三岐鉄道751系

Aug 1, 2015.

三岐鉄道751系は2009年(平成21年)に西武鉄道の新101系3輛を譲り受けて改造した車輛で、20m3扉・ロングシートのごく平凡な通勤用のロングシートの電車です。

編成はクモハ751+モハ781+クハ1751の3連で、元々の車番はクハ1236+モハ236+モハ283です。この編成、実は伊豆箱根鉄道の1300系となった残り半分と併せて6連を組んでいた編成だったようです。上信電鉄のクモハ500型秩父鉄道の6000系などとは兄弟車輛と言うことですが、3扉車の3連と言うことからして、伊豆箱根鉄道1300系の色違い的な外観形状をしています。

クモハは中間電動車からの改造であり、クハを電装したものではありません。それにしては端正な外観の運転台を装備しているのは、別のクハの運転台部分を移設してきたからなんでしょうか?。パンタグラフはクモハ751に2基装備されています。2丁パンタで前パンですから、まさに電車の理想形とも言うべき意匠です。現状では3連1編成があるのみでさっぱり増えてませんが、既存の車輛も十分に使い物になっているので代替が進んでいないと言うことなんでしょうか?。



三岐鉄道クモハ751他3連。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道クモハ751他3連。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。



三岐鉄道モハ781。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道モハ781。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。



三岐鉄道クハ1751。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。
上の写真の車輛は三岐鉄道クハ1751。2012年(平成24年)2月、三岐鉄道三岐線保々(ほぼ:三重県四日市市)電車区にて撮影。