アメリカ鉄道創世記

June 24, 2001.

アメリカの鉄道を主題とする産業考古学の研究書的な内容の本です。なんとなくアメリカ人の著者が書いたものの翻訳本ではないかと思いがちです。しかし実態は日本人の筆者が日本国内で書き下ろしたものです。アメリカで最初の鉄道旅客営業はB&O(バルティモア&オハイオ)鉄道を端緒とするとされていますが、大雑把にその時期(=1830年頃)を中心に1850年頃までの事柄が記載されています。従ってグラスホッパー型機関車の写真が多かったり、、、と言う事になります。

従って掲載されている内容は「A History of the American Locomotiveとかなり重複しています。概ねこの2冊があれば、1850年代以前のアメリカの鉄道に関する概要は掴めると思います。



書名アメリカ鉄道創世記
著者加山昭
出版元株式会社山海堂 東京都文京区本郷5丁目5-18
電話03-3816-1617
ISBN4-381-10124-3
定価1900円(本体価格)
初版1998年(平成10年)


模型型作りには直接役に立つ事は少ないかも知れませんが、決して高額な本でもないので1冊持っていて損は無いと思います。1998年(平成10年)の初版で、生憎ですが版元の山海堂は2007年(平成19年)末に事実上倒産した模様で、新本としての入手は不可能なように思います。



アメリカ鉄道創世記(山海堂) アメリカ鉄道創世記(山海堂)。表紙の機関車は2輛ともボルチモア・アンド・オハイオ鉄道の機関車で、下は有名な「トムサム号」です。



アメリカ鉄道創世記(山海堂) アメリカ鉄道創世記(山海堂)。