住友金属製FS-91系台車

May 1, 2018.

住友金属製FS-91台車は、 都電荒川線の8500型以降の車輛が履いている台車です。振り出しは8500型の8501号で、この台車のみはアルファベット記号?の付かない「FS-91」と言う型番の台車です。これ以降、8500型量産車がFS-91A台車を履き、これに続く9000型、8800型、8900型、7700型は軒並みFS-91系列の台車を使用しています。同じ都電荒川線の車輛であっても D-23台車を履いていた 7500型や、 D-10台車やD-16台車などを履いていた大所帯の 6000型 が退役した今となっては、都電の現役全車輛がFS-91系台車を履いていると言う事になります。

このFS-91系台車、こう見えてもコイルバネなんだそうで、軸受けは斜めのシェヴロンゴムで支える方式です。軸距離は1600mm、車輪直径は660mmで、この辺りの数値はFS-91系であれば全て共通です。車輪直径こそ小さいものの、モーターの小型化が進んだのと、固定軸距離が長くなって外掛けにしなくてもモーターを車輪間に取り付けることが可能になったからなのか、60kWのモーターを1基使用できるようになっています。以前であれば、この手の路面電車用台車には50馬力(≒37kW)のモーターを1基取り付けるのが精一杯ですから、長足の進歩を遂げていると言えます。そこまで大出力のモーターを使わなければならない程度に、道路交通環境?が悪化した証拠と言えなくもないですけど。

FS-91系台車の振り出しは1980年(昭和55年)に日本鉄道技術協会が開発した軽快電車のために設計されたFS-81台車に遡ることが出来ます。「FS」と言う型番で判る通り住友金属製の台車で、もうちょっと住友金属の主体性が明確になったのは1983年(昭和58年)に開発された 広島電鉄800型の最初期の車輛が履いているFS-83台車や、 1985年(昭和60年)に同じく広島電鉄3700型用に設計されたFS-84台車と言った辺りです。 軸箱支持にシェヴロンゴムを使う手法はFS-81台車でも採用されていますが、見ただけでもFS-91の系列であると見破れるのはFS-83台車辺り以降です。

FS-83やFS-84は使用するモーターが60kWのモノを台車1台に1基装着になっています。最初期のFS-81ではどうやって取り付けるのかは不明ですが、φ660の車輪を使いながら120kWのモーターを1基装着となっています。どうやったらφ660の車輪にこんな巨大なモーターを取り付けることが出来るのか、少々不思議です。それは兎も角、この辺り以降の住友金属製の路面電車用台車は60kWのモーターを1基架装出来るようにしてあるようなので、1輛辺りの出力は120kWです。



台車型番使用例
FS-91都電8501号(1990年)
FS-91A都電8502号以降(1992年・1993年)
FS-91B9000型(2007年・2009年)
8800型(2008年~2010年)
FS-91C8900型(2015年・2016年)
7700型(2016年・2017年)

上の表は目次代わりに作ったものですが、ご覧の通り製造時期(改造時期)が型式番号順ではありません。予算や資金繰りの関係で8000型が予想に反して量産できなかったのにレトロ電車の9000型で型式番号を消費してしまったので、少数づつの増備を繰り返す過程で空き番号を巧く使っていったらこうなったと言うことのようです。



FS-91台車

May 1, 2017.

FS-91台車は、この系列の台車を都電が採用する契機となった記念すべき台車で、1990年(平成2年)製の8501号が履いている台車です。8500型は全部で5輛の小所帯ですが、その中でも試作車的存在の8501号のみがFS-91台車を履き、それ以外の車輛とは台車の型番が違います。



FS91A台車

東京都交通局8500型量産車が履いているFS91A台車。都電荒川線学習院下電停(東京都豊島区)にて撮影。
都電荒川線の8500型の量産車(8502~8505)に使用されているFS91A台車です。同じく都電荒川線9000型の履いているFS91B型と比べると、側枠にあけられた穴の位置と形状が違っています。こう見えてもコイルバネなんだそうです。軸受けは斜めのゴムで支えるシェブロン式と呼ばれるものです。



東京都交通局8500型が履くFS91A台車。都電荒川線学習院下電停(東京都豊島区)付近にて撮影。
上の写真の台車はFS91A台車。都電荒川線学習院下電停(東京都豊島区)にて撮影。



東京都交通局8500型が履くFS91A台車。都電荒川線学習院下電停(東京都豊島区)付近にて撮影。

上の写真の台車はFS91A台車。都電荒川線学習院下電停(東京都豊島区)にて撮影。



FS91B

Sept 22, 2007.

FS-91B台車都電荒川線の9000型8800型に使用されている台車です。

東京都交通局9000型が履くFS91B台車。都電荒川線学習院下(がくしゅういんした:東京都豊島区)電停にて撮影。
都電9000型が履いているFS-91B台車です。



東京都交通局8800型が履くFS91B台車。2017年(平成29年)11月撮影。
これもFS91B台車ですが、こちらは8800型が履いているものです。



FS91C

Feb 1, 2017.

これも都電荒川線の電車が履いている台車ですが、7700型8900型が履いているFS91Cと言う機種です。同じ都電荒川線の電車でも8500型以降の電車が履いているFS91系台車の最新型台車です。



東京都交通局7700型が履いているFS91C台車。2017年(平成29年)1月撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局7700型が履いているFS91C台車(7702号)。2017年(平成29年)1月撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