特集シリーズ8「高級モデルノート」

Feb 1, 2017.

唾棄すべき、思い上がった醜悪な書名です。機芸出版社の書籍の中では最低最悪の署名と言って宜しいでしょう。外国型排斥、Oゲージ撲滅を社是としてきた機芸出版社らしい書名ではありますけど。

TMS(鉄道模型趣味)誌に掲載された記事の内でいわゆる「高級モノ」や、他の特集シリーズには入れにくい内容の記事を集めたものです。そのためもあって内容は百花繚乱で、樋口博氏の35mmゲージのC53や糸屋誠祐氏のライブスティーム、と言った1番ゲージ系の作品発表記事が2本も載っています。1/30で35mmゲージと言うと如何にも日本独特なローカルスケール?のように思いがちですが、実態は1番ゲージのサブロクナローですから、れっきとした1番ゲージの一種です。今だったら32mmゲージを使うと思いますが、戦前・戦中は35mmゲージが普及していたのでこれを採用しているのだと思います。基本的には車輛工作中心の内容で、曲がりなりにも「レイアウトの記事」と呼べるのは「組立式高架線とお座敷レイアウト(40ページ)」程度です。



記事名号数著者
米国型蒸機シンデレラ49伊藤 剛8
樋口 博作品 1/30 C533358なかお・ゆたか12
脈流運転とは69安井酉次郎16
伝動方式のニュールック70TMS編集部18
米国型蒸機スノーホワイト57伊藤 剛20
ライブスティーム製作記76~78糸屋誠祐25
室内装置は必要か?65
32
鋳物はやさしい!84角倉彬夫34
イプシロン鉄道の車輛たち68角倉彬夫36
組立式高架線とお座敷レイアウト81~83なかお・ゆたか40
アメリカ通信(3)84宍戸圭一52
モデルファン雑記帖54赤井哲朗54
あられを食べて一編成
(アメリカ通信5)
89宍戸圭一56
16番に緩和曲線の試み79湯山一郎58
急曲線通過とスーパーデティールEF5357なかお・ゆたか60
ナローゲージモデルについて57赤井哲朗64
高周波点灯装置84・85TMSスタッフ66
TTゲージC5990佐藤昌武72
こんな凸電はいかが?52安井酉次郎76
凸電通信56
78


脈流(みゃくりゅう)運転(16ページ)と言うのは超原始的なチョッパ制御の事なんですが、伊藤剛氏と山崎主筆との合作的な記事であるようです。高周波点灯装置(66ページ)ですが、大出力の半導体素子が普及していない時代ですから仕方の無い事とは言え、出力管を直接発振させて220kHzの交流を線路に流して常点灯を実現させようと言うのはかなりキワモノ的です。この高周波点灯装置、単なる送信管と整流管だけの2球構成でアンプ内蔵発振器を作って、その送信管たるやOTL用の出力インピーダンスの低いタマではないにも拘わらず、大したインピーダンスマッチングもやらないで模型の車輛の豆電球を点灯させて車内照明に使っちゃおう、インピーダンスマッチングにはダミーランプを使ってどうにかやっつけよう、と言うのだから所詮は無理があります。記事が書かれた時代背景を考えれば止むを得ないとも言えますけど。

角倉彬夫氏のイプシロン鉄道の車輛(34ページ)の記事は、未だ明確にナローゲージ志向をしていなかった頃の同氏の作品発表記事です。スケールスピード換算で時速400kmが出てしまう社長専用車だとか、半流・丸妻のインターアーバン風荷物電車と言った車輛が出て来ていながらも、表題横には「変わった車輛30題(特集シリーズ10)」に掲載されているエグジスタンス号の挿絵が記載されており、胎動が感じさせられます。ナローゲージを好むか好まないかは別として、エグジスタンス号の良さを理解出来る程度の読者を意識している辺り、やはりこの本が「“高級”モデルノート」と名乗る所以であると言えましょう。

「アメリカ通信」と言う記事が2本収録されていますが、これは京都大学の宍戸圭一博士がシカゴ大学に招かれて客員教授として赴任されていた時期の寄稿です。「あられを食べて一編成(56ページ)」と言う記事は、23セントで売っているKIX(キックス)と言うライススナック菓子(=あられ)の外箱のクーポン券に60セント添えてメーカーに?送ると、ヴァーニー製の2ドル25セントのHOゲージの貨車キットが貰えると言う商品の話です。このキックスと言うスナック菓子はジェネラルミルズと言う菓子メーカーの製品なんですが、一時はライオネルを傘下に収めていた事もある(模型的に)有名な企業です。経営者が鉄道模型愛好家なんでしょうか。食玩の元祖とも言えますね。「日本製品は直ぐに脱線する」と言われたので、「日本製品は高級だから脱線するのであって、米国製品のような低級なものは脱線しない」と反論されたと言う武勇伝的な事が書かれているのもこの記事です。この人の認識はこの程度の低い水準です。

表紙は印刷背景の緑色がかなり濃いので判然としませんが、「モデルノート」と書いた直ぐ左側に「高級」と言う文字が黒色で印刷されています。上の写真の4110型は本文中には掲載されていませんが、12ページから掲載されているC53の作者である樋口博氏の作品で、縮尺が1/30とされていますから35mmゲージなんでしょうか。下側の写真のC59は本文中に掲載されている佐藤昌武氏のTTゲージの作品です。この写真は、どちらも西尾克三郎氏の撮影されたものだと言うものですから些か驚きを禁じ得ません。

この本に掲載されている記事の中で、最も古いものはTMS(鉄道模型趣味)誌49号のもので1952年(昭和27年)9月号、一番新しいものはTMS(鉄道模型趣味)誌90号のもので、1956年(昭和31年)1月号の記事です。この本の初版は1959年(昭和34年)10月15日に発行、1982年(昭和57年)4月15日に第4版(最終版)が発行されています。



高級モデルノート 高級モデルノート


















お中元にいかがですか。