機芸出版社のレイアウト三部作

Feb 1, 2017.

機芸出版社が発行した書籍の中に「レイアウト***」と銘打った三部作とも呼べる書籍があります。1967年(昭和42年)発行の「レイアウト全書」を皮切りに、1972年(昭和47年)発行の「レイアウトモデリング」、1973年(昭和48年)発行の「レイアウトテクニック」に至る3冊です。

編集手法は「特集シリーズ」と全く同様で、「以前に発行された号の記事を読みたい」と言う読者の需要に応えるために、既存のバックナンバーから同種の記事だけを抜粋・収録した本を仕立て上げると言うモノです。こちらの三部作は、その名の通りレイアウトに特化していますから、特集シリーズの中でも「レイアウトブック」「レイアウトガイド」「ホームレイアウト」「レイアウトサロン」などの直系の後継書籍と言ってよろしいでしょう。

レイアウト全書

June 15, 2007.

前述の通り「レイアウト全書」は「特集シリーズ」とは銘打っていませんが、編集の仕方は明らかに、特集シリーズの流れを汲むものです。「鉄道車輛401集」を別格とすれば、特集シリーズと言う名前を使わなくなった結節点とも言うべき本です。

それと同時に、以前の特集シリーズの各号は月刊誌と大差ない装丁ですが、この「レイアウト全書」からは、もうちょっと単行本らしい装丁に変わっていますし、「レイアウトサロン(特集シリーズ14)」などと比べても、ページ数は2倍近いようです。最初期の「鉄道模型作品20題」「レイアウトブック」などと比べれば3倍近いようです。



レイアウト全書
レイアウト全書。表紙の写真は南六甲電軌と言う名前の、河村計房(かわむら・かずふさ)氏が所有されるレイアウトのものです。但し、作者=前所有者は上述のマンモスレイアウトのオーナーである彦坂正氏だったと記憶しています。



原記事の号数が明記されていませんので一寸曖昧ですが、私が知っている限りでは鉄道模型趣味誌の160号前後から始まって、215号位までの記事が収録されています。年号で言うと昭和30年代後半から昭和40年代初頭まで、と言うことです。有名なTSC(東京スパイククラブ)のレイアウト、ニ井林一晟(にいばやし・いつあき)氏の瑞穂電気軌道、24畳敷のマンモスレイアウト、加塩千里氏の大名鉄道花園線と言う16番の庭園鉄道など、個性的で、読み応えのある秀作レイアウトが目白押しです。

恐らくは、昭和30年代と言う時期は、全国的なレイアウトブームのような気分が横溢していたと思うのですが、前述の「レイアウトサロン(特集シリーズ14)」と、この「レイアウト全書」は、その集大成と言うべき存在ではないかと思います。この本に続いて「レイアウトモデリング」「レイアウトテクニック」と、特集シリーズのような編集をした本が三部作的に発行されるのですが、その筆頭と言うべき存在です。

この本の初版は1967年(昭和42年)9月25日に発行、1972年(昭和47年)5月15日に再版が発行されています。



レイアウトモデリング

June 22, 2007.

「レイアウト全書」に続いて発行された特集シリーズ的な書籍です。発行が遅い分だけ内容が新しく、一部の例外を除けば鉄道模型趣味誌の180号以降、250号以前が収録範囲です。レイアウト全書に比べて、こちらのレイアウトモデリングでは、新水源急行鉄道、新八里九里観光鉄道など、既に一度は「レイアウトサロン(特集シリーズ14)」で名前を見掛けたレイアウトが装いを換えて、2回目の登場となるレイアウトも幾つか見受けられます。



レイアウトモデリング
レイアウトモデリング。表紙の写真は第2次銀河鉄道でNゲージのレイアウトで、本文中に記事が掲載されています。序でに書くと、初代の16番のレイアウトはレイアウト全書に掲載されています。裏表紙には坂本衛氏の摂津鉄道の中の、「小川のある風景」の写真が使われています。



