特集シリーズ5「模型車輛デザインブック」

Dec 5, 2009.

その昔に、TMS誌主催の自由型車輛のデザインコンペが行われていまして、その入賞発表特集号のような内容です。それ以外には実物の車輛や、車輛の部品に関する解説が含まれています。この当時の常連筆者には日本車輛製造に勤務しておられた方が多かったとかで、内容も日車寄り、同時期に発売されていた「スタイルブック」と言う図面集に掲載されている車輛も日車製のものが多かったとは有名な話です。



記事名号数著者
客車とその編成50藪田 昆6
貨車とその編成54藪田 昆10
自由型の思い出32山崎喜陽13
電車のトラック25伊藤 剛・池田葵一16
電車の床下32池田葵一20
デザインコンクール発表第1回長距離急行電車15
24
デザインコンクール発表第3回15~18m級電車60
28
国電とその編成42藪田 昆42
ゲテモノクラブ18本誌記者座談会39
日本型蒸機の設計と標準寸法18・19酒井喜房47
デザインコンクール発表第2回テンダー機関車22
56
デザインコンクール発表第4回タンク機関車72
64
青写真原図の作り方43伊藤 剛70
凸型電機54山崎喜陽72
ゲテモノサロン35石橋春生76
1枚の写真から夢の花咲くこともある42なかお・ゆたか81


全般に模型車輛の設計の参考になったり、発想の源泉になるであろうと思われるような記事が多いです。そのために、この本に記載された車輛が、後に模型として製作されて作品発表される場合が多々あります。例えば、「ゲテモノクラブ(18号/39頁)」に出てくるイギリスの蒸気動車は、後に少々姿を変えて「スティームカーNo.25」として山崎主筆の手により「変わった車輛30題(特集シリーズ10)」に発表されます。

この本に掲載されている記事の中で、最も古いものはTMS(鉄道模型趣味)誌15号のもので1949年(昭和24年)9月号、一番新しいものはTMS(鉄道模型趣味)誌77号のもので、1955年(昭和30年)1月号の記事です。この本の初版は1958年(昭和33年)3月20日に発行、1963年(昭和38年)12月25日に再版が発行されています。私の持っているこの本は最終刊として多少中身の入れ換えをして発行されたようで、途中の45頁と46頁が欠頁になっています。落丁とかでは無くて、この2頁分はページ番号を振り直すのが面倒だから?飛ばしてあるみたいです。現在のようにコンピュータやらで編集していなかった頃ならではの珍事と言えるのでしょう。



模型車輛デザインブック
模型車輛デザインブック。



模型車輛デザインブック
模型車輛デザインブック。



模型車輛デザインブック
模型車輛デザインブック。



模型車輛デザインブック
模型車輛デザインブック。


















お中元にいかがですか。