特集シリーズ6「スパイクから運転まで」

Dec 5, 2009.

入門者向けの記事を集めたものでして、需要が多かったのか最終版までに10版を重ねています。「スパイクから運転まで」と言う書名は「スパイク打ちして線路を作る辺りから始めて運転出来るようにするまで」と言う意味らしいです。言い方を換えれば「一から十まで」と言う事になります。

レイアウト関連の記事はOゲージの庭園鉄道である「庭園鉄道製作記(72号/56頁)」、16番(≒HO)の組み立て式レイアウトである「東京の空の下16番は走る(58/53頁)」、16番(≒HO)の小型レイアウトである「ベビーレイアウト(80号/67頁)」、それぞれ1本づつです。山崎主筆の手になる「16番スパイキングから運転まで」と銘打った連載記事の中にギャップとフィーダーの付け方に関する記述がありますが、これは今読んでも有益な内容です。

同じく山崎主筆の手になる「やさしくコロンビアを作る(65~67号/43頁)」と言う国鉄型コロンビア(2-4-2機)の自作記事は、記事で書かれている内容と、参照用に本文中に掲載されている模型の構造が意図して?全く違えてある、初心者向けとしてはどうしようもない記事です。この方、立派な業績の持ち主ですが、何故か時折、奇怪な編集をします。機芸出版社伝統の悪癖でしょう。

電気七輪を改造してレオスタットを作るとか、ガラス瓶に塩水と電極2枚を入れてレオスタットの代用にするとか、時代を感じさせるような記事が載っています。敗戦からホンの数年しか経っていない時期の記事ですから、如何にも物資不足を感じさせます。「セルロイドとアミールで貨車を作る(75号/23頁)」などと言うのも時代を感じさせる材料ですが、その一方でハコ物の車体をペーパールーフで作る技法と言うのも、この本に掲載された「南海モハ12001形の製作(74・75号/31頁)」の記事で知られるようになった筈で、新しい息吹を感じさせてくれます。



記事名号数著者
16番スパイキングから運転まで
線路の作り方
70山崎喜陽8
16番スパイキングから運転まで
ポイントとギャップの付け方
71山崎喜陽11
16番スパイキングから運転まで
安価に出来るパワーパック
72山崎喜陽14
16番スパイキングから運転まで
信号・ポイントマシン・解放台
73山崎喜陽17
16番スパイキングから運転まで
工具はこれだけ欲しい
74山崎喜陽20
16番スパイキングから運転まで
セルロイドとアミールで貨車を作る
75山崎喜陽23
16番スパイキングから運転まで
抵抗器と人形と
80山崎喜陽26
キットは生きている42山崎喜陽28
南海モハ12001形の製作74・75合葉博治
合葉清治
31
図解鉄道模型入門
山崎喜陽39
やさしくコロンビアを作る65~67山崎喜陽43
東京の空の下16番は走る58下村文雄53
庭園鉄道製作記72長谷部 努56
キャラメル列車72野口貞義64
上手なポイントの使い方25
66
ベビーレイアウト80大熊敬一67
塗装教室60なかお・ゆたか70


表紙の写真は2枚ともレイアウトの風景写真です。左上の写真は恐らく中尾豊氏の手になる私鉄風の駅で、これは「レイアウトガイド(特集シリーズ7)」に製作記事が掲載されているものです。右下の写真は「レイアウトブック(特集シリーズ2)」で紹介されたニ井林一晟(にいばやし・いつあき)氏の手になる「瑞穂鉄道」のリバース区間辺りだと思います。但し、この2作品に関する内容は本書には掲載されていません(表紙だけ)。この種の記事内容と無関係な写真を平然と掲載してしまうのは、機芸出版社特有の悪癖です。

この他にも、「レイアウトサロン(特集シリーズ14)」に掲載された16番(≒HO)で架線から集電して走らせる「つくし鉄道」や、前橋市に在るフジ模型店の店頭レイアウトの写真も掲載されています。記事自体としてレイアウトに関連するものは前述の通り少数ですが、初めて鉄道模型に手を染めた人がこの本を手に取った時に「いいなぁ」と思わせるような工夫をしている点は興味深いです。

「キャラメル列車(72号/64ページ)」の記事を執筆された野口貞義さんと言う方は他の本でもお名前をお見受けしますが、都立大学附属高校の鉄道研究会出身の方でキャラメル類の空箱を使って作るムキ教的ビルボードボックスカーとでも言うような車輛です。「キットは生きている(42ページ/28号)」と言う山崎主筆の記事は、これ以前に本誌に掲載された「13+14」と言うキット改造記事が好評だったために企画された記事のようで、これ以降、同じタイトルで折に触れて記事が書かれます。

「たのしい鉄道模型(特集シリーズ16)」に出てくる天賞堂のCタンクを1C1化する記事にも「キットは生きている」と言う表題が使われています。「13+14」と言うのも標題だけでは意味不明ですが、ED14のキットの足廻りをTR13台車に交換して違う車種に改造しましょうと言う記事で、かなり好評だったようです。それならば特集シリーズ入りさせてくれれば良さそうなものですが、生憎とこの記事は特集シリーズには未収録です。

この本に掲載されている記事の中で、最も古いものはTMS(鉄道模型趣味)誌25号のもので1950年(昭和25年)10月号、一番新しいものはTMS(鉄道模型趣味)誌80号のもので、1955年(昭和30年)4月号の記事です。この本の初版は1958年(昭和33年)5月25日に発行、1981年(昭和56年)12月20日に第10版(最終版)が発行されています。



スパイクから運転まで
スパイクから運転まで。この表紙、特集シリーズの中では最も醜悪なモノの一つです。それと言うのも、此処に写っているモノに関する記述は本書には一切掲載されていないからです。初心者向けの書籍の表紙に、掲載されていないモノばかりを載せたのでは率直言って詐欺同然です。表紙に乘っている写真の模型の記事を読みたくてこの本を買った人は見事に期待を裏切られます。この出版社は、この種の詐欺まがいのことを平然とやってのけます。どう言う理由があって自らを貶めるようなことを頻繁に繰り返すのか、なんとも不思議な話です。