鉄道模型の連結器



ティンプレートのナックル可動型連結器

Nov 1, 2016.

アメリカ型のSゲージやOゲージ、1番ゲージ、Gゲージなどと言ったティンプレート的な鉄道模型では、この実物を模した形状のナックル可動型連結器が主流です。元々は1945年(昭和20年)にライオネルが採用したのが切っ掛けのようで、現在では大抵のティンプレートの車輛はこの連結器を使用しています。日本製のOゲージであっても、対米輸出を意識していたのかサカイ製の車輛はこのナックル可動型を使用していました。

この方式の連結器は通常はナックルがスプリングで開いた状態にしてあって、ナックルの開いた同士の連結器を単純にぶつけると直ちにナックルのロックが外れてナックルが噛み合い、今度はナックルが閉じた状態でロックして連結します。一旦ナックルがロックしたら、正常に動作している限りは絶対に外れない、、、と言うことになっています。調子の悪いカプラーだと走行中にナックルのロックが勝手に外れてくれちゃったりしますけど、、、。 メーカーによって動作の仕方は複数あって、Oゲージのものは解放ランプで連結器下部に有るピンを引き下げるとロックが外れてナックルが開き解放し、直ちにナックルが開き切った状態でナックルはロックする場合が多いです。これに対して1番ゲージやGゲージのものは解放ピンを押し上げるとロックが外れてナックルが開いて解放するようになっています。いずれの場合もナックルは指で押しただけでもロックして閉じた状態でロックした状態になる場合が多いです。



アトラスO製台車のナックル可動型連結器。O gauge knuckle style coupler, manufacutured by Atlas-O.
これはアトラスO製の、Oゲージのカブース用ベッテンドルフ台車に取り付けられているナックル可動型連結器。ナックルの直後にキノコを逆さまにしたような部品がぶら下がっていますが、これが解放ピンで磁性体金属です。多分軟鉄かなにかでしょうか? 磁石式の解放ランプを使って動作させます。



バックマン(Bachmann)製のナックル可動型連結器。G gauge nuckle style coupler, manufacutured by Bachmann.
こちらはバックマン(Bachmann)製の、Gゲージの貨車に取り付けられているナックル可動型連結器。ナックル直下のピンを押し上げるとナックルのロックが外れて解放します。解放ランプ自体はベーカー型などと同様のものが使える筈です。ナックルが動くと言う点ではケーディー互換連結器と似たようなものですが、ケーディー互換連結器のナックルはスプリングで単にナックルが必要以外には開かないように押さえているだけなのに対し、こちらはロック機構がある点が決定的な違いです。

この連結器に問題点があるとすれば、連結したり解放したりする際には、ナックルのロックがスムーズに解除できなければならないと言う点に尽きます。実はこの点では少々問題がありまして、MDK/K-Line製の車輛の連結器はほぼ及第だと思うのですが、メーカーによってはロックがすんなり外れてくれないものがかなりの部分を占める為に、どうも興趣をそがれます。ロックが解除出来ていない限りは連結することは出来ないと言うことでもあります。

調整してやれば解決するとは思うのですが、この種の部品は何の調整もしなくても快調に動作するのがスジだと思います。



フライシュマンのアーノルト型連結器

Sept 1, 2002.

フライシュマン製品のうち、「マジック・トレイン」と呼ばれるOナローゲージの車輛に使用されているものです。カタログ等に特に名称が明記はされているわけではありませんが、かつてNゲージで主流を占めていたアーノルト型連結器を丸みを帯びた形状にしたものと考えて良いでしょう。外観デザインが上手なので、実物のナックル可動型連結器のように見えてくれます。この辺りは、フライシュマンの模型的なセンスの良さが窺い知る事のできる処です。

フライシュマンのアーノルト型連結器。Arnold style coupler, manufacutured by Fleischmann.
アーノルト(Arnold)型は元来、アーノルトと言う模型メーカーがNゲージに進出する際に採用したことが切っ掛けとなり普及したようですが、何分にもNゲージの車輛は軽い為にこの形式の連結器に仕込まれたスプリングの強さが災いして相手を弾き飛ばしてしまい、中々連結できないと言う珍事に見舞われます。マジック・トレインの車輛は小型とは言ってもOゲージですからそこそこの重量があり、しかもスプリング圧の設定も適当なので快適に連結できます。解放ランプはフライシュマン製品らしく、ベーカー型用のものが使用できます。



ケーディー互換連結器

Sept 1, 2002.

