小湊鐵道キハ40

Apr 1, 2021.

小湊鐵道キハ40型は、JR東日本から只見線で使用していたキハ40型の2000番代車を譲り受けたモノです。小湊にやって来たのが2020年(令和2年)の夏頃で、この文章を書いている時点で未だ稼働していません。検査標記も以前に郡山工場で実施した際のモノの有効期間が残っているようなので、当面はこのまま使用する?。どうも動き方が不可解ですが、それでも多少づつの変化はあるようなので、当面は見守るしか無さそうです。小湊鐡道がツイッター担当者にフォロワー数のノルマだけ課して運営方針をなにも支持しないなど、明らかに退職を強制する名目を作ることが目的のような社員弾圧を重ねていた時期に搬入されて来ている点が気に入らないのでキハ40は無視しようかと思ったのですが、現実に走り始めてしまったらそう言う訳にも行かないので取り敢えずコンテンツ化する事にします。

国鉄のキハ40系は1977年(昭和52年)から1982年(昭和57)に掛けて888輛が製造された2扉の近郊型気動車です。車体形状は両運転台のキハ40と、片運転台のキハ48は車端部に出入り口が寄せてあり、片運転台のキハ47のみが車端部から離れた場所に出入り口があります。ローカル線でのワンマン運行を考えると車端部に出入り口が寄せてあるキハ40・キハ48の方が合理的な車体形状じゃないかと思われます。尤も、小湊鐡道には単行の列車があるので、両運転台のキハ40以外は選択の余地は無かったのかも?。勾配の多い路線形状を考えれば、JR北海道からキハ400(キハ40ではなくてキハ400)を引き取った方が良かったんじゃないかと言う気もしますが、、、。

これは有名な話ですが、居住性の向上を強く意識し過ぎた結果として、大して強力でもなんでもない220馬力のDMF15HSAを搭載しているためにかなりの鈍足です。最高速度は95km/hで実際にその通りの速度は出るのでしょうが、私が乗った限りでは延々とノッチを入れっ放しにしておけばやがては最高速度に達すると言うような印象を受けます。JR化後は大部分の車輛がエンジンを交換されており、エンジン交換の嫌いな?JR東でさえ330馬力のエンジンに載せ換えています。ローカル線での運用を考えればDMF15HSAエンジンのまま使えないことも無かったのでしょうが、やはり「幾らなんでも酷かろう」と言う事から載せ換えに至ったのではないかと思います。小湊鉄道にやって来た2輛のキハ40が、エンジンをどのようにしているのかは判りかねますけど、、、。



小湊鐵道キハ40-1。2021年(令和3年)2月、小湊鐵道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鐵道キハ40-1。2021年(令和3年)2月、小湊鐵道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。この写真は山側側面を上総中野方から撮影しています。JR時代の車番はキハ40-2021です。方向幕の表示は「上総牛久(かずさうしく)」となっていますが、ネット上で拝見した写真には「月崎(つきざき)」と表示している写真もあります。現状では月崎駅で折り返す運用は無いんですが、、、。これ以外にも(未だ目撃はしていませんが)上総中野、養老渓谷、里見、五井と言った文字は当然乍ら用意されているのだと思われます。



小湊鐵道キハ40-1。2021年(令和3年)2月、小湊鐵道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鐵道キハ40-1。2021年(令和3年)2月、小湊鐵道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。この写真は海側側面を上総中野方から撮影しています。JR時代の車番はキハ40-2021です。



小湊鐵道キハ40-2。2021年(令和3年)2月、小湊鐵道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鐵道キハ40-2。2021年(令和3年)2月、小湊鐵道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。この写真は海側側面を五井方から撮影しています。JR時代の車番はキハ40-2026です。



車番について

Apr 1, 2021.

小湊鐡道キハ40型の車番は少々不明確であるんですが、次の通りで宜しいと思います。

JR時代小湊鐡道
キハ40-2021→キハ40-1
キハ40-2026→キハ40-2


この文章を書いている時点で、車体に記載されている車番はJR時代のモノだけで、小湊鐡道入線以降の車番は記載されていません。その代わりに、キハ40-2026の方には改番の根拠となりそうな証拠?を見付けましたので、以下にお目に掛けます。

小湊鐵道キハ40-2。2021年(令和3年)2月、小湊鐵道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は小湊鐵道キハ40-2。2021年(令和3年)2月、小湊鐵道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。この写真は海側側面を五井方から撮影しています。左下に記載されているのはJR時代の車番(キハ40-2026)ですが、濃緑色の帯の右上の方にあるステッカーらしき代物には「キハ40-2 Coming soon K.T.K」と見えます。

小湊鐵道キハ40-2。2021年(令和3年)2月、小湊鐵道五井(ごい:千葉県市原市)駅にて撮影。
キハ40-2026に「キハ40-2」の表示があるならば、相方のキハ40-2021の新しい車番がキハ40-13とか、キハ40-7となるとも思えないので、恐らくはキハ40-1になるのではないかと思います。尤も、キハ40-2021の新車番はキハ40-3にしておいて、別途キハ40-1となる車輛は購入手配済みで現車到着待ちとなる可能性が無いわけではありませんが、さてどのような結末になりますかな。余計なお節介ですが、小湊鐡道は物持ちが良さそうなのでこの際キハ200型は纏めて5輛位廃車解体して部品取りをたっぷり確保する、JRからはキハ40の解体を請け負って10輛位纏めて引き取って余剰部品確保+既存のキハ200のセミクロスシート化に使用する、、、まぁ、そうはならないでしょうなぁ。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