SS115台車(住友金属工業)

Feb 1, 2018.

住友金属工業SS115台車は東武鉄道100系(特急スペーシア用の車輛)が履くボルスタレス台車で、東武鉄道としての型番はTRS-90Mです。この種の台車は軸距離が2100mm程度のモノが多いですが、多少は乗り心地の改善を図ったからなのか、山岳区間を走る特急電車用に比較的出力の大きい150kWモーターを1台車に2基装備しているので取り付け場所を確保するためなのか、軸距離は2300mmとなっています。

普通の住友金属工業製の台車であればSS115に対してSS015と言うような付随台車が設定されていますが、この台車を履いている東武鉄道100系は全電動車の編成なので、対応する付随台車の設定はありません。

ブレーキは、、、電動車用台車なので当然ですが、内側ディスクとかでは無くて踏面を抑えるごくありふれた方式で、両締めでは無くて片締めです。

東武鉄道100系が履くSS115台車。2018年(平成30年)1月撮影。
上の写真は東武鉄道100系が履くSS115台車。東武型番はTRS-90M。2018年(平成30年)1月撮影。左側が車端部です。この写真の台車を履いている車輛はモハ106-4ですが、この車輛だけでは無く東武鉄道100系は全ての車輛がこの台車を履いています。



東武鉄道100系が履くSS115台車。2018年(平成30年)1月撮影。
「1」の直上部分には製造銘板と言うのか、住友金属の社名を記した銘板のようなモノが貼り付けてあります。「2」の直上部分には台車の型番を記した銘板のようなモノが貼り付けてあります。

台車の履かせ方は、必ず「1」の社名を記した銘板のようなモノが車体の外側(妻板寄り)に来るようにします。車輛全体としてみれば、台車が線対称?になるような向きに履かせると言う事です。1輛の中では、台車同士が反対側を向き合っていると言う事です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