特集シリーズ10「変わった車輛30題」

Feb 27, 2010.

「変わった車輛30題」はどう言う事情からなのか、特集シリーズとしての号数は「10」なのに、発行時期はかなり遅いです。出版する予定だけは入っていたものの、当時としては題材が特殊なために、出版する事に躊躇いがあったからなのかもしれないです。

簡単に言ってしまえば、ナローゲージ、ないしはナローゲージ的な車輛の工作記事を集めた本です。ナローゲージの鉄道模型は現在ではごく一般的なものですが、発行時点では相当な奇人変人しか手を出さないと思われていたのかもしれないですね。「変わった車輛」と言っても内容は千差万別で、手工芸的な正に芸術作品と言うべきモノもあれば、何処をどうみてもゴミにしか見えないモノも、一緒に収録されています。



記事名号数著者
私の列車88角倉彬夫7
ナローの客貨車124角倉彬夫11
スティーム・トラム90木村恒興15
ヒマラヤの機関車117澤田 曠18
ヒマラヤのロコ・木曽のロコ155なかお・ゆたか22
シングルドライバーの製作131高木辰雄28
岸和田軽便鉄道130中村福雄31
双合機関車102木村恒興41
ヨナ号を作って133林 卯太郎44
軽便風の汽車ポッポ112二井林一晟48
ガソリン機関車と貨車と121赤井哲朗52
24時間で作った凸型荷電142高木辰雄54
ナローの車輛たち150和久田恵一57
凸電2輛158和久田恵一62
チビ凸電と2軸客車145和田俊一66
ミスターL(草軽電鉄のジェフリー機)142河村かずふさ69
ゆかいな長物車61山崎喜陽72
ケキハを作って四通り151
77
瑞穂鉄道のチビガソ105二井林一晟82
単車と単端105高井薫平84
スティーム・カーNo.2559山崎喜陽86
ライター列車68岩手謙之助89
豆電車ナンバーゼロ58川口邦雄90
福島電鉄ニモ1124二井林一晟92
満員人電車が走ります103三ツ矢 明95
ローマの市電87澤田 曠・虎野良夫98
登山電車ができました106西 敏夫101
花巻電鉄デハ1152畑 一男104
モデルの国にも雪が降る94榎  陽101


表紙の挿絵の機関車は「ヨナ号(133号に掲載・44ページに収録)」と言う車輛で、これを作られた方は林卯太郎さんと言われる方で、金属工芸作家だったようです。この方の作品が掲載されたのはヨナ号以外では同じく特集シリーズに含まれる「日本型蒸気機関車の工作」に掲載された、天賞堂製のCタンク機をモーガル(軸配置2-6-0)のテンダ機に改造した車輛の記事と、この2本だけのようです。2軸の路面電車に乗客を満載した「満員電車が走ります(103号に掲載・95ページに収録)」と言う記事の著者は、「特殊構造をもつ機関車とライブスチーム」の著者でもある三ツ矢明さんと言われる方で、この方は関西地方の某公立大学で教職の立場にあった方らしいです。

これ以外にも、オーナーであった山崎喜陽氏の手になるシングルドライバーの蒸気機関車+天賞堂製のアメリカ型コンバインのキットの組み合わせの連接式蒸気動車「スティーム・カーNo.25」や、長年の使用で車体中央部が垂れ下がってしまった「ゆかいな長物車」とか、味わい深い記事が多数あります。この方、この種の単品物の小さめの自由型車輛の記事をお書きになると飄々とした枯淡の境地とも言うべき趣を感じさせてくれます。何分にも私は、この種の小型車輛の記事に滅法弱いので、尚更そのように感じるのかもしれないですが。私、当サイト内ではTMS誌の事をボロクソに書きまくってますが、私の敵意の標的は山崎主筆ではありませんので念のため。

有名な角倉彬夫氏のイプシロン鉄道の車輛の内の、ナローゲージの車輛もこちらに掲載されています。例の「エグジスタンス号」の記事もこの本に掲載されているのですが、一連の角倉彬夫氏氏の記事がこの本の白眉と言えるでしょう。

この本の初版は1965年(昭和40年)4月1日に発行されていますが、時期としては17冊目の特集シリーズである「小レイアウトと小型車輛」が発行される半年前のことです。後に1973年(昭和48年)3月20日に再版が発行されています。



変わった車輛30題
変わった車輛30題。表紙の車輛は「ヨナ号(林卯太郎氏作)」です。