鉄道省C12

July 1, 2015.

C12-41新着!!C12-199C12-287



鉄道省C12は簡易線用と言いますか丙線用と言いますか、1932年(昭和7年)から1947年(昭和22年)に掛けて293輛が製造されたタンク機です。車軸配置は同時期に製造されたC11が2-6-4であるのに対して、このC12の車軸配置は2-6-2(プレーリー)です。C12をテンダ機化して1935年(昭和10年)から量産した機関車がC56で、車輪直径はどちらもφ1400で共通です。この辺りは、大雑把にC11をテンダ機化した車輛がC58である以上に明確な類似性があります。



C12-41

C12-41は1933年(昭和8年)に日立で製造されたものですから、初期型の部類に入ります。

国鉄時代の鶴見線浜川崎駅辺りで撮影したもので、各部から蒸気が上がっていることからもお判りの通り、現役時代に撮影したものです。鶴見線自体は未だに私鉄っぽい買収線区ですが、C12でなければ入線できないと言うほどの虚弱な路線ではありません。同時期にC11も一緒に使用されていましたこともありましたし、本線にはEF級の電気機関車も入っていますので、接続する各社の専用線内に入線することを意識して、敢えてこんな小型機関車が使用されていたのかもしれないです。



C12-41。1966年(昭和41年)、国鉄鶴見線浜川崎(はまかわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は国鉄C12-41。1966年(昭和41年)、国鉄鶴見線浜川崎(はまかわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



C12-199

Oct 1, 2015.

C12-199は1938年(昭和13年)に日本車輛で製造された車輛です。大東亜戦争以前の、日本の国力、技術力がもっとも充実していた時期の製造です。

以下の写真はJR中央西線奈良井(ならい:長野県塩尻市)駅前に展示されているものを撮影したものです。奈良井自体は中山道の宿場町ですが、観光目的で街並みを整備した際に一緒にこちらの199号機も整備が行われたのか、非常に状態が宜しかったです。此処まで整備できないんだったら機関車の静態保存なんかするなよ、と悪態をつきたくなるような展示のなんと多いことか。此処の車輛は本当に整備が行き届いていて、非常に気分が宜しいです。製造銘板やらが何処に行ってしまっているのか、この辺りだけは少々疑問ですけど。



C12-199。2010年(平成22年)9月、JR中央西線奈良井(ならい:長野県塩尻市)駅前にて撮影。
上の写真の車輛は国鉄C12-199。2010年(平成22年)9月、JR中央西線奈良井(ならい:長野県塩尻市)駅前にて撮影。



C12-199。2010年(平成22年)9月、JR中央西線奈良井(ならい:長野県塩尻市)駅前にて撮影。
上の写真の車輛は国鉄C12-199。2010年(平成22年)9月、JR中央西線奈良井(ならい:長野県塩尻市)駅前にて撮影。



C12-287

C12-287は最末期の車輛で、1947年(昭和22年)に日本車輛で製造されたものです。最末期もいいところであって、戦後製のC12は全体の1/20程度の輛数でしかありません。この287号機はJR久留里線の小櫃(おびつ)駅横の公民館で静態保存されているものです。ナンバープレート代わりにペンキで文字が書かれていたり、変な色挿しがしてあったりと、余り状態は宜しくありません。この車輛自体が久留里線で使用された実績はないようですが、C12そのものは実際に久留里線で使用されていたようです。



C12-287。2006年(平成18年)1月、千葉県君津市小櫃(おびつ)公民館にて撮影。
上の写真の車輛は国鉄C12-287。2006年(平成18年)1月、千葉県君津市小櫃(おびつ)公民館にて撮影。



C12-287。2006年(平成18年)1月、君津市小櫃(おびつ)公民館にて撮影。
上の写真の車輛は国鉄C12-287。2006年(平成18年)1月、千葉県君津市小櫃(おびつ)公民館にて撮影。