年製です。この場所は五井駅の構内ですが、小湊鉄道のホームは4輛分だったか程度しかないのに対し、並行するJR内房線のホームは15輛分あります。従って、JRのホームの端っこの方に行けば足元に何の遮蔽物の無い写真が撮影できる、、、とまぁ、好都合な撮影場所です。この写真のキハ207は、いわゆる海側を上総中野方より撮影しています。



キハ212

Apr 1, 2016.

キハ211とキハ212は1975年(昭和50年)製です。これ以降の車輛は1977年(昭和52年)製のキハ213、キハ214に至るまでユニットサッシ化されています。流石に、キハ214までで製造は打ち止めになっています。

小湊鉄道キハ212。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道キハ212。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。助手席側窓の上部にちょっとした出っ張りのようなものが見えますが、これは青地に白抜き文字の「冷房車」の表示です。装置自体は床下にぶら下げているので、外観上は冷房車も非冷房車も大差ありません。この写真のキハ212は、いわゆる海側を上総中野方より撮影しています。



キハ213

Jan 10, 2009.

小湊鉄道キハ213。2009年(平成21年)1月、小湊鉄道上総中野(かずさなかの:千葉県夷隅郡)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道キハ213。2009年(平成21年)1月、小湊鉄道上総中野(かずさなかの:千葉県夷隅郡)駅にて撮影。最終増備、1977年(昭和52年)製のキハ213です。この年にはキハ214も製造されており、合計2輛製造されています。この写真のキハ213は、いわゆる山側を上総中野方より撮影しています。



小湊鉄道キハ5800

Aug 19, 2001.

小湊鉄道キハ5800は、、、なんと、電車改造気動車です。小湊鉄道にはこの車輛のほかにキハ6100型という電車改造気動車もいて、かつては各2輛づつの合計4輛が在籍していました。栃尾鉄道や下津井電鉄のように気動車を電車に改造した例や、将来電化した際に電車化できるように「電車型気動車」として製造された例は関東鉄道のキクハ11型などのように結構ありますが、電車が気動車になった例は小湊鉄道以外では南武鉄道のモハ150型が関東鉄道に払い下げられた後に気動車化された例がある程度です。

恐らくは電車を気動車化する為には床面の嵩上げなど結構手間の掛かる改造をしなければならないのに対し、気動車を電車化するにはエンジンの在った場所に単純にモーターを据え付けてしまった偽装直角カルダン駆動?にして床面が高過ぎる為の乗降の不便さは乗客の好意にすがってトボケきってしまうなど、なんとかなり得る要素が多分にあったからではないかと思うのですがどんなものでしょうか。

このキハ5800型、前身は国鉄から払い下げを受けた三信鉄道出身のモハ5800型です。キハ6100型の方は同じく国鉄から払い下げを受けた青梅電鉄出身のモハ6100型です。路線の規模の割に形式番号の数字が大きいのは、従来から小湊鉄道は他社から譲渡を受けた車輛の番号を極力生かして受け入れる傾向があるからでしょう。



キハ5800型。小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道キハ5800型。小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。



小湊鉄道トム1

Nov 10, 2007.

小湊鉄道トム1型は五井(ごい:千葉県市原市)=里見(さとみ)間開業に備え、ワフ1型と同様に1924年(大正13年)に東洋車輛で15輛製造された車輛で、その当時のバッファー穴が連結器の横に残っています。以前は上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にトム11とトム12が留置されていたのですが、6年振りに訪問したら影も形もありませんでした。この写真を撮った際には「貨車の写真を撮らせてください」と駅員さんに申し出て快諾いただいたのですが、今回は撮影許可を得るべき相手が居ませんでした(無人駅化されました)。

塗装が褪色して、標記類もかすれてしまっているので、車輛の番号自体を確認することは出来ないですが、文献の記述に拠れば、駅舎に近い方の車輛がトム11、その隣にいるのがトム12です。



小湊鉄道トム11。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道トム11。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。



小湊鉄道トム11。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道トム11。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。



小湊鉄道トム12。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道トム12。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道上総山田(かずさやまだ:千葉県市原市)駅にて撮影。



小湊鉄道ワフ1

Mar 27, 2004.

小湊鉄道ワフ1型はこちらもトム1型と同様に五井(ごい:千葉県市原市)=里見(さとみ)間開業に備えて1924年(大正13年)に東洋車輛で製造された車輛です。写真を見る限りはバッファ穴は残されていないようです。車籍の有無は不明ですが、今でも五井駅構内で燃料倉庫?として現役で、ここ20年近くは同じ場所に止められているようです。因みに、里見駅の「里見」とは「南総里見八犬伝」に出て来る「里見」のことです。五井駅から25kmほど、所要時間45分ほどの場所です。



小湊鉄道ワフ1型。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鉄道ワフ1型。2001年(平成13年)8月、小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。



小湊鉄道ワフ1型。1983年(昭和58年)2月、小湊鉄道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の反対側です。撮影時期はこの写真の方が18年ほど古いです。そのせいもあってか、「ワフ1」の文字が、こちらは鮮明に見て取れます。左隣のワム?の陰に隠れて妻面が全部見えないのが惜しい処。この写真では判りませんが、実は隣のワムにはチョークらしきもので「廃車」と書かれていました。この時点でも既に貨物営業はやっていなかったと思うので、ワフ1も実質は休車同然だったと記憶しています。