特集シリーズ17「小レイアウトと小型車輛」

Apr 27, 2007.

「小レイアウトと小型車輛」は中村汪介さんと言う方が、ご自分でお作りになった三津根鉄道を中心として、お一人で執筆された記事をまとめた本です。この辺りは機芸出版社のオーナーである山崎喜陽氏がお一人で執筆された特集シリーズ4・12の「ミキスト1」と同様です。但し、山崎主筆は社内スタッフですから兎も角も、中村汪介さんはそのような立場の方では無い筈ですからかなり異例な抜擢とも言えます。

中村汪介さんと言う方は「レイアウトサロン(特集シリーズ14)」にお名前が出てくる方で、ご本人以外の記事は短編が2本あるだけです。中村汪介さんの執筆された国鉄キハ40000の記事と一緒に別の方が書いた宮崎交通のチハ100型が載っていますが、これはキハ40000を改造した蓄電池式の電車の記事であり、もう一つの西大寺鉄道の車輛の写真も、中村汪介さんの単端式ガソリンカーの記事に絡めての事です。



小レイアウトと小型車輛
小レイアウトと小型車輛(表紙)。



小レイアウトと小型車輛
小レイアウトと小型車輛。左上の写真は、三津根鉄道の旅客駅に入線して来た単端式気動車と客車で、どちらも西大寺鉄道の車輛をプロトタイプに選ばれたものです。



三津根鉄道と言うのはニ井林一晟(にいばやし・いつあき)氏のみずほ鉄道と同様に畳1枚程度の大きさに作られた、著名な日本型レイアウトです。瑞穂鉄道は複線で、リバースがあって、立体交差もあるので比較的線路配置が複雑ですが、それに対して三津根鉄道の方はエンドレス1周に引込み線が付いた程度の、比較的単純な線路配置で、その事が却ってローカル線らしさを醸し出しているとも言えます。表紙の写真は三津根鉄道そのものです。

この本の著者の中村汪介氏は、この後もTMS誌(鉄道模型趣味誌)に入門者向けの車輛工作記事を寄稿されたりする他にも、模工誌(模型と工作)誌だったか、模ラ(模型とラジオ)誌と言った、中学生・高校生向きの雑誌でも、時折、お名前を拝見した記憶があります。この方の文章は高ぶらず、穏やかで好感の持てるものです。1966年(昭和41年)前後のTMS誌に頻繁に初心者向け的な車輛製作記事、所謂「***型の作り方」的な記事をお書きになっています。

この本の初版は1965年(昭和40年)11月1日に発行、1968年(昭和43年)8月15日に第3版が発行されています。


















お中元にいかがですか。