FOX台車について

Aug 1, 2017.

フォックス台車(Foxs truck)はアーチバー台車と大差無い時期に使用されていた貨車用台車です。構造は比較的単純で、プレス加工した側枠に切り込みを入れてペデスタル部分を構成しただけの構造です。ドッグボーン型の上側を半分ほど切り落としたような形状で、ペックハム台車やテーラー台車と大差無い意匠です。

使用されていた時期は判然としませんが、1925年(大正14年)版のカー・ビルダーズ・サイクロペディアにも掲載されていますから、木造車は申すまでも無いですが初期の全鋼製貨車に使っても不自然さはありません。かなり使用範囲が広い台車と言えるでしょう。

フォックス台車(Fox truck)。
フォックス台車(Fox truck)。側面から見ると鋳造台枠みたいに見えますが、これ、厚みを持たせた1枚板みたいに見えるような形状にプレス加工したものです。ボルスターの部分には板バネが仕込んであり、軸箱部にはコイルバネが仕込んであります。余り見掛ける機会が多いとは言えませんが、構造自体はごく真っ当なものです。



サムソン・フォックス氏(Mr. Samson Fox, president of Leeds Forge Co.)
FOX台車を設計したのはサムソン・フォックス(Samson Fox)と言うイギリスの技術者で、この方の出身地はリーズ(Leeds)です。リーズには複数の機関車メーカーも立地していまして、キッツオン(Kitson)、ハンスレー(Hunslet)、マンニング・ワードル(Manning Wardle)などと同郷です。マンニング・ワードルは耳にする機会の少ないメーカーですが、「1号機関車(150型)を作った会社」と申せばご理解いただきやすいかと思います。



この種の調べ物をしているとプレスド・スチール・カー・カンパニー(Pressed Steel Car Company)と言う名前を頻繁に目にしますが、この会社は



  • シェーン・プレスド・スチール・カンパニー
    (Schoen Pressed Steel Company)
  • フォックス・ソリッド・プレスド・スチール・カンパニー
    (Fox Solid Pressed Steel Company)


と言う2社が1899年(明治32年)に合併して成立したものです。フォックス社の方は、サムソン・フォックス氏が自社製品販売のためにアメリカ国内に設立した現地法人とでも言うべき存在です。

フォックス台車は商業的には余り成功しなかったようで、鉄道模型の世界でも有名なところではモデル・ダイ・キャスティング(=ラウンドハウス)がHOゲージの36ft木造貨車用としてキットに入れたり単売したりしていた、と言う程度です。この手の古い台車だとケーディーが多数売っていそうに思いますが、どういう訳かケーディーはアンドリゥス台車の方にご執心です。実質的には、HOゲージの量産製品に限って言えば、フォックス台車はほぼラウンドハウスの専売特許的な状態のようです。



フォックス台車(Fox truck)。
これもフォックス台車(Fox truck)ですが、ボルスター部の板バネがありません。モデル・ダイ・キャスティング(=ラウンドハウス)が売っている台車は、この形状じゃなかったでしょうか?。時期的にはボルスター枕バネ付き仕様よりも古かったと記憶しています。



リーズ・フォージュ製台車。
こちらはサムソン・フォックス氏が本国、と言うかイギリスで経営していた本体的な会社とでも言うべき、リーズ・フォージュ製の台車です。台車枠外側にイコライザを取り付け、ブレーキを外締めなり両締めなりにするための部材取り付け位置を確保するために台枠上部を延長してありますが、外観はフォックス台車そのモノです。

撮影場所はイギリスのドッグ・マウンテン・シティで、この台車を撮影するだけの目的で渡英してきました、、、とかって書けば凄いですが、相変わらずの親父ギャグで恐縮です。正確にはドッグ・マウンテン・シティではなくて愛知県犬山市に在る博物館明治村に展示されているモノです。日本鉄道の客車が履いていたと思われるモノで、リーズ・フォージュ製品としては日本国内に唯一現存している品物だと思われます。



リーズ・フォージュ製台車の製造銘板。
リーズ・フォージュ製台車の製造銘板。矢印の場所に「FOX」の文字が見えます。