世界の鉄道模型「メルクリンのすべて」

July 28, 2007.

「サンポウジャーナル」と言う出版社から発行されていたメルクリンのムック本です。今世紀初頭にヤフーオークションにこの本が出回り始めた頃にはかなり落札価格が高騰したようですが、その後は落ち着いているみたいです。実際、古書店でも状態次第でしょうが同じ時期には1000円から2000円の範囲で販売されているようです。今でもたまに出品されていますが、以前のように暴騰することは無いようです。

実はこの本、前世紀末に神保町周辺の古書店で、鉄道関連書籍を扱う店ではかなりの頻度で見掛けた記憶があります。それも、1度のみならず、売れてしまって暫く経つとまた補充?されていたりと、どうも不思議な動き方をしていました。サポウジャーナルと言う版元は現存しないようですが、何処かの会社が纏めて、数回に分けて処分・放出したのではないかと勘繰ってみたくなると言うものです。

現存する出版社のうちで「サンポウジャーナル」と類似する社名の会社としては「産報出版」「三宝出版」「さんぽう」の3社がありますが、どの出版社も「サンポウジャーナル」とは無関係のようです。広告は一切載せていないし、この会社の他の書籍の紹介(=宣伝)が出稿されているわけでもありません。どうも、商売っ気に欠ける出版社のようです。だからと言って、自費出版や個人出版と言う訳でもなさそうです。

因みにこの会社の所在地には、現在は東日本銀行の支店が在りますが、この出版社とは無関係みたいです。編集人の名前として「小林恒雄」さん、発行人の名前として「久保田実」さんと言うお名前が奥付に見受けられますが、現在は何を生業としている方なのか、判然としませんでした。40年ほど前に発行された正体不肖?の書籍ですから、こんなことばかり嗅ぎ回っても意味は無いですが。



書名 世界の鉄道模型「メルクリンのすべて」
初版 1979年(昭和54年)1月20日
出版元 株式会社サンポウジャーナル
東京都港区浜松町1丁目10-17
定価 2200円(税抜き)


世界の鉄道模型・メルクリンのすべて
世界の鉄道模型"メルクリンのすべて"(サンポウジャーナル)。



内容は終始メルクリン関連の記事のみです。19世紀に販売された製品の写真があり、現行製品の紹介があり、製品の使用方法に関する記述があり、工場訪問記事があり、メルクリン愛好者による座談会があり、と言った内容です。「カタログが物凄く詳しくなったような内容」とでも言えば当たらずとも遠からず、でしょうか?。掲載されている線路システムはM式とK式だけで、当然乍らC式は未だ発売されていない時期です。

メルクリン製品を愛好なさる方であれば文句無く楽しめる内容です。発行されたのは40年ほど前のことですが、未だに「メルクリン=売国奴・非国民」と言った愚かな論調を張る出版社が跳梁跋扈していた時期だからなのか、既存の雑誌類でお名前を見掛けるような方は、この本の中には名前が出てきません。

監修と、主な部分の執筆は近藤弘さんと言う方がなさったようですが、この方は博士号をお持ちの何処かの大学の教授職の方のようです。文体は故・篠原正瑛先生を髣髴とさせるような、どちらかと言えば年配の知識人らしき風格を感じさせるものです。編集協力者の中に、篠原先生ご自身も名前を連ねていらっしゃいます。ネット上で、この「近藤弘」さんと言う方のお名前を色々と調べてみたのですが、生憎該当すると思われる方のお名前はヒットしませんでした。ヒットするのは、同姓同名の博士号持ちの教授でも、もっとお若い方ばかりでした。