Mallet/マレー式

Dec 5, 2000.

フランスの科学者、アナトール・マレー(Anatore Mallet)が1800年代末に考案した機関車を強力化・高効率化するための方法で、複式機関車で2組の走り装置を持ち関節構造になっている機関車のことです。ボイラー直下に「首を振らない走り装置+高圧シリンダ」の組み合わせがあり、此処で使った蒸気を、前側の「ボギー構造で首を振る走り装置+低圧シリンダ」で再利用する複式構造となっています。ボギー構造になっていても複式ではない単式機関車はマレーとは言わず、それは単なる関節式機関車です。つまり、「関節構造+複式」と言う要件を満たした機関車のみが「マレー式」と言うことです。

マレー式機関車(鉄道院9800型)
マレー式機関車の例、鉄道院9800型(ボールドウィン製)。