Gゲージ用ケーディー連結器。G gauge coupler, manufacuture by Kadee.
スケールモデルではナックル可動型のケーディー互換型が普及しているのはご承知の通りです。元来はケーディーが独占的に販売していたものですが、特許権が切れた?のか、最近ではバックマンやマクヘンリーなどから同様の製品が発売されています。

HOゲージの量産製品では通常は後述のX2F型連結器が使用されますが、大抵のX2F型の連結器ポケットはケーディー型連結器の内の#5を筆頭とする幾つかの種類が使えるようになっています。この点はケーディー製品に限らず、マクヘンリーやバックマンなどから販売されている類似形状の他社製品でも同様です。

連結する時には普通のティンプレートのナックル可動型連結器と同様以上に軽くぶつけるだけで連結できます。ケーディー互換型のナックルはロック機構があるだけではなくて、弱い、、、と言うか必要にして充分なバネ圧しかないスプリングで閉じた状態になるように押さえてあるだけですから、連結動作は極めて快適です。この点は、この方式の連結器の最大の利点と言っても良いでしょう。ティンプレートのナックル可動型連結器は軽くぶつけても連結できないことがしばしばあり、連結時の快適さは逆立ちしてもケーディー互換型連結器には叶いません。

解放する時は磁石式解放ランプを使用しますが、ティンプレートのナックル可動型連結器のようにトリップピン(=解放ピン)を引き下げるのではなくて、トリップピンをナックル諸共左右に開いて行います。なお、ケーディーの解放ランプには永久磁石を使用したものの他に、電磁石を使用したものもあります。

冒頭に書いたトリップピンと言うのはナックルの下から生えている三日月のような円弧を描いた棒の事ですが、実はこれの調整は結構重要です。つまり、トリップピンの下端が磁石式解放ランプから離れ過ぎる(=高過ぎる)と、トリップピンの動作に必要なだけの磁力が及ばなくなってしまいます。

それなら解放ランプの磁力を強くすれば良いかと言うとそれは無理な相談で、鉄製の車軸を使用した車輛が編成の中に混じっていると、永久磁石式の解放ランプの処で車輛が虜になってしまう可能性があります。従って、無際限に強力な磁石を使えば良いと言うわけには行かないのです。逆にトリップピンの下端が低過ぎるとポイントなどを通過する際にレールに引っ掛かったりしますので、「トリップピン・プライヤー」と言う専用の工具で調整します。

普通のラジオペンチなどで調整しても構わないんですが、どうしてもナックルとトリップピンを一緒に加えて作業せざるを得なくなるために、傷を付けたり壊したりする可能性が高くなります。やはり、専用工具を用意するだけの価値は有ります。



NMRAのX2F型連結器

May 8, 2001.

NMRA規格のX2F型連結器。X2F coupler of NMRA.
NMRA(全米鉄道模型協会)によって制定されたX2F型連結器で、概ね規格は1950年代前半に定められています。HOゲージの量産製品は必ずと言って良い程この連結器が取り付けられており、Nゲージでも草創期にはこの型の連結器が使用されています。例えばKATOが「関水金属ブランド?」で販売していた時代のC50+オハ31やEF70、同じくKATOがコンコア向けにOEM生産していたAlcoのPA1+PB1などが該当します。

前述のケーディー互換連結器に容易に交換できるように、たいていの製品は連結器ポケットが共通になっています。これは、ケーディー側が普及を意図して歩み寄ってきた?結果かもしれませんが。ケーディー互換連結器との決定的な違いは、X2F型は解放ピンと一緒に連結器全体が動くのに対して、ケーディー互換連結器の方は解放ピン(=トリップピン)と一緒に動くのはナックル部分だけであって、連結器本体は原則として動かないようになっていると言う点です。

X2F型連結器は連結器本体と復元バネを一体構造にしていてかなりバネが強過ぎるものがあり、軽くぶつけた程度では連結できずに弾き飛ばされたり、車輛が軽いと曲線通過中にバネに捻じられて脱線する可能性が高くなります。

あと、X2F型連結器は長く使っているとほぼ例外無く首を垂れてきます。材質が復元バネ兼用の軟質プラスチックだからなのかも知れません(大昔の製品はアンチモン合金製が多かったようです)。以上は否定的な話ばかりですが、リヴァロッシ製品やウォルサーズ製品などに附属してくるX2F型連結器はスプリングの利き方も其れ程強過ぎず、中々調子が良いです。個人的戯言ですが、アメリカ型のスケールモデルの連結器はこれに限ると思っています(ケーディー互換連結器よりは走行中は自然解放が少ないようです)。



ベーカー型連結器

Dec 1, 2015.