最大の見ものは「私はこうしてレイアウトにふみきった(TMS誌191号)」から始まって「小川のある風景(TMS誌237号)」に至る、一連の坂本衛(さかもと・まもる)氏の摂津鉄道の記事が収録されている点でしょうか。更に、「トランジスタコントローラの製作法(TMS誌240号・241号)」と「SCRで制御する(TMS誌219号)」と言う電子工作関連の記事が2本掲載されている点も注目に値します。特に、トランジスタコントローラーの出力段に使われた2SB250と言うパワートランジスタは別に大した石でもなんでもないのですが、10年経っても20年経ってもこの石を指名して買いに来る客が後を絶たないことを訝しく思った電子部品店の人が尋ねてみると、誰もが「鉄道模型に使う」と答えるので呆れるやら感心するやら、と言う伝説?まであるような代物です。

この他、レイアウト関連の基本的な技法が掲載されており、一端を挙げると所謂「ボンドバラスト(TMS誌230号)」や、石膏プラスターを使ったハードシェル技法によってシーナリィを作って行く、山崎主筆の手になる「シーナリィのテクニック(TMS誌246号)」などです。また、荒崎良徳氏の雲竜寺鉄道なども掲載されていますが、後者の雲竜寺鉄道は有名な祖山線ではない初代?の方です。

ナローゲージ的には橋本真氏の祖師谷軽便鉄道(TMS誌221号~224号)が掲載されており、注目に値します。HOn2-1/2、1/87の縮尺で9mmゲージの線路を走る模型で、沼尻鉄道に触発されたレイアウトです。時期的にはエガーバーンの製品が入手できた最後の時期に発表されたレイアウトです。

この本の初版は1972年(昭和47年)1月20日に発行、1972年(昭和47年)6月20日に再版が発行されています。



レイアウトテクニック

June 29, 2007.

1973年(昭和48年)10月に発行された本です。「ヨンサントウから5年目か」とか言って遠い目をしたら、私の年齢がばれてしまいますが、今更自分の歳を隠しても仕方が無いか。内容としては「レイアウトモデリング」とほぼ同時期か、若干新しい程度です。



レイアウトテクニック
レイアウトテクニック。表紙のレイアウトは雲竜寺鉄道祖山線で、「レイアウト全書」にも出てくる雲竜寺鉄道の改良版です。



内容はかなり高度、と言うか、感覚的に優れた記事が多く含まれています。最近になって発行された特集シリーズ的な本も含め、機芸出版社のレイアウトの本としては恐らく最高峰の位置にあると言って良いでしょう。大部分の記事は阿部敏幸、荒崎良徳、河田耕一、坂本衛、の4氏の手になるものですが、これだけの筆者を揃えれば充実した内容の書籍が出来ようと言うものです。

有名な城新鉄道鉄道に関連したストラクチャーの制作記事が何本も載っていますが、これらの記事の筆者である阿部敏幸さんと言う方は、エコーモデルのオーナーご本人です。表紙写真の右上が件の城新鉄道の機関庫周辺。下側の写真は中尾豊氏の手になる「蒸気機関車のいる周辺」と言う名のレイアウトセクションです。どちらの作品も、淡い地面の色が綺麗ですね。

とまぁ、褒めておきましたが「9mmゲージレイアウトの製作」と題する山崎主筆の執筆された記事、これは最低最悪です。なにが良く無いって、PECOのフレキシブルレールを使ったレイアウトの記事を書くのは機芸出版社がPECO製品を使うのは止むを得ないにしても、ウレタン製の道床を使う制作記事を書くなんざ途方も無い犯罪行為でしかありません。ウレタンなどと言う素材はほんの数年間で風化してボロボロになってしまうことは判り切っています。こんなものを道床に使って読者にレイアウトを作らせておいて、ボロボロになったらレールを剥がして道床を交換させるつもりなんでしょうか。呆れ果てるしかありません。