蒸気機関車の軸配置

Apr 1, 2017.

「ホイール・アレンジメント」とは車軸配置の事で、蒸気機関車の場合は固有名詞のように使われる言葉ですし、ディーゼル機関車なども車軸配置は或る程度は車輛の性格を現しますが、それは、あくまでも「或る程度」です。蒸気機関車の場合は基本的に前後非対称です。動輪だけで先輪/従輪の無い機関車は通常は入換用や勾配用などに限られます。入換用でない機関車の場合で先輪か従輪のいずれかが省略される場合は、先輪だけあっても従輪がない場合のその逆よりも多いようです。

先輪や従輪は走行時の安定性を確保するために使用する場合も多いです。有名な処では2-10-0(デカポッド)を山岳区間のスイッチバックの多い区間に投入してバック走行させると脱線し勝ち、これを回避するために2-10-0を2-10-2としたら脱線が減ったので、この軸配置を考案した鉄道会社(ATSF)に因んで2-10-2は「サンタフェ」と命名されたと言う逸話があります。一方、日本のC61やD61などのように軸重の軽減を狙った従輪があります。木曽森林鉄道のボールドウィン製の0-4-2リアタンクキのように火室が異様に広く(≒長く)なってしまうので従輪が無ければ支え切れないと言うような例もあります。この三例は同じ従輪であって見掛けは大差無いけれども、機能は全く違っています。

下記に記載するものは、何らかの理由により車軸配置に対して固有の愛称を有するものです。あくまでも「愛」称ですから、意図的に他とは違った愛称を使用する鉄道があるのは当然です。例えば、「ノーザン」に対する「ワイオミング」などですが、この両者が4-8-4と言う車軸配置であった事には相違はありません。逆に、違う軸配置であっても、愛称の方が同じになる場合もあります。具体例を挙げると、4-8-0も、4-10-0も、共に「マストドン」です。同様に、4-2-0も、6-2-0も、共に「クランプトン」となります。鉄道会社によって同じ軸配置であっても違う名称であったり、違う軸配置が同じ名称であったりする事もあります。



凡例:

白い丸「○」は非動力車輪(先輪/従輪)、黒い丸「●」は動力車輪(=動輪)です。



1動軸の機関車(シングル・ドライバー)

Planet(プラネット)
○-●(2-2-0)

Oct 6, 2007.

まともな機関車としては最低限度の車輪構成です。これ以外にも「プラネット」と名乗る車軸配置がありますが、それよりも小規模な車輛です。この軸配置だとシングルドライバーにしかならないわけですから用途も限られています。確か、スチームトラム的な機関車にしか使われなかったと記憶しています。なお、この軸配置は2-2-0となりますが、同じ軸配置でも前後が逆転した0-2-2はノーザンブリアン(Northumbrian)と言う名前で、別の種類の車軸配置となります。



実車例

ロバート・スティーヴンスン氏のプラネット号
ニットー(日東科学教材)の自由型シングルドライバー
角倉彬夫氏のエクジスタンス号



Northumbrian(ノーザンブリアン)
●-○(0-2-2)



実車例

ロケット号



Jenny Lind(ジェニー・リンド)
Singl(シングル)
Patentee(パテンティー)
○-●-○(2-2-2)



Crampton(クランプトン)
Jervis(ジャーヴィス)
Bycicle(バイスクル)
○○-●(4-2-0)/○○○-●(6-2-0)

July 1, 2017.

プラネット(2-2-0)の走行時の安定性を向上させる目的で、先輪の車軸を増やしたものです。4-2-0のジャーヴィスは1832年(天保3年)にアメリカの鉄道技師であるジョン・ジャーヴィス氏が、6-2-0のクランプトンは1843年(天保14年)に英国の鉄道技師であるトーマス・ラッセル・クランプトンが考案したものです。

初期のこの軸配置の機関車を製造したメーカーとして著名なのはノリスボールドウィンが挙げられますが、ノリス製の機関車はボイラが動輪の外側、ボールドウィン製の機関車はボイラが動輪と先輪の中間に入ると言う決定的な違いがあります。単純に牽引力だけを比較した場合は、ノリス式の機関車は車体重量の2/3以上を動輪に掛けられるので有利だったようです。走行安定性はかなり疑問が残りますが。



実車例

B&Oのラファイエット号
C&NWの“Pioneer”
セントラル・パシフィックの“Huntington”
「機関車大追跡」の“ヨナ号”



2動軸の機関車

Forney(フォーニー)
●●-○○(0-4-4)



Porter(ポーター)
Bowker(ボウカー)
○-●●(2-4-0)

July 1, 2015.

