アーチバー台車とは

Apr 1, 2015.


アーチバー台車(Archbar truck)はその名の通り、アーチ状に弓なりになった帯金を加工して作られた台車です。概ね1800年代後半から概ね1920年代中頃以前の貨車に多用されており、小型の客車に使用される事もあります。ベッテンドルフ台車とアーチバー台車さえあれば、アメリカ型の貨車用台車の大部分は間に合ってしまう程に普及しています。

アーチバー台車。Archbar truck, made by Fort Pitt Malleable Iron Company.
アーチバー台車。
Archbar truck, made by Fort Pitt Malleable Iron Company.



構造は上の写真のようにごく簡単で、軸箱の上下に帯金を取り付けてあり、この帯金の間にコイルスプリングを介してボルスターを取り付ける、、、とまぁ、これだけです。但し、単純に軸箱の上下に密着させた帯金の間には狭過ぎてボルスターは恐らく入らないと思うので、この一件を解決する為に上下の帯金をアーチ状に曲げてあるので、これが「アーチバー」と言う名前の所以となる訳です。

同じように帯金を加工して作ってある台車でも鉄道省の気動車用のTR26・TR29とかブリル50Eのように、軸箱の上下動を当初から見込んである台車であればその分だけ帯金の上下間隔は開いているのでアーチ状に曲げないで済ませている場合もあります。

アーチバー台車は鋳造のベッテンドルフ台車と異なり、帯金を加工してボルト・ナットを使って台枠として組み立てたものですから極めてプリミティヴと言うか、ちょっとした鉄工所ならば出来合いのコイルスプリングを買って来れば直ぐにでも作れるような単純明快な構造です。然しながら、実はこの構造が命取りとなります。簡単に言ってしまえば使用中にボルト・ナットが緩んでくるわけでして、このことがベッテンドルフ台車に駆逐される遠因となっているようです。

1920年代には「他社の路線へ乗り入れる車輛への使用は禁止」と言う規則が出来ていたようです。アメリカの鉄道の貨車は国内だけでなく、カナダやメキシコにまで乗り入れて行きますから「乗り入れ禁止」と言う規則は致命的です。反面、他社への乗り入れをしない運用は幾らでもあるでしょうから、自社線内限定運用の対象となる車輛は規制対象外と言うことで、相当遅い時期までアーチバー台車のままで走り回っていた車輛もいたようです。

この一件、ザル法と言ってしまえばそれまでですが、常時車輛の状態が把握できる状況にあるのならば例外的に使用を認めると言うことですから合理的と言えなくもありません。

アーチバー台車とほぼ同じ構造の台車を鋳造で作ったのがアンドリゥス台車です。ベッテンドルフ社が特許を早々に公開していたとかで、猫も杓子もベッテンドルフもどき台車を作るようになっていたからなのか、後継とも言うアンドリゥス台車はアーチバー台車程に普及するには至らなかったようです。多分にベッテンドルフ台車に外観が似ているので、見方によってはアンドリゥス台車はベッテンドルフの変形型にしか見えないと言うのが悲しい処です。



アーチバー台車の各部の名称の説明写真です。Arch bar truck.
上の写真の台車のように2本の帯金(バー)が山形(アーチ)形状を描いているのがこの台車の特徴ではありますが、種類によっては上側の帯金だけが山形に盛り上がっていて下側の帯金は一直線のもの、上も下も一直線のものなどもあります。流石に上側が一直線で下側だけが膨らんでいると言うものは少ないようです。

気動車用のTR26・TR29などの台車もアーチバー台車の一種と言えますが、本来のアーチバー台車は軸箱部分は可動ではないのに対し、これらの気動車用の台車は軸箱可動でコイルバネが仕込んであります。

処で、アメリカ型の貨車に於いて、概ね1920年代は「木製車体から鋼製車体へ」「アーチバー台車からベッテンドルフ台車へ」と言う二つの大きな流れがある過渡期なのですが、この時期にいきなり「鋼製車体+ベッテンドルフ台車」と言う組み合わせが登場したばかりではありません。過渡期的には木製車体+鋼製妻板+アーチバー台車、なんて車輛も出現します。勿論、後の車体更新の際に妻板のみ鋼製化(=ドレッドノートエンド化)されてアーチバー台車を履いたままの車輛も幾らもあります。



王子製紙苫小牧軽便線のアーチバー台車

Jan 3, 2009.

支笏湖判から苫小牧、鵡川、日高門別を経由して厚賀までを結んでいた王子製紙苫小牧軽便線の貴賓車が履いているアーチバー台車です。厚賀と言う場所は現在のJR日高本線で約66km 厚賀からその先の静内までは約17km程度の場所です。決して大型では無い客車が履いている台車で、この手のナローゲージの客車としてはごく妥当な選択でしょうか。

王子製紙苫小牧軽便線の客車が履いているアーチバー台車。2007年(平成19年)6月、王子アカシア公園(北海道苫小牧市)にて撮影。
王子製紙苫小牧軽便線の客車が履いているアーチバー台車。2007年(平成19年)6月、王子アカシア公園(北海道苫小牧市)にて撮影



日本硫黄沼尻鉄道ボサハ12のアーチバー台車

Jan 1, 2016.

