特集シリーズ9「車輛工作ブック」

Apr 13, 2007.

純粋に16番(≒HO)の車輛工作記事だけを集めたものです。この号辺りになると、OゲージやSゲージを加えずに、16番(≒HO)だけでも車輛工作の本を編集できるようになっていたと言う事でもあります。内容としては「**型の作り方」と言う事ではなくて、制作発表が主体です。



記事名号数著者
1C1タンクロコの作り方80PFL生8
EF13形電気機関車78加藤 清11
阪神電鉄300形製作記85前田多聞
徳島寛二
15
タンクロコにデティールを!88PFL生19
EH1076足立恒直22
小さな車工161澤田 曠24
連接ガスエレクトリック73PFL生26
国鉄形2-6-271佐藤精孝30
東急5000系79植田修伍
立田公雄
32
C59の引く列車77吉田裕之36
私の阪急電車97平田泰一43
凸電100藪田 昆47
U.S.Army 入換用ディーゼル機75大幸裕直51
C56タイプ自由型テンダー機関車69宍戸圭一54
デハユ10製作記84赤井哲郎61
オープンエンド76田仲照弘64
東京都電100036新田宗三郎66
欧州形電機1C163吉田裕之68
木造客車はこう作る68二井林一晟71
ワークカーと荷電など69虎野良夫74
工272澤田 曠76

PFL生氏の手になるATSFのM190と言う、連接式のガス・エレクトリック(=電気式ガソリンカー)の制作記事も掲載されていますが、この車輛は「スパイクから運転まで(特集シリーズ6)」の中の、空き瓶に塩水と電極を入れて代用レオスタットを作る話のページにちょっと顔を出しています。こう言う事は特集シリーズを一通りは揃えておかないと判らない話で、断片的に数冊しか持っていないのでは、一体なんの意味があって正体不明の車輛の写真が使われているのか判然としません。全部揃えておけば1粒で2度、3度美味しいと言う事でもありますが、件のガス・エレクトリックと塩水レオスタットは記事が発表された時期が近いと言う事も判ろうかと言う事です。

この「PFL生」と言う筆者はTMS誌野編集スタッフのペンネームで、実態?としては「1C1タンクロコの作り方(80号/8ページ)」はなかお・ゆたか氏、「タンクロコにデティールを!(88号/19ページ)」は山崎主筆、「連接ガスエレクトリック(73号/26ページ)」は赤井哲郎氏が、それぞれお一人で書いた記事のようです。「EH10(76号/22ページ)」の筆者の足立恒直さんと言う方は、模型メーカーとして有名なアダチ製作所の社長の弟さん(専務さん?)です。「工1」「工2」の筆者の澤田曠さんは特集シリーズの他の号にもお名前が出て来ますが、この種の小型車輛を数多く発表しておられる方です。

この本に掲載されている記事の中で、最も古いものはTMS(鉄道模型趣味)誌36号のもので1951年(昭和26年)9月号、一番新しいものはTMS(鉄道模型趣味)誌100号のもので、1956年(昭和31年)10月号の記事です。表紙はこれまた車輛工作とは余り縁がなくて、まくらぎ会の組み立て式レイアウトです。

この本の初版は1960年(昭和35年)4月25日に発行、1982年(昭和57年)7月1日に第4版(最終版)が発行されています。



車輛工作ブック
車輛工作ブック


















お中元にいかがですか。