プラネット(●●)の前進安定性を向上させる目的で先輪を追加した車輛です。プラネットだとどうしても「入換用」と言う印象を拭えませんが、2-4-0となると流石に本線用と言う風格?のようなものが見えて来ます。アメリカン(4-4-0)に先んずる車軸配置と考えれば宜しいでしょう。



車軸配置が2-4-0となる機関車(鉄道省160型)
車軸配置が2-4-0となる機関車(鉄道省160型・明治村12号機)



実車例

ウェスタン・リヴァー鉄道(TDL)のミシシッピ号など
鉄道省150型(1号機関車)鉄道省160型(明治村の12号機)
ドイツ連邦鉄道の70型



Atlantic(アトランティック)
Milwaukee(ミルウォーキー)
Chautauqua(ショトーカ)
○○-●●-○(4-4-2)

Apr 20, 2007.

アメリカン(○○-●●)の火室を広げるために従台車を増設したもので、軽旅客列車用としてパシフィック(○○-●●●-○)よりもこちらを好む鉄道も多かったようです。有名なところでは、PRR(ペンシルヴァニア鉄道)は基本的には軽パシフィック機を用意せずに、他社が軽パシフィック機を使うような仕業には、好んでアトランティック機を充当していたようです。最初にこの車軸配置の機関車が量産されたのはACL(アトランティック・コースト・ライン)向けであったので、この名が付けられたようです。もっとも、ACLとしてはこの機関車では軽量過ぎて使い勝手が悪かったようで、命名権?は確保したものの、実際に主力となったのはテン・ホイラー(Ten-wheeler ○○-●●●)です。“Chautauqua”と言う名称は読み方が判然としませんが“ショトーカ”と発音すれば良いようです。



実車例

ノーザン・パシフィック鉄道のN1型
ペンシルヴァニア鉄道のE6型
鉄道省1150型・鉄道省6600型



Reading(レディング)
Jubilee(ジュビリー)
Baltimore(ボルティモア)
○○-●●-○○(4-4-4)



実車例

RDGの110型
二代目鉄道省1060型(スケネクタディー製6120型4-4-0テンダ機からの改造車)



3動軸の機関車

Adriatic(アドリアティック)
Double Ender(ダブルエンダー)
○-●●●-○○(2-6-4)



実車例

鉄道省C10型・鉄道省C11型



Ten wheeler(テン・ホイラー)
○○-●●●(4-6-0)

Oct 7, 2001.

本来の語源は「10輪機関車」と言うことです。「車輪が10個」と言う意味ではプレーリー(○-●●●ー○)コンソリデーション(○-●●●●)トランスファー(●●●●-○)も10輪機関車ですが、習慣として4-6-0(○○-●●●)の車軸配置となる、いわゆる「テン・ホイラー」以外をテン・ホイラーとは呼びません。英語的なカタカナ標記をすると「テン・ホイーラー」となって音引きする個所が増えるべきなんでしょうが、普通の日本人は英語に堪能な人でも単に「テン・ホイラー」って発音してますね。この辺りは発音が正しいとか正しくないとか言う以前に、鉄道方言とでも言うべきでしょうか。



実車例

NPのP1型~P3型・ICの“Casey Jones”
鉄道省国鉄8700型・鉄道省8800型
南満州鉄道のテホィ・ドイツ連邦鉄道の38型、



Pacific(パシフィック)
○○-●●●-○(4-6-2)

June 28, 2015.

テン・ホイラー(○○-●●)を広火室化した機関車と言えます。普通のまともな急客用機関車としては一番無難な車軸配置なのかもしれません。実際に、よほど低質炭を焚くような車輛でない限りは、パシフィックが無難なのかも。



実車例

NPのQ型~Q6型・PRRのK4
鉄道省C51型・鉄道省C55型・鉄道省C57型
南満州鉄道パシナ・ドイツ連邦鉄道01型



Hudson(ハドソン)
Baltic(バルティック)
Milwaukee(ミルウォーキー)
Shore Line(ショアライン)
○○-●●●-○○(4-6-4)



実車例

NYCのJ-1
国鉄C61型・国鉄C62型
ドイツ連邦鉄道の78型



4動軸の機関車

Eight-wheel switcher(エイト・ホイール・スイッチャー)
●●●●(0-8-0)

July 1, 2017.