自連(=自動連結器)などの実物のナックル可動型連結器を模型化する際に、ナックル可動型の外観の印象を残しながら、ループ・フック型と同様の動作をするように考案された連結器で、最初の発売元であるベーカー・マニュファクチュアリング(Baker Manufacturing, Ohio, USA.)と言うオハイオ州に在ったメーカー名に因んで命名された連結器です。開発時期は第2次世界大戦直前で、日本には1941年(昭和16年)10月号の「科学と模型」誌にてTMS誌のオーナーであった山崎喜陽氏によって紹介されています。



カツミ・エンドウ製貨車のベーカー型連結器。HO gauge baker style coupler, manufacutured by KTM/TER.
カツミ・エンドウ製貨車のベーカー型連結器
HO gauge baker style coupler, manufacutured by KTM/TER.



「この連結器の何処に"ナックル可動型の外観の印象"があるんだ?」と言われてしまいそうですが、本来のベーカー型は上から見れば、ナックル可動型連結器が右手で握手するような形状になっているのと同様に、連結器枠の左側が膨らませてあるので自動連結器を模していることは一目で判ります。上の写真のベーカー型連結器はカツミ・エンドウ製貨車に取り付けられていたもので、枠の膨らみ方が逆になっています。

カワイ製のK1型やフライシュマン製車輛の連結器もベーカー型の亜種ですが、これらは曲線の途中であっても連結・解放し易い、と言った理由で連結器の枠を左右均等に膨らませたりしています。かつては我が国で標準的に使用されていましたが、現在では世界的に見てもフライシュマン製品に使用されている程度です。対米輸出用の模型でベーカー型を使った車輛を見た記憶もありますので、1950年代くらいまではアメリカ国内でもそれなりに普及していたのだと思います。

動作原理としては前述のループ型連結器の逆で、枠は固定でフックの方が上下動しますが解放ランプは共用できます。成立した経緯を知らないと玩具同然にしか思えませんが、ベーカー型の可動部分は実効質量の最も小さいフックの部分だけですから、確実に連結できると言う点では他の追随を許しません。特に前述のループ型連結器の場合は、余りにも取り付け精度が高過ぎる?と、お互いの連結器のループ同士が相互に相手を弾き飛ばしあってしまうので、結果として相当に勢いを付けて車輛同士をぶつけないと連結できないと言う椿事も発生します。

その点、思いっ切り体当たりさせないと連結できないと言うようなことはベーカー型連結器では無い筈です。但し、この連結器もご多分に漏れず高さ方向の寸法誤差にはかなり敏感です。いずれにしても高さ方向の調整に神経をすり減らすのはどうしてもイヤだ、と言う事であれば後述のドローバーを使うしか回避方法は無いと思います。



参考

この連結器の成立過程などに係わる歴史学的な議論が、私の重要な友人の一人である栗生弘太郎さんの「K&K Works」サイトに併設された談話室(=掲示板)にて行われていますのでご参照ください。 また、上述の談話室の過去ログはこちらです。



ドローバー

Sept 2, 2001.

カツミ製キロ80型のドローバー。HO gauge drawber, manufactured by Katsumi(KTM).
この棒状の連結器はドローバー(Draw bar)と呼ばれます。「牽引するための棒」とでも言う意味なんだと思います。他の連結器とは異なり自動連結/自動解放が出来ません。その為に実物でもある程度編成が固定化されている列車や、2両1単位で運転される永久固定編成の車輛などに用いられます。都市近郊の通勤用の電車などで、原則として分割併合をしないような場合は結構な確率でドローバーを使用した実例を見る事ができます。分割併合がある場合でも編成の中間に入る車輛だけドローバーになっている、と言うような例もあります。

模型の場合は運転中に列車が勝手に切り離されて自然開放してしまうような事故を無くし、ドローバーの種類を工夫すれば車輛の連結方向を常に一定方向にする事が出来ると言うメリットも有ります。「自然開放」に関して言えば線路の敷設精度を向上させれば事故は発生しないといえなくも無い、、、と言うのはほぼ机上の空論に近くて、余程精度も強度も高い恒久的なレイアウトでも無い限りはドローバーに依存して回避する方が現実的です。

アメリカ型の模型の場合は一番切り離しの可能性の少ない蒸気機関車本体とテンダーの間の連結に使用される機会が多いようです。日本ではカツミ、エンドウと言ったメーカーが好んで使用しているようです。

問題があるとすれば「外観が余りにも実物とは似ても似つかない」と言う点ですが、実物の自動連結器が連結状態になったような形状のドローバーってちゃんと売られています。但し、実物のドローバーって、単に四角いパイプのような形状だったりしますので、普通に模型屋さんで売られているドローバーをそのまま使っても、それ程悲観するような結果にはなりません。



ループ型連結器その1:HOなど用

May 8, 2001.

