三岐鉄道について

Mar 2, 2012.

三岐鉄道は三重県内の、近鉄名古屋線の近鉄富田駅から藤原岳の麓の西藤原駅までを結ぶローカル鉄道です。本来は四日市=関ヶ原間を結びたいと言うところから三重県の「三」と岐阜県の「岐」の文字を取って「三岐(さんぎ)鉄道」と名乗ったもので、あわよくば日本海側の敦賀まで、、、と夢は抱いたものの、路線は三重県内で終わっています。実際に桑名市近郊やいなべ市の辺りを自動車で走っていると、「関ヶ原」と言う地名が書かれた道路標識を見掛けることは多いので、あながち荒唐無稽な発想と決めつけることはできません。

野放図な野望?は兎も角も、現実の三岐鉄道は太平洋セメント傘下で比較的堅実な経営が行われているようです。太平洋セメント傘下と言うことは埼玉県に路線を有する秩父鉄道や、岩手県の岩手開発鉄道などとは兄弟会社の関係になります。実際の本線はJR関西線の富田駅に向かう路線なのですが、旅客列車は原則として近鉄富田へしか行きません。方向幕には「JR富田」と言う文字も入ってはいるのですが恐らくは臨時列車用でしょうから、果たしてどの程度使う機会があるモノやら。反面、貨物列車はJR富田へ行くものばかりで近鉄富田へは行きません。

大体想像は付くかと思いますが、三岐鉄道自体は1067mmゲージなので近鉄富田では近鉄名古屋線と線路は繋がっていません。近鉄名古屋線が1067mmゲージだった伊勢湾台風以前には線路は繋げてあって車輛の往来もあったんじゃ無いかと思いますが、、、。現在では線路が繋がっているのはあくまでもJR関西線とだけで、貨車のやり取りのみが日常的に行われています。以前は国鉄富田乗り入れ用の旅客用気動車がいたのですが、現在ではその種の車輛はありません。上述の通り、JR富田に向かう定期列車はありません。

反面、近鉄富田では同じホームを近鉄と共用しあっていて、名古屋線の桑名・名古屋方面行の電車と三岐鉄道の電車は同じホームの反対側同士に発着します。近鉄富田の東口(伊勢中川・松阪方のホームに直結している方)で三岐鉄道の一日乗車券を買おうとしたら「西口が三岐鉄道さんの窓口ですのでそちらで、、、」と言われました(要するに断られました)。制服を見ただけでは余所者には区別が付かないのですが、西口(桑名・名古屋方行きのホームに近い方)の出改札は三岐鉄道が受託しているのかも知れません。まぁ、この件は私の勘違いかも知れませんが。近鉄とは資本関係はないと思うのですが、それにしては電車の方向幕には正々堂々と他社の社名入りで「近鉄富田」と表示してあるのも少々興味深い点です。



762mmゲージの北勢線の車輛に関しては、四日市あすなろう鉄道となった内部線・八王子線の車輛と共にこちらに記載してあります。