特集シリーズ13「電車工作集」

Mar 13, 2010.

書名の通り、電車の工作に関する記事を集めた本です。それと同時に、Oゲージの力作が何例か掲載されています。電車嫌い・Oゲージ嫌い・外国型嫌いとしか思えない機芸出版社の本としては、驚天動地の意外な存在です。恐らく「特集シリーズ」の中では、一番Oゲージの比率が高いのではないかと思われます。

全般に工作水準が高い作品が多く、松尾緑郎氏の「湘南型80系300代6連(129号/44ページ)や、吉村善次氏の「阪和モヨ100形(135・136号/84ページ)」などは白眉と言うべきでしょう。木造電車の作品発表も多くて、坂本衛氏の「近鉄木造260形(109号/93ページ)」、赤松輝雄氏の「南海木造1001形(110号/96号)」、和田俊一氏の「京阪大津線90形(132号/98ページ)」、なかお・ゆたか氏の「阪急木造1形(106号/100ページ)」の4本の記事は木造車4連発でなんとも壮観です。なかお・ゆたか氏は電車を余りお作りにはならないようですが、この阪急1形や、後にTMS本紙に発表されたピノチオ製伊豆急100系のキットを組んで自由型化した2連の電車など、味わい深い小品を残されています。蒸気機関車の秀作を多数作られたようですが、この方の本領は短編成の電車にあるように思います。



記事名号数著者
電車の技法117・118なかお・ゆたか12
電車の床下伝動112
22
16番電車製作技法101赤松輝雄28
パンタグラフの製作実技92・93吉田裕之31
国鉄モハ43系5連124森田 実37
国鉄モハ52系4連136森田 実40
湘南型80系300代6連129松尾緑郎44
こだま型8連150赤松輝雄48
小田急SE車デハ3000形115下島啓亨53
阪神電鉄3501形145松永尚夫56
南海電鉄11009系112赤松輝雄61
近鉄モ1460形123三輪善美62
近鉄モ1460形127松尾緑郎65
阪急600型と1200系130平田泰一70
阪急京都線100系2連120・121小島 洋75
阪神851・861形5連123上中孝三82
阪和モヨ100形135・136吉村善次84
近鉄木造260形109坂本 衛93
南海木造1001形110赤松輝雄96
京阪大津線90形132和田俊一98
阪急木造1形106なかお・ゆたか100
私鉄電車作品集144
104


「電車の床下伝動(112号/22ページ)」は「電車と機関車の工作」に掲載された「伝導装置誌上展」のような記事ですが、3人の作者が床下伝動方式で自作した自分の作品について語る、と言うものです。「伝導装置誌上展」よりも、実践的で好感の持てる記事です。吉田裕之氏の「パンタグラフの製作実技(92・93号/31ページ)」も非常に良い教科書的な記事です。記事の表題の横に「作れば出来る!作ろうとしないだけである」と言う文言が添えられていますが、私のような不精者にはまさしく耳に痛いお言葉です。台車に関して言えば、小島洋氏の「阪急京都線100系2連(120・121号/75ページ)」は市販のD型台車の改造、吉村善次氏の「阪和モヨ100形(135・136号/84ページ)」は自作で、どちらも良く作り込まれた秀作と言えますが、どちらもOゲージの作品です。

この本の初版は1963年(昭和38年)6月1日に発行、1965年(昭和40年)6月1日に再版が発行されています。収録されている記事自体は92号(1956年・昭和31年発行)から150号(1960年・昭和35年)に掛けて発表されたものが収録されており、その中でも110号辺りから140号くらいまでに収録されたものが中心となっています。



電車工作集
電車工作集。



電車工作集
電車工作集。Oゲージの電車の制作記事ですが、車体はボール紙製で、屋根は木材をくり抜いて作られたものです。台車はDT16を改造して軸距離を短くしてあります。この記事は率直に言って、かなり格調高いです。Oゲージに限りませんが、電車の自作記事としては最高峰と言えるでしょう。



電車工作集
電車工作集。こちらは16番(≒HOゲージ)で80系300番代車を真鍮車体で自作する記事です。この本には、渾身の力で自作されたこの種の制作記事が多数収録されています。


















お中元にいかがですか。