HOゲージの車輛に使用されているループ型連結器。HO gauge roop style coupler, manufactured by Riverrossi.
ヨーロッパ半島製の車輛にはこのループ型の連結器が多用されています。この連結器は通常、後述のベーカー型と同様の押し上げ型の解放ランプが使用されます。この連結器も思わぬ落とし穴が有り、ループの高さを余りにも正確に揃えすぎてしまうと、連結しようとする車輛の連結器のループ同士が相手にぴったり当たってしまって連結できないと言うオチがつきます。

客車や貨車の連結器は上の写真の連結器のようにループとフックの組み合わせで構成されていますが、機関車の前側用の連結器の場合はフックのみでループが省略された連結器が使用される場合も有ります。

この連結器には何等かの規格が有るのか私は知らないのですが、メルクリン製のループ連結器は他社製の物に比べると少々ループが大きくて重い感じなので、自動連結する場合はちょっと辛いような印象が有ります。メルクリン同士ならば問題はないようですが、メルクリンの車輛にループの軽い他社の連結器を取り付けた車輛を連結しようとすると、他社の連結器を装備した車輛が弾かれ気味になるからです。

もう一つ特筆すべきループ連結器はリヴァロッシ製の物です。連結器自体は大して特殊な物ではありませんが、ソケットがリヴァロッシ独自の規格になっていてオプションとして販売されているNMRA連結器と容易に交換できるようになっています。しかもリヴァロッシのループ型連結器は普通の製品とは異なり、ベーカー型のような押し上げ式の解放ランプではなく、ケーディー互換連結器のような磁石式の解放ランプで解放ピンを引き下げるとループの輪っかが持ち上がって解放するようになっています。



ループ型連結器その2:1番やGゲージなど用

Dec 8, 2002.

Gゲージの車輛に使用されているループ型連結器。G gauge roop style coupler, manufactured by Hartland Locomotive Works.
Gゲージや1番ゲージの車輛に使用されているものです。この連結器も上述の連結器と同様に「ループ型」と呼ばれます。但し、普通のHOゲージ用などのループ型はループの部分が可動であるのに対して、こちらはフックの方が可動です。ベーカー型の動作の仕方と似たようなものですが、ベーカー型は連結・解放に際してフックが上に動くのに対して、こちらはフックが下に動きます。

ループの方は理論上微動だにしないので、フック連結器との組み合わせは不可能です。「ループだけは有るけれどフックは無い」と言う構造の連結器とであれば、それとの連結は可能である、と言うことです。車体に比べて妙に横幅が広いので、何となくホーンビー辺りの製品を思わせます。



ループ型連結器その3:1番やGゲージなど用

Feb 26, 2005.

Gゲージの車輛に使用されているループ型連結器。G gauge roop style coupler, manufactured by Hartland Locomotive Works.
写真を見ると「なんだ、これは」と唸ってしまいそうですが、ループ・フック型連結器のループだけ、フックの無い連結器です。この連結器だけでは本来の機能の半分程度の役にしか立ちませんが、連結相手がフックを持っていればこれでも用が済もうと言うものです。当然ですが、相手の車輛もこれと全く同じ構造の連結器を持っていたのでは連結できませんから、機関車の場合は単行運転専用?となります。

この写真の車輛はハートランド・ロコモティヴ・ワークス製のマックのガソリン機関車ですが、私の手元にある車輛では同じくハートランド・ロコモティヴ・ワークス製のミニシリーズのカブースが同じくループだけ連結器でした。意外な処ではレーマン(LGB)製のストックカー、同じくレーマン製の亀の子機関車も片側は普通のループ・フック型ですが、反対側はループだけ型でした。基本的にはこの種のフックを省略すると言う手法はコスト低減以外の何物でもないので、できれば止めて貰いたい処です。



フック型連結器

May 7, 2001.

