三岐鉄道ED5080

Apr 13, 2012.

正体不明の車輛、と言うか、出自は間違いなく東武鉄道のED5080型だと思いますが、何故か車体は綺麗になっているのに窓ガラスが無いようです。マスキングしているわけでもなさそうなので、塗り替えに併せて窓ガラスの交換でもするのかも?。45トン機で、出力は600kWに少々届かないですから、動力性能的な点ではED45とほぼ同等の車輛です。

元来は1970年(昭和45年)び新東京国際空港公団が東芝に発注して3輛新造した機関車です。成田空港建設のための砕石輸送用に東武線内で使用されていた機関車で、言うなれば「私有機関車」で、後に砕石輸送の終了に伴い、東武鉄道に車籍が移ります。ED5081、ED5082、ED5083の3輛がありましたが、三岐鉄道にやって来たのはED5081とED5082の2輛のみで、ED5083は惜しくも解体されたようです。



三岐鉄道ED5081。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。
上の写真の車輌は三岐鉄道ED5081。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。



三岐鉄道ED5081。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。
上の写真の車輌は三岐鉄道ED5081。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。



三岐鉄道ED5082。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線東藤原(ひがしふじわら:三重県いなべ市)駅にて撮影。
上の写真の車輌は三岐鉄道ED5082。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線東藤原(ひがしふじわら:三重県いなべ市)駅にて撮影。



三岐鉄道ED5081。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。
三岐鉄道ED5081の台車です。TR48を巨大化したような、おもしろい形状をしています。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。同じく東芝製だからだと思いますが、東武鉄道のED5010型の台車もほぼ同等の形状をしています。