単純な4動軸の機関車で、入換用や勾配区間用に多く見受けられます。アメリカ型ではUSRA規格の重入換用にこの車軸配置の機関車があります。リヴァロッシだったかの量販主体のメーカーが製品化して、妙に煙室が飛び出したような外観が印象的な車輛です。その割には日本型の実例が少ないのは、入換専用としては巨大化し過ぎるし、本線用としては先輪・従輪が無いのは不都合、と言うことでしょうか?。



車軸配置が0-8-0となる機関車(ポーター製)。
車軸配置が0-8-0となる機関車。これはH.K.ポーター製の機関車で、北海道炭礦鉄道が購入し、国有化後に4000型となった車輛です。



実車例

NPのG型~G2型
鉄道省4000型・鉄道省4030型
南満州鉄道エトィ・ドイツ連邦鉄道55型



Consolidation(コンソリデーション)
○-●●●●(2-8-0)

July 1, 2017.

ボールドウィンが1866年(慶応2年)に、リハイ・アンド・マホーニー鉄道向けに史上初の2-8-0を製造した際に「コンソリデーション」と命名したのが端緒となる車軸配置です。「Consolidation(コンソリデーション)」とは「合併」とか「統合」と言った意味のある単語ですが、前年の1865年(慶応元年)に南北戦争が終結してアメリカ統一が達成されたので、それを記念した命名でしょう。実際には車軸配置を「コンソリデーション」としたのではなくて、「記念すべき機関車なのでコンソリデーション号≒祖国統一号」と命名したつもりだったのだろうと思われますが、実態としては車軸配置の方に名を残したと言うことのようです。



実車例

NPのY1型~Y5型・PRRのH8
鉄道省9200型・鉄道省9550型・9600型
南満州鉄道のソリィ・プロイセン国鉄G8型(後のドイツ国鉄56型)



Transfer(トランスファー)
●●●●-○(0-8-2)



MacArthur(マッカーサー)
Micado(ミカド)
Calmet(カルメット)
○-●●●●-○(2-8-2)

車輪の配置が○-●●●●-○(2-8-2)となる蒸気機関車の愛称です。普通はミカドと呼ぶのですが、第2次世界大戦中にアメリカの国民感情を考慮し、当時の救国の英雄であるダグラス・マッカーサー将軍に因んでこの様な呼び方をした経緯があるようです。風説では、この軸配置の車輛は日本の日本鉄道が初めてボールドウィンに発注した「ミカド」と言う名称になったそうですが、実際には1890年(明治23年)にボールドウィンがメキシコ国内のナローゲージの鉄道向けに製造したのが最初で、日本鉄道向けも勿論ナローゲージではありますが「量産受注したのは日本向けが最初」と言う事のようです。標準軌間向けとしては1893年(明治26年)にブルックスがシカゴ&カルメット・ターミナル鉄道から受注して製造した機関車が最初の様です。従ってごく初期には、この軸配置の機関車を「カルメット」と呼んだこともあるようです。



実車例

DRGWのK28・NPのW型~W5型
鉄道省D50型・鉄道省D51型・鉄道省D52型
南満州鉄道のミカィ・ドイツ連邦鉄道の41型



Berkshire(バークシャー)
Lima(ライマ)
Kanawha(カナワ)
○-●●●●-○○(2-8-4)



実車例

ERIE のS型・NKPのS型~S3型
国鉄D60型・国鉄D61型・国鉄D62型



Mastodon(マストドン)
Twelve wheeler(トゥエルヴ・ホイラー)
Tarantula(タランチュラ)
○○-●●●●(4-8-0)/○○-●●●●●(4-10-0)

June 28, 2015.

コンソリデーション(○-●●●●)の前進安定性を高めるために先輪を2軸化した車輛です。但し、前進安定性を云々するならばもっと火室を広くして高出力・高速化した方が得策なんだろうから結果としてはマウンテンとかモホーク(○○-●●●●-○)とかにすれば良かろうに、と思ってしまいますが余計なお世話ですね。

車軸配置が4-8-0となる機関車
車軸配置が2-4-0となる機関車。



実車例

GNのG1型・N&WのM型~M2型



Mountain(マウンテン)
Mohawk(モホーク)
○○-●●●●-○(4-8-2)



実車例

NYCのL3型・南満州鉄道のマティ・ドイツ国鉄65型



Northern(ノーザン)
Niagara(ナイアガラ)
Pocono(ポコノ)
Greenbrier(グリーン・ブライアー)
Dixie(ディキシー)
Potomac(ポトマック)
Wyoming(ワイオミング)
Confederation(コンフェデレーション)
Golden State(ゴールデン・ステート)
○○-●●●●-○○(4-8-4)

