DD54

May 11, 2012.

1966年(昭和41年)から1971年(昭和46年)に掛けて40輛が製造された亜幹線用の液体式ディーゼル機関車です。2基エンジンのDD51に対し、出力の大きなエンジン1基にした方が軽量で、保守も容易で、経済的な車輛が出来るだろうと言う発想で製造されたものですが、、、大した技術力も無い後進国のくせに無理して複雑精緻なドイツ製エンジンや変速機を日本国内で猿真似ライセンス生産しただけの粗大ごみのような機関車なのでまともに走るわけが無く、しかも設計ミスで走行中にドライブシャフトが脱落しちゃうとか言う凄まじい欠陥機関車です。

こんな出来の悪いオモチャで火遊びしてなければ、国鉄の赤字ももうちょっとは少なくて済んだでしょうに、、、。実際EMDにしてもGEにしても、輸出用のナローゲージ用機関車でDD54程度(1800馬力エンジン搭載)の出力を持つ電気式ディーゼル機であれば幾らでも作っているので、無理して国内生産に拘らなければ火傷はしないで済んだ筈なんですがね。



DD54-33。2012年(平成24年)2月、交通科学館(大阪府大阪市港区)にて撮影。
上の写真の車輛は国鉄DD54-33。2012年(平成24年)2月、交通科学館(大阪府大阪市港区)にて撮影。



DD54-33の運転台内部。2012年(平成24年)2月、交通科学館(大阪府大阪市港区)にて撮影。
上の写真は国鉄DD54-33の運転台内部。2012年(平成24年)2月、交通科学館(大阪府大阪市港区)にて撮影。



DD54の履くDT131台車。2012年(平成24年)2月、交通科学館(大阪府大阪市港区)にて撮影。
上の写真は国鉄DD54の履くDT131台車(駆動軸用の2軸ボギー台車)。2012年(平成24年)2月、交通科学館(大阪府大阪市港区)にて撮影。



DD54の履くTR104台車。2012年(平成24年)2月、交通科学館(大阪府大阪市港区)にて撮影。
上の写真は国鉄DD54の履くTR104台車(中間の1軸台車)。2012年(平成24年)2月、交通科学館(大阪府大阪市港区)にて撮影。