機芸出版社について

機芸出版社の社名を「機芸社出版」と呼ぶ方がいらっしゃいますが、創業時は兎も角も1954年(昭和29年)頃までは有限会社機芸社を名乗り、1954年3月号(67号)の巻末告知で株式会社への組織変更と、「機芸出版社(きげい・しゅっぱんしゃ)」への社名変更が案内されています。多分、「機芸社出版」と呼ばれる方は、かなり年配の方なんでしょう。流石にジジイの私でも、この会社は物心ついた時点では既に「機芸出版社」でした。

「機芸」と言う名前は「機械と芸術の融合」と言う願いを込めての命名と漏れ聞いております。場所は小田急小田原線の祖師ヶ谷大蔵(そしがやおおくら)駅から歩いて5分程度の住宅地の中です。道が狭くて混み入っていて判りにくいのは、世田谷の旧市街地に特有の現象です。広々として判り易い場所は田園調布や成城学園にした駅前一等地くらいで、大半の場所はかなり複雑怪奇だったり、自動車1台が通過するのがやっとの場所もかなり多いです。初めて訪ねる場所だと場所を探すのに時間が掛かると言う点では同様です。祖師谷周辺は全くの住宅地で、商店やら工場やらは皆無のようです。企業の事務所があったとしても、自宅開業の自営業の人の、いわゆるSOHO的な事務所である場合がほとんどなんでしょう。

失礼ながら、予想していた以上に小さな建物でエリエイ(とれいん誌の版元)の社屋が要塞のように思えてくる程度の大きさです。それだったネコ・パブリッシングは、、、あちらは要塞ではなくて、大要塞ですな。機芸出版社が「レイアウトサロン(特集シリーズ14)」に収録されているモンカルラインの取材に使った自動車は日野ルノーだった筈ですが、その車が居たと思わしきガレージには、結構高級そうなステーションワゴンが鎮座ましましておりました。以前の住所は世田谷区祖師谷2-105となっていますが、現住所は世田谷区祖師谷1丁目15番11号となっています。住居表示を施行したからなのか、引っ越しをしたからなのか、その辺りはなんとも判りかねます。



特集シリーズについて

Apr 6, 2007.

機芸出版社が発行している「鉄道模型趣味」誌に創刊直後(昭和22年)から昭和30年代くらいまでに掲載された記事の内、同種の記事毎に1冊に纏めて単行本化したものです。「鉄道模型作品20題(特集シリーズ1)」に始まり、「小レイアウトと小型車輛(特集シリーズ17)」に至るまで、1957年(昭和32年)頃から順次刊行されています。

4冊目と12冊目のミキストは機芸出版社のオーナーであった山崎喜陽氏が1人で執筆され、17冊目の「小レイアウトと小型車輛(特集シリーズ17)」は中村汪介氏が1人で執筆されておられます。それ以外は複数の筆者記事の集合体です。



特集シリーズの広告
特集シリーズの広告
鉄道模型趣味誌206号・1965年(昭和40年8月号)表4



「鉄道模型趣味」誌は終戦直後の1947年(昭和22年)の創刊ですから、食べ物も無ければ印刷用紙も無く、細々と仙花紙(せんかし)に孔版印刷で創刊したのですから苦労が偲ばれますし、発行部数も僅かです。後に世情が安定してくると新しい読者から「バックナンバーを読みたい」と言う希望があっても需要に応える事が出来ないので、再版するような形で主題ごとに記事を纏めて出したのが「特集シリーズ」と言う事です。

新しい読者は「特集シリーズ」の書面を通じて以前に出版された内容を知るようになりますから、月刊誌本文記事中にも「特集シリーズの***の記事に拠れば、、、」と言う記述が現れます。更に、特集シリーズに触れたこの記事も後続の特集シリーズに収録され、、、と言った連鎖反応が起きます。結局は、特集シリーズは一通り揃えておいた方が月刊誌自体も楽しみ易い、特集シリーズの売り上げが増えれば版元は嬉しい、古い記事を垣間見る事ができれば新しい読者も嬉しい、月刊本誌も特集シリーズも両方売れれば模型屋さんも嬉しい、と言う幸福な連鎖反応が発生します。

それでは未来永劫、特集シリーズを出し続ける事が出来るかと言えば、そんな事はありません。今の時点から20年前の工作記事であれば充分に参考になると思いますが、1947年(昭和22年)に空襲の焼け跡の中から空き缶拾って来て開いて、叩いて、伸ばして、と言った内容を20年後の1967年(昭和42年)に読んでも余り参考になるとは思えません。文献としての歴史的価値は兎も角も、工作技法と言う点では陳腐化が最も早く進んだ時代であったとも言えますので、やがて特集シリーズは終息に向かいます。

後年になっても「読みたい」と言う需要はかなりあったようで、1981年(昭和56年)に「最終版」として増刷が行われますが、これが本当に最後だったようで、以後は増刷されていません。これ以降も特集シリーズ的な単行本は発行されていますが、「特集シリーズ」と言う名称では発行されていません。



TMS誌の号数・発行時期の対照表

Nov 14, 2009.

機芸出版社はTMS誌の臨時増刊号などにも通巻番号を付与していますから、号数を単純に12で割っても発行時期が特定できません。初期には発行間隔が一定していなかったので尚更です。1号、2号、3号にのみ「新」「旧」の文字が付いているのは、終戦直後に孔版印刷(いわゆるガリ版)で旧1号から旧3号までが発行されていたからです。新創刊の新1号以降は普通に活字を使った印刷です。



号数発行年月号数発行年月
旧1昭和21年(1946年)6月 旧2昭和21年(1946年)8月
旧3昭和21年(1946年)9月 新1昭和22年(1947年)2月
新2昭和22年(1947年)4月 新3昭和22年(1947年)7月
4昭和22年(1947年)12月 5昭和23年(1948年)2月
6昭和23年(1948年)5月 7昭和23年(1948年)7月
8昭和23年(1948年)8月 9昭和23年(1948年)10月
10昭和24年(1949年)1月 11昭和24年(1949年)3月
12昭和24年(1949年)5月 13昭和24年(1949年)6月
14昭和24年(1949年)7月 15昭和24年(1949年)9月
16昭和24年(1949年)10月 17昭和24年(1949年)12月
18昭和25年(1950年)1月 19昭和25年(1950年)3月
20昭和25年(1950年)5月 21昭和25年(1950年)6月
22昭和25年(1950年)7月 23昭和25年(1950年)8月
24昭和25年(1950年)9月 25昭和25年(1950年)10月
26昭和25年(1950年)11月 27昭和25年(1950年)12月
28昭和26年(1951年)1月 40昭和27年(1952年)1月
53昭和28年(1953年)1月 65昭和29年(1954年)1月
77昭和30年(1955年)1月 90昭和31年(1956年)1月
103昭和32年(1957年)1月 115昭和33年(1958年)1月
127昭和34年(1959年)1月 139昭和35年(1960年)1月
151昭和36年(1961年)1月 164昭和37年(1962年)1月
175昭和38年(1963年)1月 187昭和39年(1964年)1月
199昭和40年(1965年)1月 211昭和41年(1966年)1月
223昭和42年(1967年)1月 235昭和43年(1968年)1月
247昭和44年(1969年)1月 259昭和45年(1970年)1月
295昭和48年(1973年)1月 307昭和49年(1974年)1月
383昭和55年(1980年)1月 397昭和56年(1981年)1月
664平成12年(2000年)1月 678平成13年(2001年)1月
692平成14年(2002年)1月 762平成19年(2007年)1月
776平成20年(2008年)1月 800平成21年(2009年)10月