特集シリーズ1「鉄道模型作品20題」

Nov 14, 2009.

「特集シリーズ」としては第1号となる記念すべき本で、車輛工作記事が20本収録されています。日本型の部品が潤沢に出回っていなかった事と、各模型店が対米輸出の影響を受けている事から米国型や自由型の記事が多いのも、この時期の記事の特徴です。金を持っているのは戦勝国のアメリカ人であって、敗戦国の日本人には金が無い、従って模型業界はアメリカ型を中心に商売をするので、その「おこぼれ」が店頭に並んでいる、日本人は「おこぼれ」の恩恵にあずかるしかない、、、と言う図式が見て取れます。この本に続く「レイアウトブック」にも、この傾向は見て取れます。



記事名号数著者
赤い古典ロコ24なかお・ゆたか8
C53型蒸気機関車38佐藤昌武10
自由型電車De720137高野敏一12
ハドソン製作顛末記35なかお・ゆたか16
夢を気にする話31赤井哲朗21
アメリカ型四題22編集部22
8ミリゲージのディーゼル列車
「サンビーム号」
22伊藤 剛22
木造自由型電車26田村 豊28
私の作品17吉田裕之33
5輛の米国型蒸気機関車44芝崎竜夫36
モヤとモワ31N 生42
D52型蒸気機関車41新井源三郎44
たんたん式とカブース41赤井哲朗46
16番貨物列車(贋作“夢を気にする話”)38なかお・ゆたか48
私のハドソン36佐藤昌武51
ドックサイド製作記40荒川弘文54
イーハトーヴォ高原鉄道34岩手謙之助60
京浜電車三重奏35上田昌広64
よんよんれい30山崎喜陽67
流線型ディーゼル電機45編集部71


8ページの「赤い古典ロコ」は中尾豊氏の有名な機関車で、プロトタイプはボールドウィン製の5060型と言うコロンビア機です(車軸配置は2-4-2)です。こう言うほのぼのした車輛の記事ばかり読んでいれば、私も機芸出版社を敵視するような人生は送らなかったと思っています。この本自体は、1981年(昭和56年)の最終増刷の際に入手した筈なので、ちょっと遅かったようです。小学生低学年で鉄道模型の泥沼?に足を踏み入れた際に親父がこの本も買ってくれていれば、私も随分違った人生を歩んで行けたものを、、、。

51ページのハドソンと、54ページのドックサイドはTTゲージの作品発表です。10ページのOJのC53と、51ページの米国型ハドソンは同じ佐藤昌武さんと言う作者の作品ですが、この方はTTゲージの原型とも言うべき1/100で11mmゲージの模型を1937年(昭和12年)に作っていたそうです。それ以上に、伊藤剛さんの「8ミリゲージのディーゼル列車“サンビーム号”(22ページ)」は1941年(昭和16年)の作品ですから驚かされます。山崎主筆の「よんよんれい(67ページ)」はこれに次ぐ古い作品で1943年(昭和18年)製です。恐らく日本の16番ゲージの作品としては最古の部類でしょう。

「イーハトーヴォ高原鉄道(60ページ)」の名前はこの後も出て来ますが、宮沢賢治の作品の中に出てくる岩手起源?の架空の地名を採ったものです。作者が岩手謙之助さんと言う方なので、ご自分のご苗字と宮沢作品の鉄道の立地(岩手県)を掛け合わせて命名された鉄道名のようです。「夢を気にする話(21ページ)」も同様ですが、なんとなく詩情溢れる作品の発表が多かったのは、スケール物を作ろうにも部品供給が少なくやむなく自由型に走る事になり、それぞれの作者がご自身の美意識の発露として作品発表したためではないかと思われます。

この本に出てくる11mmゲージだとか8mmゲージだとかでは車輪から自作するしかありませんが、この時期の作品は16番ゲージであっても車輪はタオル掛けのパイプから輪切りにして自作したとか、金属円盤をドリルレースで加工して作ったとか言う話が枚挙にいとまがありません。良くも悪くも、かなり覚悟を決めてかからないと、鉄道模型にはとてもじゃないけど手が出せないし、既製品はあっても余程のお大尽でなければ買えなかったような時代の話です。

この本に掲載されている記事の中で、最も古いものはTMS(鉄道模型趣味)誌17号のもので1949年(昭和24年)12月号、一番新しいものはTMS(鉄道模型趣味)誌45号のもので、1952年(昭和27年)6月号の記事です。今からざっと50年とか60年前に執筆された記事で、“サンビーム号”に至っては70年近く前に作られた作品と言う事になります。「ミキスト1」も同様ですが、「戦前はどうだった」などと言う話が良く出て来ます。戦前とは言っても、TMSの創刊の時点から考えればたった2年前の話ですから、決して昔話が書いてある訳でもありません。今になって読んでみるとタイムスリップし掛かっているような、奇妙な感覚に襲われて面白いものです。この本の初版は1957年(昭和32年)1月15日に発行、1981年(昭和56年)11月1日に第4版(最終版)が発行されています。



鉄道模型作品20題
鉄道模型作品20題。表紙の車輛は中尾豊氏の手になるハドソン機です。自由型機ですが、C61を改装?した車輛です。



鉄道模型作品20題
鉄道模型作品20題のグラフページ。中尾豊氏の自作車輛を集めたページです。



鉄道模型作品20題
鉄道模型作品20題の「夢を気にする話」。ムキ教の経典とも言うべき記事で、これ以降、「ムキ教」と言う言葉は無数と言って良いくらい繰り返されます。「夢を気にする」の漢字の部分を音読みすれば「ムキ」となりますが、「ワム」「トム」などの2軸貨車にボギー台車を履かせて「ワキ「トキ」などのような車輛に仕立て上げるから「ム→キ」と言う言葉です。元来が車体長の短い車輛を弄るのですから、所謂「ショーティー」とは意味が異なります。