ノーザン・パシフィック鉄道がモンタナ州内の勾配区間での重旅客列車や急行列車に使用する為にアルコに1926年に製造させた機関車が最初です。この車軸配置は鉄道会社によってかなり名称が異なり、コンフェデレーション、ポコノ、ナイアガラ、グリーンブライアー、なんてのも有ります。南北戦争の因縁もあって、南部諸州に本拠を置く鉄道会社は意地でも北部に本拠を有する会社の軍門に下るような「ノーザン」なんて名前は使いたくないと言うのが真相らしいです。



実車例

NPのA型~A5型



5動軸の機関車

Union(ユニオン)
●●●●●-○(0-10-2)



Decapod(デカポッド)
○-●●●●●(2-10-0)/●●●●●(0-10-0)

「デカポッド」とは十脚類の事で、要はエビやカニの仲間です。「デカ」と言うのは「10」を示す接頭辞でもあります。「ポッド」とは「脚」のことです。2-10-0となる車軸配置を「デカポッド」と呼ぶのはアメリカや日本では一般的ですが、イギリスでは0-10-0の方をデカポッドと呼ぶのが普通のようです。



実車例

所謂ロシアンデカポッド・NPのM
ドイツ連邦鉄道44型・ドイツ連邦鉄道50型



Santa Fe(サンタ・フェ)
Lorraine(ロレーヌ)
Central(セントラル)
○-●●●●●-○(2-10-2)

July 4, 1999.

この軸配置の原型はデカポッドです。但し、デカポッドは従輪が無い為に後退時の走行安定性に問題が有ると言うか速度制限を受けますので、スイッチバックなどで頻繁に前進・後退を繰り返す運用に付く車輛のための改善策としてATSFが従輪を付けた前後対称配置を考案したと言う経緯が有るようです。



実車例

ATSF900型・ATSF1600型・ATSF3800型



Texas(テキサス)
Colorado(コロラド)
Selkirk(セルカーク)
○-●●●●●-○○(2-10-4)

この軸配置の機関車の最初のユーザーであるテキサス&パシフィック鉄道にLima社が納入した機関車に因んでこの名が付きました。テキサス&パシフィック鉄道はテキサス州のエル・パソからダラスを経由してルイジアナ州のニュー・オルリンズまでを結ぶ全長2000マイル程の中規模な鉄道で、後にミズーリ・パシフィックの傘下に入ります。



実車例

T&Pの600型・ATSFの5000型
国鉄E10型



Overland(オーヴァーランド)
Southern Pacific(サザン・パシフィック)
○○-●●●●●ー○(4-10-2)



実車例

SPのSP1型~SP3型・UPのFTT1型



Javanic(ジャヴァニック)
○ー●●●●●●ー○(2-12-2)



Capartic(カパルティック)
○-●●●●●●ー○○(2-12-4)



Centipede(センティピード)
○○-●●●●●(4-10-0)

「センティピード」とは百足類の事で、ムカデやらヤスデやらの仲間です。動輪の数が多いのでこのような名前になったのでしょう。



Union Pacific(ユニオン・パシフィック)
○○ー●●●●●ー○(4-10-2)



実車例

UPのUP1型~UP5型



Soviet(ソヴィエト)
○○ー●●●●●ー○○(4-10-4)



6動軸の機関車

Holman(ホルマン)
○○○-●●●●●●(6-12-0)



関節構造の機関車

Pennsylvania(ペンシルヴァニア)
○○○-●●ー●●●ー○○○(6-4-6-6)
○○-●●●ー●●●●ー○○(4-6-8-4)

同じ名前なのに随分と違う車軸配置のものを含みますが、どちらの場合も車軸の数の合計だけは11軸となって共通です。ちょっと、理解しにくい車軸配置ですね。



Leader(リーダー)
Erie(イリー)
●●●ー●●●(0-6-6-0)



Alleghany(アレゲニー)
Blue Ridge(ブルー・リッジ)
○ー●●●ー●●●ー○○○(2-6-6-6)

機関車メーカーのLima(ライマ)が2-12-6を売り込みにきたのに対して、C&Oが逆に提案する形でこの軸配置になったと言う逸話があります。アレゲニーと言うのは、C&Oがアレゲニー山地を通る区間にこの機関車を配置したことに起因したと記憶しています。実際、この軸配置の機関車を一番沢山所有したのはC&Oだったようです。



実車例

C&OのH1型~H8型・VIRGINIANのAG型



Challenger(チャレンジャー)
○○ー●●●ー●●●ー○○(4-6-6-4)



実車例

UPのCSA1型~CSA5型・NPのZ6型~Z8型・CLINCHFIELDのE1型~E3型



Angus(アンガス)
●●●●ー●●●●(0-8-8-0)

Apr 20, 2007.

