東京都交通局について

大塚駅「前」にてJR山手線(上)と交差する、都電荒川線の主力車7000型(下左)と7500型(下右)。2004年(平成16年)8月撮影。
東京都交通局の鉄道は地下鉄4路線と都電1路線、モノレール1路線からなります。但し、都営のモノレールは上野公園の中に在る路線延長300mの路線だけですから実質的に公共交通としての機能は持っていません。それでも、このモノレールは荒川電車営業所で受け持っている筈ですから、都電荒川線と同格と言って言えなくはありません。結局、普通の鉄道ファンの興味の対象になるものは5路線ですが、浅草線・三田線・新宿線のように個別に乗り入れ相手の線路規格に合わせたりしたこともあって、5路線の車輛は互換性がありません。

強いて言えば三田線と新宿線の車輛は台車を履き換えさえすれば転属させることは出来なくは無いようで、実際に新宿線用の10-000型の試作車を三田線で運転していた経緯もあります。他の路線に関しては車体の大きさが全く違いますから、転用は全く無理なようです。それでも、浅草線と同じ1435mmゲージの車輛である大江戸線の車輛は、(浅草線の)西馬込工場で検査等は行うようです。但し、架線高さが全く違うし、何よりもリニアモーター車の大江戸線の車輛は浅草線内を自走できないので、回送専用の電気機関車を作ったのだとか。

都電の方は民営路面電車を統合買収し、散々廃止し続けた後に残ったのは専用軌道の比率の高い旧・王子電気軌道の路線を出自とする荒川線のみです。地下鉄の方は東京市の市営地下鉄として戦前に計画されていたものが幾多の紆余曲折を経て1号線(現在の浅草線)として開通したものが発端となります。

元々は民鐵各社から終戦後に東京駅乗り入れのための免許申請が殺到していたのを集約して、

と言うことだったようです。



パスネットの印字一覧表

路線名駅名読み方乗車時降車時調査日
浅草線中延なかのぶ都 中延中延2007.10.13.
浅草線東日本橋ひがしにほんばし東日本橋
2007.9.8.
浅草線浅草橋あさくさばし都浅草橋
2007.7.13.
浅草線・大江戸線蔵前くらまえ蔵前蔵前2007.9.15.
三田線内幸町うちさいわいちょう内幸町
2007.6.14.
三田線日比谷ひびや都日比谷TO比2007.10.13.
三田線大手町おおてまち
TO手2007.6.14.
三田線・大江戸線春日かすが春日春日2008.2.2.
三田線巣鴨すがも都 巣鴨
2007.9.15.
三田線西巣鴨にしすがも西巣鴨
2007.9.15.
新宿線九段下くだんした都九段下
2007.9.8.
新宿線小川町おがわまち都小川町
2007.10.27.
新宿線馬喰横山ばくろうよこやま
馬横2007.9.8.
大江戸線若松河田わかまつかわだ若松河田若河2008.1.12.
大江戸線飯田橋いいだばし都飯田橋TO飯2007.9.22.
大江戸線上野御徒町うえのおかちまち上御徒町上御2008.1.12.
大江戸線新御徒町しんおかちまち新御徒町新御2007.10.20.


最初のページに戻る Return to index page 返回主頁