日本硫黄沼尻鉄道のボサハ12・ボサハ13が履いているアーチバー台車です。枕バネがかなりヘタって来ていますが、、、枯淡の境地と言った処でしょうか。元々は栗原鉄道が762mmゲージ時代に使用していたサハ1400型と言う車輛で「恐らく台車交換していないのだろう」と言う前提ですが、この前提が正しければ丸山車輛で1928年(昭和3年)に製造したモノです。固定軸距離は1016mm(=40インチ)、車輪直径は521mm(=20フィート6インチ)です。

日本硫黄沼尻鉄道ボサハ12が履いているアーチバー台車。2006年(平成18年)8月、猪苗代緑の村(いなわしろみどりのむら)にて撮影。
日本硫黄沼尻鉄道ボサハ12が履いているアーチバー台車。2006年(平成18年)8月、猪苗代緑の村(いなわしろみどりのむら)にて撮影。



日光ウェスタン村鉄道?のアーチバー台車

白状しますが、現状では「実物のアーチバー台車」と称して写真をアップしている中では唯一のアメリカ製です。3ftゲージ(914mmゲージ)の客車に使用されている例です。日光ウェスタン村の園内遊覧鉄道で使用するためにアメリカのテーマパークだったかから輸入されたオープン・オブザヴェイションです。当然乍らナローゲージ用と言うことですが、言い方を換えれば、標準軌間の客車でアーチバー台車を履いている例はあってもごく僅かだと思います。

日光ウェスタン村の客車が履くアーチバー台車。Archbar truck for 3ft gauge coach.
日光ウェスタン村の客車が履くアーチバー台車。
Archbar truck for 3ft gauge coach.



西大寺鉄道ハボ13・ワボ3が履くアーチバー台車

Jan 1, 2016.

西大寺鉄道ハボ13と言う木造客車が履くアーチバー台車です。岡山市に在る池田動物園で野晒展示されている車輛が履いているモノですが、枕バネのコイルスプリングがつぶれ切ってしまったような印象があります。これも3フィートゲージ(=914mmゲージ)の台車です。

西大寺鉄道ハボ13が履くアーチバー台車。Archbar truck for 3ft gauge coach.
西大寺鉄道ハボ13が履くアーチバー台車。
Archbar truck for 3ft gauge coach.



上の写真の車輛と型番が似てしまっていますが、同じく西大寺鉄道のワボ3と言う貨車が履くアーチバー台車です、、、もしかしたら、全く同じ形式の台車なのかも?。

西大寺鉄道ワボ3が履くアーチバー台車。Archbar truck for 3ft gauge coach.
西大寺鉄道ワボ3が履くアーチバー台車。
Archbar truck for 3ft gauge coach.



加悦鉄道ハ10のアーチバー台車

May 22, 2010.

有名な「天橋立(あまのはしだて)」にほど近い、省線宮津線の丹後山田駅から、丹後縮緬の産地として有名な加悦までを結んでいた加悦鉄道のハ10と言う客車が履いているアーチバー台車です。1067mmゲージの13m級客車なので762mmゲージ用のアーチバー台車とかと比べればかなり立派な部類に入ります。この車輛は、日本国内でアチバー台車を履いている車輛としてはかなり大柄な方でしょう。

加悦鉄道ハ10が履いているアーチバー台車。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
加悦鉄道ハ10が履いているアーチバー台車。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。



TR16:大井川鐡道チキ300

日本製の台車でもアーチバー台車を模したものが数多くあり、国鉄制式台車の中では、有名な処でTR20もほぼアーチバー台車そのものと言えますが、枕バネが板バネです。もっとアーチバー台車っぽいモノは無いかと言うとTR15と、TR15を長軸化したTR16なんて辺りでしょうか。こちらの枕バネはコイルバネを使っていますから、見掛けはアーチバー台車そのものです。

大井川鐡道チキ300型が履くTR16型アーチバー台車 Japanese made archbar truck, TR16, for CHIKI-300 flat car of Ooigawa Railway.
大井川鐡道チキ300型が履くTR16型アーチバー台車
Japanese made archbar truck, TR16.
これは大井川鐡道のチキ303と言うフラットカーが履いているTR16台車です。端梁部分の両側にバッファー固定用の穴が残っていることからも判る通り、1921年(大正10年)製の古い車輛で鉄道省から払い下げを受けたものです。公称固定軸距離は1650mmとなっていますが、換算すれば64-15/16インチで妙な端数が出ます。1651mmであれば65インチ丁度で端数が出ませんから、図面を書き写す際にメートル法に換算して端数の出ない長さに変更したのではないかと思います。



TR20?:秩父鉄道ヨ10(ヲキ1)

ベッテンドルフ台車にはカブース用などでいたばねを枕バネに使っている車輛がありますが、アーチバー台車は原則としてコイルバネ一本槍です。でもって板バネのアーチバー台車の写真を持ちだす辺り私も性格が宜しくないですが。秩父鉄道のヨ10と言う車掌車が履いているアーチバー台車で型番は恐らくTR20でしょうが、私にはTR17にも思えます。

秩父鉄道ヨ10型が履くアーチバー台車(TR20) Leaf spring arch bar truck, TR20.
秩父鉄道ヨ10型が履くアーチバー台車(TR20)
Leaf spring arch bar truck, TR20.

この台車を履いているヨ10と言う車輛は、大正14年(1925年)に製造されたヲキ1型と言うオアカーを改造して製造された車輛です。