フライシュマン製客車のフック型連結器。HO gauge hook style coupler, manufactured by Fleischmann.
発想としてはループ枠だけの連結器と似たようなものです。HOゲージなど用のループの方が動く方式のループ型連結器の中味の芯?のみで、ループが無い連結器です。可動部分は全く無く、フック型同士では連結できず、常にループ型としか連結できません。こんな奇妙な代物が何故使われるのか少々疑問ですが、恐らくはコスト削減と実物のバッファ付き連結器の形状に少しでも似せようとしたからではないかと思います。

メルクリンに限らず、蒸気機関車の前位だけをフック型にしてテンダー側をループ型にしているメーカーは多いです。好意的に考えれば、この辺はドイツ的な几帳面さの現れから、徹底した経費削減を狙っている、と言うことでしょうか。連結方向が一義的に決まると言う利点も無いわけではないですが、当然乍らこの種の「フックだけ連結器」装備の車輛や、Gゲージの「ループだけ連結器」装備の車輛同士を重連させる事は原則として不可能です。殊更異を唱えるわけでもありませんが、出来ればこの種の横着な連結器を使うのは止めて貰いたい処です。



解放ランプとは

Jan 3, 2009.

ここまでの文章で既に散々出てきた「解放ランプ(=アンカプラー:uncoupler)」とは連結してある連結器同士を遠隔操作で切り離すための仕掛けのことです。連結器の種類により、連結器自体の部材の構造や位置関係などが千差万別であるので、原則として異なる種類の連結器の解放ランプ共用することはできません。但し、当然乍ら幾許かの例外はあります。



フライシュマン製ベーカー型用解放ランプ。HO gauge uncoupler for baker coupler, manufactured by Fleischmann.
フライシュマンのベーカー型連結器用の解放ランプで、リモコンで解放動作ができるようになっています(手動でも動作できます).レール間の長方形の物体がせり上がってくると連結器のフックが持ち上がって相手の枠から外れて解放する、と言う仕掛けです。中央に筋彫りのような加工が施してあるのは、連結器下部に垂れ下がっているフックを線路中央に誘導するためのモノだと思います。



ケーディー連結器用解放ランプ。G gauge magnetic uncoupler, manufactured by Kadee-LGB.
Gゲージのケーディー連結器用の解放ランプです。いわゆる「ゴム磁石」をLGB製の線路に接着剤で貼り付けただけのものなんですが、位置づけとしてはあくまでもケーディー製品で、LGBの製品リストには入っていないようです。ゴム磁石の部分はケーディーの「永久磁石仕様の解放ランプ」として販売されている他ゲージのものと相似形です。



アトラス製X2F型用解放ランプ。HO gauge X2F type uncoupler, manufactured by Atlas.
アトラス製の解放ランプで、リレーラーと一緒に作ってあるNMRAのX2F型連結器用です。この方式の連結器は垂下している解放ピンが中央にせり寄ってくると解放する構造になっています。通常はこの方式の解放ランプには可動部分は無いのですが、アトラスのこの製品は巧妙な工夫がしてあって、一方から通ると解放するけれども、逆方向から通っても解放しません。中央の白い部分が解放ランプの心臓部ですが、実はちょっとした仕掛けがあるからです。



アトラス製X2F型用解放ランプの拡大写真です。HO gauge X2F type uncoupler, manufactured by Atlas.
白い「仕掛け」の部分の拡大写真。左から通ろうとすると解放ピンが中央によって解放しますが、右から通ろうとすると解放ピンは中央には寄らないようになってます。もっとも、「仕掛け」の部分がこのままでは解放ピンが引っ掛かってしまう可能性がありますから、この白い「仕掛け」部分は無理に通ろうとすると自然に凹むようになっています(通常はバネ仕掛けで本来の高さに戻っています)。



MTH製解放ランプ付き線路。O gauge uncoupler, manufactured by MTH.
3番目はMTH製のティンプレートのナックル可動型連結器用です。中央の円形の部分が電磁石になっていて、通電すると磁化されて連結器の解放ピンを引き下げて連結器を解放します。レール同志の間に中央第3軌条以外のレールがあるのは、リモコン操作で貨車の荷物を降ろすと言ったアニメーション的な動作をさせるためのものであって、解放ランプとしての機能には直接の関係はありません。

冒頭に書いたとおり、原則として種類の異なる連結器の解放ランプは共用できないですが、種類が違っても動作原理は似たようなものなら共用できる可能性はあります。例えば、ベーカー型とループ型連結器は、押し上げる相手がフックかループかの違いはあるものの、フックかループが相手側に引っ掛かっている、と言う点では共通です。引っ掛かること=ロックすることとなり、その源泉?は重力で、要はフックとループを押し上げる程度で済むことなので、共用可能です。但し、専用品に一日の長があるのは、模型に限らずどんな場合でも同じです。代用で済まそうとすると、どうもスカっと一発で解放してくれないことがままあります。