General Electric製のED14

Oct 14, 2011.

ED14 locomotives of Japanese Goverment Railway/Japanese National Railway were manufactured 1926. Total 4 of tehm were manufactured by General Electric.



ED14はGE(ジェネラル・エレクトリック)製の60t箱型機関車で、1926年(大正15年)に製造された車輛です。鉄道省が幹線鉄道の電化初期に、見本的に欧米各国のメーカーから少輛づつ、多種の電気機関車を買い付けていますが、この機関車もその中の1種です。

概ね何処のメーカーの車輛も2輛づつ位買い付けていますが、鉄道省には同じGE製としてED11(全2輛)もあります。こちらのED14(全4輛)と併せて合計6輛となり、何故かGE製のこのグループのみが他社製の機関車の3倍の輛数を買い付けています。こちらのED14の方が製造時期が若干新しいですが、製造時期云々は大量買い付けの理由にはならないような、、、GEと協力関係にある東芝との関連もあってのことなのか、代理店の営業の仕方が余程上手だったようです。

ED11とED14の違いは、ED14の方が僅か乍ら製造時期が新しいこと、ED11が丸屋根であるのに対しED14は平屋根となっていること、ED11がアメリカ的な外側イコライザ付きの台車を使用しているのに対し、ED14はアメリカ型の車輛としては異例の板台枠の台車を使っていること、ED11はデッキ部分の通り抜けが出来ないのに対して、ED14はデッキ手摺り中央の鎖を外せば通り抜けが可能なようにしてあると言う点、などでしょうか。

恐らくは提携関係にあったALCOとの共同設計によるものと思われ、ED11と共にALCO=GE製の60tボックスキャブ・ディーゼル機関車と極めて良く似た外観です。HOゲージの鉄道模型ではモデル・ダイ・キャスティング(Roundhouse)がこの機関車を随分前から販売しています。

16番ゲージの鉄道模型では何故か棲み分けがあったのかお互いに遠慮があったのか、つぼみ堂が一貫してED11を製造していたのに対し、カワイモデルが一貫してED14を製造しています。つぼみ堂のED11は鉄道省・国鉄時代の仕様だけなのに対し、バッジ・エンジニアリングが得意な?カワイモデルのED14には鉄道省・国鉄時代の仕様だけではなくて、近江鉄道仕様のものも製造されています。

小柄な割には箱型車体で大柄のモーターが載せやすいのと、実物が連結器を台車マウントにしてある構造なので模型も右え倣えしたのか、カワイモデルの製品は16番ゲージの車輛でありながら半径150mmの曲線が通過できるとか言う都市伝説?があります。カワイの製品は固定軸のCタンク機(=C155)があっさり半径300mmとかの曲線を通過出来てしまいますから、こちらのED14が半径150mmの曲線を通過できると言うのもかなり確度の高い話です。

4輛輸入されたED14は西武鉄道を経由した車輛を含み全て近江鉄道にやって来ます。ED11と共通運用にしてやればよかろうと勝手に素人は余計な事を考える訳ですが、仙山線に行ったのはED14だけだったりと、なにが車輛の命運を分けるか、人生は謎ばかり?です。かなり長い間彦根駅に4輛とも残してあったようですが、残念ながら現存するようです。



鉄道省ED141(近江鉄道ED141)。2006年(平成18年)6月、近江鉄道彦根(ひこね:滋賀県彦根市)駅にて撮影。GE made class ED14 boxcab electrric locomotive.
上の写真の車輛は鉄道省ED141(近江鉄道ED141)。2006年(平成18年)6月、近江鉄道彦根(ひこね:滋賀県彦根市)駅にて撮影。近江鉄道独自色になったED141です。近江鉄道の車輛は側窓が田型ではなく、縦2分割になった点を除けば、原型を良く保っています。



鉄道省ED144(近江鉄道ED144)。2006年(平成18年)6月、近江鉄道彦根(ひこね:滋賀県彦根市)駅にて撮影。GE made class ED14 boxcab electrric locomotive.
上の写真の車輛は鉄道省ED144(近江鉄道ED144)。2006年(平成18年)6月、近江鉄道彦根(ひこね:滋賀県彦根市)駅にて撮影。国鉄時代の茶色塗装に復元された車輛です。



鉄道省ED14の台車。2006年(平成18年)6月、近江鉄道彦根(ひこね:滋賀県彦根市)駅にて撮影。GE made class ED14 boxcab electrric locomotive.

ED144の台車ですが、アメリカ型の電気機関車としては世にも珍しい板台枠台車を履いています。穴あきプレート車輪と言うのか、ボックス動輪の親戚のような車輪を使っていますが元来はスポーク動輪です。要するに、後天的な車輪交換の結果です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