元来が、勾配区間の補機用として考案された車軸配置です。後には「勾配区間用」と言う用途が幸いしたのか?ヤード内のハンプ押し上げ用としても製造されるようになります。この車軸配置の機関車は全米併せても100輛にも満たない少数派ですが、その内の1/3をB&OのLL1型で占めています。但し、B&Oの所有した0-8-8-0軸配置の車輛は、このLL1型のみです。



実車例

B&OのLL1型(全30輛)・NYCのNU-1系(全16輛)



Bull Moose(ブル・ムース)
○ー●●●●ー●●●●(2-8-8-0)



実車例

UPのMC2型~MC6型・KCSのG1型



Chesapeake(チェサピーク)
Mallet consolidation(マレー・コンソリデーション)
○ー●●●●ー●●●●ー○(2-8-8-2)



実車例

NPのZ2型~Z4型・N&WのY3・DM&IRのM型~M2型



Articulated consolidation(アーティキュレーティッド・コンソリデーション)
○○ー●●●●ー●●●●ー○(4-8-8-2)



実車例

SPのAC4型~AC8型



Yellow Stone(イエロー・ストーン)
○ー●●●●ー●●●●ー○○(2-8-8-4)



実車例

NPのZ5型・DM&IRのM3型



Big Boy(ビッグ・ボーイ)
○○ー●●●●ー●●●●ー○○(4-8-8-4)



実車例

UPの“Big Boy(4000~)”



Virginian(ヴァージニアン)
○ー●●●●●ー●●●●●ー○(2-10-10-2)

元来はATSFが2-10-2軸配置の機関車2輛を改造して、関節構造の大型機関車1輛に仕立てた、、、と言うのが発端であるようです。現在、この軸配置の機関車として確認できるのは、ATSFとヴァージニアンの各1形式10輛づつのみです。



実車例

ATSFの3000級・ヴァージニアンのAE級



Triplex(トリプレックス)
○ー●●●●ー●●●●ー●●●●ー○(2-8-8-8-2)
○ー●●●●ー●●●●ー●●●●ー○○(2-8-8-8-4)

シリンダが3組(=合計6気筒分)ありますのでビッグ・ボーイやらチャレンジャーやらのシリンダ2組で4気筒分の関節式機関車よりも50%増しの牽引力、、、とは絶対にならないのがこの種の複合型?機関車の悲しいところです。間違い無く普通の関節式の機関車よりは大きな牽引力は得られるようですが、得られたもの以上に保守に手間が掛かることは素人目にも明らかです。アメリカ的な大艦巨砲主義の象徴みたいな存在です。



実車例

ERIEの5014号機・VIRGINIANの700号機



先輪、動輪、従輪、

May 11, 2003.

先輪も動輪も従輪も蒸気機関車に使用される「車輪」の事で、動力の掛かる車輪を特定して表現する場合は「ドライバー(Driver)」または「ドライビング・ホイール(Driving wheel)」と言います。単純に「ホイール(wheel)」と呼んだ場合は動輪以外の非動力の車輪やテンダーの車輪などを指します。

動輪にはサイドロッドが取り付けてあり、各動輪を連動します。その動輪の中でもシリンダからの動力を伝達するメインロッドが取り付けてあるのが主動輪です。各動輪にはバランスウェイトと呼ばれる錘が車輪外側外周部に取り付けられており、主動輪のバランスウェイトは他の動輪と同様か、或いはやや大きいか、と言ったサイズとなります。通常、動輪は左右に首を振る事は有りませんので、固定軸距離の長い(=動輪の軸数の多い)機関車では急曲線の通過に支障が出る場合が有りますので、中央付近の動輪はフランジが無い場合があります。



コッペル製機関車の動輪(井笠鉄道)
コッペル製機関車の動輪(井笠鉄道)



ボールドウィン製機関車の動輪(赤沢森林鉄道1号機)
ボールドウィン製機関車の動輪(赤沢森林鉄道1号機)



ポーター製機関車の動輪(東洋レーヨン103号機)
ポーター製機関車の動輪(東洋レーヨン103号機)
左側はフランジ無し



ドイツ連邦鉄道01型の動輪(鉄道博物館で撮影)
ドイツ連邦鉄道01型の動輪(鉄道博物館で撮影)



