鉄道模型考古学

Oct 22, 2005.

同じ著者の本でNゲージ編も複数出ていますが、こちらは先行して発売された16番ゲージ(≒HOゲージ)編の方です。これだけの製品をよくもコレクションされたものだと感心させられてしまいます。恐らくは幾許かはご本人が所有されていない模型もあるとは思いますが、それにしても、膨大な数量で壮観です。とれいん誌にも最近になって同種の記事が連載されていますが、流石にとれいん贔屓の私でも「鉄道模型考古学」の圧勝は認めざるを得ません。版元品切れのようですが、古本屋を探し回るだけの価値はあると思います。



書名 鉄道模型考古学
著者 松本吉之
出版元 株式会社ネコ・パブリッシング 東京都目黒区碑文谷4丁目21-13
電話 03-5723-6009
ISBN 4-87366-078-5
定価 4384円(税込み)
初版 1995年(平成7年)3月


一つだけ気に入らない点は、この本に限りませんがネコの本は少々判型が大き過ぎますから保管に不便です。「国際判」を標榜しているようですが、あそこまで中途半端に大きな本は、私の知っている外国の出版社では出版していないようです。一体、どこの国を中心として国際云々と言い出したのか興味がある処です。表紙と裏表紙は低価格SOHO用複合機のスキャナで読み取りたい、、、と言うか他社の本は原則として表1と表4はスキャナで読み込んでいるんですが、A4用のスキャナでこのサイズは無理です。



鉄道模型考古学(ネコ・パブリッシング)
鉄道模型考古学(ネコ・パブリッシング)。



鉄道模型考古学(ネコ・パブリッシング)
鉄道模型考古学(ネコ・パブリッシング)。タンク機のページですが下右の車輛はカワイモデルのCタンクです・自由型と言うことになっていますが、実は立山重工製のナローゲージ用の機関車をオーバースケール化?した車輛です。これ、私が生まれて初めて親父に買ってもらった鉄道模型の動力車です。それ以外は天賞堂のダイキャスト製Cタンク機と1Cタンク機です。



鉄道模型考古学(ネコ・パブリッシング)
鉄道模型考古学(ネコ・パブリッシング)。



鉄道模型考古学(ネコ・パブリッシング)
鉄道模型考古学(ネコ・パブリッシング)。日東科学教材の製品の紹介ページ。実は日東科学教材の店舗には50年ほど前に親父に連れられて行った事があります。確か、TMSの特集シリーズを買ってもらったんじゃないかと思いますが、流石に記憶が怪しいです。その後に、またしても親父に連れられてピノチオ模型の旧店舗で右上のB凸型機関車の車体だけのジャンクを買ってもらいました。小学生にジャンク車体を買い与えて如何しようとしたのかは判りかねますが、この辺りが私が道を踏み外してジャンク屋廻りが好きになってしまう遠因になっていると言う気がします。