岳南電車・岳南鉄道について

July 1, 2015.

岳南電車(がくなんでんしゃ)はJR東海道本線の吉原(よしわら)駅から岳南江尾(がくなんえのお:静岡県富士市)駅を結ぶ約10kmほどのローカル私鉄で、静岡県富士市内に全路線が在ります。元来は岳南鉄道と言う社名で、最近の鉄道としては珍しく貨物営業がかなり大きな比重を占めていましたが、貨物営業の廃止に伴い2013年(平成25年)になって鉄道事業は全て子会社である岳南電車に移管して現在に至ります。

岳南鉄道としての開業当初は資本金の半額ほどを伊豆箱根鉄道が出資した系列会社でしたが、1950年代に富士急行の系列会社となっています。

他路線との接続駅は公式には上述の通り、JR東海道本線との接続駅である吉原駅のみです。それでは非公式ならどうかと言うと、須津(すど)駅から10分ほど歩いた場所に東名中里(とうめいなかざと)と言うバス停が在り、JRの東名ハイウェイバスに乗り換えできます。吉原駅に止まる電車で東京駅まで直通(東京駅から直通)するものは臨時列車化されてしまった「ムーンライトながら」の送り込み・折り返し運用が早朝・深夜に1往復しかありませんが、東名ハイウェイバスの方は急行(=各駅停車)しか止まらないローカルバス停とは言うものの15往復以上が止まりますから、圧倒的に便利です。

但し、東名中里バス停の周囲は単なる山村、須津駅へ出る途中の道路の周囲も単なる山村、須津駅の在る場所自体も単なる山村、と言うことで目印になるものがホンとに全く何一つ在りません。詳しい地図の用意ができないのならば「東名中里=須津乗り換え」は絶対にお勧めできません。