模型の場合、ティンプレートでは動輪が3軸以上の機関車では、結構中央の車輪にフランジが無い事が多いです。ヨーロッパ製の模型では4軸以上、アメリカ製の模型では5軸以上がフランジ無しの車輪が多く発生し始める境目でしょうか。但し、フランジ無しの車輪は結構目立ちますので、フランジを無くさない代わりに中央付近の車輪が左右に自由に動けるようにして実質的な固定軸距離を短縮すると言う解決策を採るメーカーもあります。ティンプレートの機関車の車輪は銀ピカメッキのままの場合が多いので、こうでもしないとフランジ無しが目立ってしまうのですが、動輪に左右の自由動きを与えるのはヨーロッパのメーカーに多いです。



先輪は動輪よりも前にある車輪で、高速走行時に車輛が安定できる様にする事が最大の目的です。後退時の走行安定性を重視すると従輪が先輪と同様の役割を担いますが、この点に着目した軸配置が2-10-2(サンタフェ)と言う軸配置で、元々2-10-0(デカポッド)を使用していたATSF鉄道が後退時の走行安定性に不満が有ったので、これを改良する為に考案したと言うのは有名な逸話です。



ピッツバーグ製機関車の先輪(鉄道省2850型)
ピッツバーグ製機関車の先輪(鉄道省2850型)



ブルックス製機関車の先輪(尾西鉄道1号機)
ブルックス製機関車の先輪(尾西鉄道1号機)



ピーコック製機関車の先輪(東武鉄道34号機)
ピーコック製機関車の先輪(東武鉄道34号機)



従輪には先輪とは違った火室の荷重負担と言う役割もあります。「火室」と言うのは石炭や薪などの燃料を燃やす燃焼室の事ですが、機関車の出力を増大させる為に蒸気の発生量を増やす(=燃料を燃やす量を増やす)と、当然乍ら燃焼室である火室の面積は増大し、この部分の長さが車輛後方へ伸びて行き、火室付近の荷重が増える事になります。

この為に従輪が火室を支えてやる必要が有るわけです。また、沿線の炭田で低質炭しか確保できない鉄道の場合は、どうしても単位重量辺りの石炭の火力が小さいから燃やす量を増やさねばならないので火室を広げなければならない、従って従輪も多くなると言う傾向が有るようです。



ボールドウィン製機関車の従輪(赤沢森林鉄道1号機)
ボールドウィン製機関車の従輪(赤沢森林鉄道1号機)



もう一つ、これはタンク機関車の場合に顕著なですが、テンダ機関車の場合と違ってタンク機関車は逆向きで運転する機会が多くなります。その場合は従輪は先輪の役目を果たす必要性が出てきます。



ヴァルヴギアやロッドなど

Nov 28, 1999.

ヴァルヴギアと言うのは蒸気機関車の逆転機やら何やらのメカニズムの事です。

初期にはスティーヴンソン式(=ステヘンソン式)が使われる事が多かったようですが、見掛けは簡単でも台枠内部にかなりの機構部分を抱え込んでいるからでして、メンテナンスの点では不便で、この点ではワルシャーと式やベーカー式とは異なります。アメリカ型の機関車では概ね1850年代から1900年代に掛けて使用されています。日本にアメリカ製の機関車が多数輸入されたのはこの時期ですから、アメリカから輸入された機関車の多くはスティーヴンソン式です。例えば、B6(=2120型)などが代表的なスティーヴンソン式の機関車です。

ベーカー式やワルシャート式はスティーヴンソン式ヴァルヴギヤと異なり機構の大部分が外部に露出しているのでメンテナンスの点では有利、と言えます。日本ではワルシャート式が主流ですが、アメリカではベーカー式が主流です。ワルシャート式はベルギーの技術者E.ワルシャートが1844年に発明したもの、ベーカー式はA.ベーカーが1903年に発明したものです。ドイツではワルシャート式の事をホイジンガ式と言うようです。

一方、ロッドと言うのは動力を伝達する棒の事で、蒸気機関車の場合はシリンダからの動力を主動輪に伝えるのがメインロッド、主動輪から動輪同士に動力を伝え合うのがサイドロッドと言います。電気機関車やディーゼル機関車でも内側台枠で希にロッドを有する車輛が有ります。



ベーカー式ヴァゥヴギアの各部の名称

ベーカー式ヴァルヴギアを使用したIHCの機関車の例