ミニ旋盤を使いこなす本/同応用篇

Jan 14, 2001.

「子供の科学」や「MJ無線と実験」と言った雑誌類でお馴染みの誠文堂新光社から出ている本です。恐らくは、この版元が出している最良の本の1つ(2つ?)と考えて宜しいでしょう。独立した単行本ですが2冊で1セットと考えた方が良いように思います。実際に、2冊まとめて買うだけの価値はあると思います。



書名 ミニ旋盤を使いこなす本(本編) ミニ旋盤を使いこなす本(応用編)
著者 久島諦造(くしま・ていぞう)
出版元 誠文堂新光社 東京都文京区本郷3丁目3-11
電話 03-5999-5444
Fax 03-5800-5727
ISBN 4-416-39031-9(本編) 4-416-39609-0(応用篇)
定価 4100円(本編) 4300円(応用篇)


名前は「旋盤を、、、」となっていますが、金属の切削加工全般に渡って極めて有益な本です。著者はライブスチームがお好きなんだそうで、加工例にはかなりその種の題材が出てくるのも鉄分の多い人間には好都合です。ちょっと高かったですが、この2冊は思い切って買ってしまって良かったです。何分にも、余りにも有名な書籍なので、工具店の旋盤売り場にも置いてあったりするような存在です。機芸出版社から発行されている「鉄道模型工作技法」が手作業工具での工作を解説をした代表的な書籍とすれば、こちらは小型旋盤を中心とした工作を解説した書籍の代表格と言えると思います。