釧路市立博物館の本「釧路・根室の簡易軌道」

Nov 1, 2017.

釧路市立博物館が主催した簡易軌道を主題として開催された同名の展示会に際して発行された書籍です。書籍自体の体裁は雑誌っぽい印象ですが、ちょっとびっくりするくらい充実した内容で、安いです。余りに内容が充実していたために、かなり短期間で売り切れてしまったらしいですが、私は少々際どい処でなんとか入手することが出来ました。今年のツキのかなりの部分は、この本を買う際に使い込んでしまった(使い果たしてしまった?)ような気がします。

催し物自体は釧路市立博物館だけではなく、2016年(平成28年)10月の釧路市立博物館を皮切りに、釧路空港→別海町図書館→浜中町総合文化センター→鶴居村ふるさと情報館みなくる→標茶町図書館、の順に2017年(平成29年)6月に至るまで巡回展示しています。私の記憶が確かならば、これ以外の場所でも展示会が開催された筈でしたが、あってるかな?。



書名 釧路・根室の簡易軌道
著者 石川孝織・奥山道紀・清水一史・星 匠
出版元 釧路市立博物館 北海道釧路市春湖台1-7
電話 0154-41-5809
定価 4円50銭
初版 2017年(平成29年)3月31日


内容は「釧路・根室の簡易軌道」と言うくらいですから、この周辺の簡易軌道に限られます。「簡易軌道」とは内務省主導で植民目的で建設された鉄道なので、鉄道省主導で建設された普通の鉄道とは性格が異なります。地元自治体が勧進元になっている地域開発・土地改良目的の鉄道を一般公開しているものと考えれば宜しいのでしょうか?。当然ですが、鉄道省が主導してない以上、普通の地方鉄道法や、軌道法、軽便鉄道法などには準拠していません。準拠法例は「土地改良法」なんだそうで、この辺りのことは本書の冒頭に記載されています。

掲載されている鉄道は札幌に近い方から鶴居村営軌道、標茶町営軌道、浜中町営軌道、別海村営軌道の4つです。実際に、この順番で記事が掲載されています。この内、根室本線に接続するのは鶴居村営軌道と浜中町営軌道です。標茶町営軌道は釧網本線と接続し、別海村営軌道は廃線となった標津線と接続します。一覧にすると下記の通りになります。



  • 鶴居村営軌道(釧路支庁:釧路総合振興局阿寒郡)、根室本線新富士駅で国鉄線と接続。
  • 標茶町営軌道(釧路支庁:釧路総合振興局川上郡)、釧網本線標茶駅で国鉄線と接続。
  • 浜中町営軌道(釧路支庁:釧路総合振興局厚岸郡)、根室本線茶内駅で国鉄線と接続。
  • 別海村営軌道(根室支庁:根室総合振興局野付郡)、標津線奥行臼駅で国鉄線と接続。


釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道」
釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道(表紙)」。



通常、植民軌道や簡易軌道にアメリカ製・アメリカ型の車輛は在籍していません。「中古車両を探したらアメリカ型が見つかったので買って来た」と言うような例があっても不思議ではないですが、少なくとも私自身は例を知りません。

実は「アメリカ型が無いから」と言うのが、今まで私が簡易軌道に興味を示さなかった最大の理由なんですが、そう言う理由で簡易軌道を興味の対象から外してしまうと残り短い人生の楽しみが些か減ってしまいそうな気がするので、今後は悔い改めて簡易軌道のことにも興味を示そうと思って買い求めたのがこの本です。

体裁は良くも悪くも雑誌的です。普通の模型月刊誌や実物鉄道誌などと比べても安価です。確か、800円は切っていたと思いますから、通信販売の送料を含めても漸く1000円の大台に乗ったばかりと言う程度の金額です。その代わり、装丁や紙質も最近の模型月刊誌や実物鉄道誌などよりも若干程度が下がります。

内容は、、、かなり凄いですと言うか、濃密な内容です。一説に拠るとかなり短期間で、予想以上の速さで売り切れてしまったらしいのですが、その辺りの理由は十分納得できるような気がします。湯口徹さんとか、某雑誌社の名取元編集長と言った錚々たる面々の寄稿もあります。各自治体が発行した広報誌の簡易軌道に関する箇所が掲載されたりもしています。「今月から**軌道の++がxxになりますので云々」等々。

恐らくは、簡易軌道などにご興味があって種々の書籍をご覧になっていた方であっても初めてご覧になるような写真が数多く含まれているのだと思います。簡易軌道の写真って、こんなにもカラーで撮影された写真が残っているんですね。少々驚かされました(私が今まで知らなかっただけなんですけど)。

釧路市立博物館は、この企画以外にも鉄分の多い催事を連発なさっているようです。アメリカ型的?には釧路市内で最も注目すべき存在は釧路臨港鉄道(≒太平洋石炭販売輸送)の電気式ディーゼル機関車辺りなんですが、この車輛を前面に打ち出した企画展が開催されたり、、、どうも、見識の高い学芸員氏がいらっしゃるようです。



釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道」
釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道」。



釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道」
釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道」。



釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道」
釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道」。



釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道」
釧路市立博物館刊「釧路・根室の簡易軌道」。